2014/2/28

大阪の学校現場/過重労働で職場が崩壊  ]Vこども危機
  《教育労働者全国通信 第52号から》
 ◆ 大阪の学校現場/進む非正規職化/欠員補充もなし
大阪教組 A

 ◆ はじめに
 安倍政権の「国家戦略特区」の一つである「公設民営学校化」橋下徹・大阪市長は大阪で推進しようとしています。これは、教育労働者の解雇・非公務員化・非正規職化攻撃です。さらに労働者の団結・労働組合の破壊、教育破壊に拍車をかけるものです。これらの攻撃と闘うことは、「命と生活」を守る労働者の当然の権利であり、労働組合が団結して立ち向かう課題です。

 ◆ 非正規職率43・5%
 2013年度における私の職場の非正規職率は、実に43・5%に上ります。
 私が所属する1年生の構成は、正規職7人(教務主任、日本語学級担任、5月半ばまで休みの先生、新任4年目、新規採用2人、学年代表)、学力向上支援非常勤嘱託(週4日勤務)、再任用(週4日勤務)、常勤講師3人(そのうち1人は講師経験なし)、非常勤講師(週14時間)、計13人です。
 担任のできる条件にある先生は、結局5人だけで、新任4年目の先生、新規採用2人、常勤講師2人が担当することになり、不安の中でスタートしました。

続きを読む

2014/2/28

大阪府労働委 橋下市長に謝罪命令  ]平和
 ■ 橋下氏指示の事務所退去は労組介入…府労委認定 (読売新聞)

 大阪府労働委員会は20日、大阪市が橋下徹市長の指示で市役所庁舎内に入居していた職員労働組合の事務所退去を求めたことや、給与から職員労働組合費の天引きを認める「チェックオフ制度」を廃止したことについて、それぞれ労働組合に対する支配介入に当たる不当労働行為と認定した。
 府労委は市に対し、不当労働行為を繰り返さないとの誓約文書を労組側に手渡すことを命令。一方、事務所使用については「組合側から使用申請があった時点で、庁舎の状況を考慮して判断されるもの」として、今後の対応を市に委ねた。
 救済を申し立てていたのは、市労働組合連合会(市労連)や市従業員労働組合(市従)、市役所労働組合(市労組)など8団体。
『読売新聞』(2014年2月21日)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20140220-OYT1T00998.htm

続きを読む

2014/2/28

安倍総理、下村文科相に規範意識を問う  ]平和
 ・・・NHKはきちんと受信料支払い訴訟を起こすべきではないか。

 ◆ NHK受信料:長谷川委員、05年に支払い拒否 (毎日新聞)

 NHKの経営を監督する経営委員の長谷川三千子・埼玉大名誉教授(67)が委員就任前の2005年に、受信料支払いを拒否する意向の手紙を月刊誌のコラム執筆者に寄せていたことが、26日分かった。誌面では、放送内容への不満から支払いを実際に拒否した経過が、手紙の文面を直接引用する形で紹介された。
 放送法は64条で、NHK放送を見ることができる受信設備を設置した者に受信契約の締結を義務づけている。契約者はNHKとの受信規約で支払い義務が生じるが、罰則規定はない。NHKは法的手続きによる支払い督促を実施している。

続きを読む

2014/2/27

処分撤回を求めて(300)  X日の丸・君が代関連ニュース
東京・全国の仲間の皆さんへ。
(転送・転載・拡散歓迎。重複はご容赦を。一部報道関係者にも送信)
被処分者の会・東京「君が代」裁判原告団の近藤です。

 ◆ 安倍教育政策 NO! 3・21全国集会の賛同・参加を!

 ◆ 教育を国家支配の道具に 安部政権の暴走を許さない!
 連日のように安部政権の教育政策の動向が報じられています。
 その主な内容は、
  @教育委員会制度の改編=首長の教育行政への介入強化の仕組み作り(教育委員長と教育長を一本化し首長が任命)、
  A教科書検定基準の改定=領土問題を突破口に権力に都合の良い「国定教科書」作り、
  B道徳の教科化=文科省が「心のノート」に代わり「私たちの道徳」を教材に、などです。
 そして安部政権は、教育委員会制度改編のための「地方教育行政法改正案」を通常国会に提出する準備をすすめています。

続きを読む

2014/2/27

「日の丸・君が代」問題等全国ネットの形成へ<その3>(9)  X日の丸・君が代関連ニュース
 <転送歓迎>(重複ご容赦)・「都教委包囲首都圏ネットワーク」・「新芽ML」の渡部です。
 ▲ 卒業式シーズンが近づいてきました。
 大阪からは、「府立校卒業式での生徒・保護者向けビラ配布を、2/26(水)〜3/7(金)に行います。」(どこも10時開始と考えられますので、8時半〜10時になると思います。)という知らせが入ってきました。
 東京でも、3月1日から都立高校での卒業式が始まります。
 東京では例年いくつかの団体が卒業式ビラまきをやっています。
 都教委包囲首都圏ネットワークも例年同様今年もビラまきをやります。
 (昨年は約60校、約1万5000枚を撒きました。)
 ところで、都立高校の卒業式日程は、年々かなり重なってきました。
 生徒や保護者に真実が知られるのが恐いのでそうしているのかもしれません。
 今年の日程と高校数は以下の通りです。

続きを読む

2014/2/27

国連拷問等禁止条約政府報告書審査をどう活かすか  Z国際人権
  =日本弁護士連合会主催 国際人権セミナー=
 ★ 「国際水準からみた日本の人権
   −国連拷問等禁止条約政府報告書審査をどう活かすか−」


 2013年5月17〜22日にジュネーブの国連本部で国連拷問等禁止条約に基づく第2回日本政府報告書審査が行われました。その結果示された日本政府に対する総括所見は、難民問題、刑事司法、死刑・刑事拘禁制度、日本軍「慰安婦」問題・人身取引問題、精神医療等の諸問題に関して、国際人権基準に照らして厳しい批判を内容とするものでした。
 この度、国連拷問禁止委員会委員であるドマ(Domah、Satyabhooshun Gupt)氏を招聘し、今回の総括所見を受けて、日本政府が求められている改革の内容についてお話いただき、私たちの活動の方向性についても討議する場としたいと思います。
 本セミナーの最後には、質疑応答の時間も設けています。是非、御参加ください。

続きを読む

2014/2/26

解雇させない会3・15卒業式直前集会  X日の丸・君が代関連ニュース
  <卒業式直前集会>
 ☆ 「君が代」不起立は何のため?
   ―愛国に走る若者たちと「君が代」不起立―


 対談 田中聡史(不起立教員)×安田浩一(ジャーナリスト)
 ◎短編映像 「新大久保嫌韓デモ・田中さんのたたかい」など上映(12分)


 とき:3月15日(土)18.00開会〜(17.30開場)
 ところ:東京しごとセンター 5Fセミナー室(飯田橋駅東口下車5分)
 資料代:500円


 3月は卒業式シーズン。学校に「日の丸・君が代」が持ち込まれ、東京では11年前から、大阪では2年前から、「君が代」斉唱の際、起立をしない教員が処分をされています。子どもたちにとっては卒業・入学式に「日の丸・君が代」のあることが当たり前になってきています。

続きを読む

2014/2/26

経産省前テント立ち退き裁判第5回口頭弁論を傍聴して  ]Xフクシマ原発震災
たんぽぽ舎です。【TMM:No2094】 転送歓迎

 ▼ テント日誌2月14日(金)裁判傍聴記3

 経産省前テントひろば889日目 商業用原発停止157日目
 原発推進・再稼働の是非を問う国民的な論争の場に
 経産省前テント立ち退き裁判第5回口頭弁論を傍聴して

 2月10日午後2時から東京地裁103号法廷で経産省前テント裁判第5回口頭弁論が開かれた。私の予想を超えて傍聴人が200名を越えた。抽選で私は外れたが、傍聴記を書く約束で当たり券を譲ってもらい傍聴できた。
 東京地裁の大法廷は90人傍聴者で緊張感に満ちていた。
 しかし、裁判は反原発の正当性を問う政治的な内容に踏み込みたくない原告(経産省)と裁判長の姿勢を反映して裁判手続の事務的なやり取りで淡々と進んだ。しかし、被告人の正清太一さん渕上太郎さんの意見陳述は熱のこもったものであった。

続きを読む

2014/2/25

明日25日、都教委糾弾ビラまき  \増田の部屋
 ◆ 「実教出版教科書の選定禁止は『違法』」

皆様
 こんばんは。犯罪都教委&1悪都議(あとの2悪は消滅)と、断固、闘う増田です! これはBCCでお送りしています。重複・超長文!? ご容赦を!
 明日25日(火)8:00から9:00、都庁第二庁舎前で、東京都学校ユニオン恒例の月末ビラまきを行います
 以下の内容をご覧いただければ幸いです。

 *********************
 <都教委、実教出版教科書の選定禁止は「違法」と訴えられる!>

 ☆高嶋伸欣(琉球大学名誉教授)
 「実教出版教科書問題に関し、違法不当な東京都教育委員会を訴える会」共同代表より
 いよいよ、東京都教育委員会と教科書採択問題で法廷で全面対決をすることにして、2月7日に東京地裁に原告67名の連名で訴状を提出しました。

続きを読む
タグ: 増田都子

2014/2/25

「日の丸・君が代」問題等全国ネットの形成へ<その3>(8)  X日の丸・君が代関連ニュース
 <転送歓迎>(重複ご容赦)・「都教委包囲首都圏ネットワーク」・「新芽ML」の渡部です。
 ▲ 日本維新の会は大阪市長選で橋下共同代表の公認を見送りました。
 維新内部からも見限られたようです。橋下氏はさらに孤立しつつあります。今こそ「水に落ちた狗を撃て!」です。
 一方、みんなの党の渡辺代表と日本維新の会の石原共同代表が連携し、安倍政権と一緒に歩み始める方向で一致しました。
 「集団的自衛権」、「金融緩和・法人税引下げ」などで一致するからでしょう。
 これは、安倍政権暴走下での大政翼賛への一歩でもあり、危険な動きです。
 安倍政権の暴走に対し、いろいろなところから反対の声を上げて行きましょう。

 「4・20全国集会」のビラができました。以下に貼り付けます。見にくいのですがお許し下さい。

続きを読む


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ