2014/8/24

人種差別撤廃委員会・日本政府報告書審査(7)  Z国際人権
  《前田朗Blogから》
 ◎ 人種差別撤廃委員会(7)NGO記者会見


 CERDの日本政府審査終了直後、日本関連NGOは、現地記者に記者会見を行った。審査を傍聴した20名以上のNGOメンバーが一堂に会し、その中から、ヘイト・スピーチ、朝鮮学校、アイヌ民族、琉球民族、部落に関して、代表がCERD審査を傍聴しての感想を述べた。外国人人権連絡会、在日本朝鮮人人権協会、民団、北海道アイヌ協会、部落解放同盟など。

 有田芳生(参議院議員)は、CERD委員がヘイト・スピーチは表現の自由ではなく、暴力の問題であることを強く指摘したことを受けて、国会での議論でも必ず表現の自由と言われるが、差別と暴力の問題であることを再確認できたこと、自民党にプロジェクト組織ができると聞いているし、ヘイト・スピーチ議員連盟もできているので、協議しながら立法について検討を進めていきたいと語った。

続きを読む

2014/8/24

人種差別撤廃委員会・日本政府報告書審査(4)  Z国際人権
  《前田朗Blogから》
 ◎ 人種差別撤廃委員会(4)審査1日目・後半


 *下記は現場でのメモと記憶による報告であり、正確さの保証はありません。論文や報道などに引用することはできません。CERDの雰囲気をおおまかに伝えるものとしてご了解ください。残念ながら意味不明の所もあります。

 ************************************
 日本の大使によるプレゼンテーション、そしてケマル委員による冒頭の概説に続いて、CERD委員から日本政府に対する質問がなされた。以下、各委員の質問。

 ●バスケス員――ヘイト・スピーチについて、残念なビデオを見た(*NGOブリーフィングの際に上映した5分のビデオで、在特会によるヘイト・スピーチと暴力の様子をまとめたもののこと)。朝鮮人に対するヘイト・スピーチである。条約に基づいて懸念があり、安倍総理もヘイト・スピーチに適切に対処すると述べていると言う。

続きを読む

2014/8/24

人種差別撤廃委員会・日本政府報告書審査(1)  Z国際人権
  《前田朗Blogから》
 ◎ 人種差別撤廃委員会(1)事前ミーティング


 8月20・21日、ジュネーヴのパレ・ウィルソン(国連人権高等弁務官事務所)で開催されている人種差別撤廃委員会CERDが、日本政府報告書の審査を行う。2001年、2010年に続く3回目の審査である。日本政府報告書の名称は第7・8・9回報告書となっているが、実際の審査はまとめて行われるため、今回が3回目である。2001年にも2010年にも参加したので、私も今回が3回目。

 8月18日午前、CERD主催のNGOとの非公式ミーティングが行われた。今週審査を受けるイラク、カメルーン、日本関連のNGOからの情報提供の場である。非公式と言っても、公式会場と同じ会議室にCERD委員が列席し、公開で開催され、NGOが各国の差別実態や政府による条約履行状況について報告する。

続きを読む

2014/8/24

安倍首相と晋和会を政治資金規正法違反で告発  ]平和
  《澤藤統一郎の憲法日記から》
 ◆ 安倍晋三首相に対する告発状


 本日、安倍晋三首相の資金管理団体である晋和会の会計責任者と安倍晋三首相本人の両名を被告発人として、政治資金規正法違反の告発をした。
 告発事案は、晋和会の政治資金収支報告書の寄付者の「職業」記載に、16か所の「虚偽記載」があること。「虚偽記載」は、故意だけでなく重過失を含むものと定義されている。会計責任者が刑事責任の対象となった場合、原則として資金管理団体の代表者の監督責任も問われることになる。
 監督責任者としての被告発人安倍晋三の刑が確定すれば、公民権停止となる。その場合、公選法99条によって当然に議員としての地位を失う。議員でなくなれば、首相の座も失うことになる。

 本日午前11時、醍醐聰さんと私と神原弁護士とで、東京地検に告発状を提出してきた。今後の成り行きを注目したい。
 告発状の全文を紹介する。

続きを読む


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ