2014/8/30

東京都の2015年度高校教科書採択  Y暴走する都教委
 ◆ 実教「日本史」来年度も都立高ゼロ
   教育内容へ介入懸念
(TOKYO Web)


 東京都教育委員会は二十八日の定例会で、二〇一五年度に都立学校が使用する高校教科書を採択した。国旗掲揚や国歌斉唱をめぐり「強制の動きがある」と記述した実教出版(千代田区)の日本史教科書を選んだ学校は昨年に続きゼロだった。記述を問題視する都教委は今年も「使用は適切でない」と各校に通知していた。検定済み教科書のわずかな記述をやり玉に挙げ、使用に待ったをかける都教委の方針に学校側が従った格好で、教育現場などから批判の声が出ている。

 実教出版の教科書「高校日本史A」「高校日本史B」は、国歌斉唱などに関する注意書きで「一部の自治体で公務員への強制の動きがある」と記述している。これに対し「教員の責務とする都教委の考え方と異なる」として、都教委は昨年六月、一四年度使用の教科書選定でこの二冊の使用を不適切とする見解を議決。今年六月には、一五年度用選定でも同じ見解を維持することを確認した。

続きを読む

2014/8/30

都庁で働く皆さま 都民の皆さま 2014年8月28日号  X日の丸・君が代関連ニュース
  《河原井さん根津さんらの「君が代」解雇をさせない会 都庁前通信》
 ● 都教委は「戦争する国」の教育に突っ走るな!
   防災を隠れ蓑に高校生を自衛隊体験入隊させるな!


 一昨年度から始まった都立高校の宿泊防災訓練で、都教委は「自衛隊との連携」を強化した。昨年7月、田無工業高校は自衛隊朝霞駐屯地で2泊3日の宿泊訓練を実施、生徒34人が参加した。今年は大島高校(大島町)の2年生33人が11月26〜28日に、陸上自衛隊武山駐屯地(神奈川県横須賀市)で2泊3日の宿泊訓練を行うという。
 宿泊防災訓練は、石原都知事(当時)が「今の若者には意欲がない。高校を卒業したら韓国のまねではないが、2年間は兵役、消防、警察に強制的にやったらどうか」(2011年11月16日東京円卓会議)と発言したのを受けて一昨年、猪瀬都知事(当時)が「都立高校改革」として具体化したもの。
 都教委は宿泊防災訓練というが、自衛隊では防災ではなく、「体験入隊」の扱いという。

続きを読む

2014/8/30

全国ネット準備会資料から 大阪の闘い(5)  X日の丸・君が代関連ニュース
 ◆ 障害者差別と天皇制ナショナリズム
   −処分撤回と明日への希望を共に語るため−

黒田伊彦(くろだよしひろ)「日の丸・君が代」強制反対大阪ネット・代表

 T フロア形式から壇上形式への変化
 特別支援学校の卒業式・入学式で君が代斉唱の時、起立が困難な「障害」のある子どもたちに、起立斉唱を強要してきている。東京ではフロア形式をやめ、正面壇上にまでスロープを付けて車いすで登らせて、卒業証書を受け取らす為、13メートルのスロープを60万円かけて作ったと伝えられている。

 U 特別支援学校の君が代斉唱は、国家あっての個人の観念のスリコミの典型を示す
 フロア形式は、こどもたちと保護者、教職員、校長らが同一の高さに並んでいて、対等平等の関係で協働して参加の責務を実践し、子どもの成長に力を寄せ合ってきた姿を具体的に形象化した物である。保護者は子どもと対面し、卒業に際し成長した姿を友人・仲間の晴れやかな顔と共に見ることができる。

続きを読む


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ