2015/2/19

浅草かっぱ橋道具街狭い路地に高層マンション工事強行  ]平和
  《今 言論・表現の自由があぶない! - Yahoo!ブログ》
 ◆ 野村不動産とグローブマネージメントが
   下町の路地に15階建て高層マンション建設工事強行の暴挙!

クリックすると元のサイズで表示します
台東区松が谷3丁目 かっぱ橋道具街、台東区生涯学習センター・中央図書館向かい

 台東区生沼正篤区長代行と都市づくり部部長および伊東孝之住宅課長は、
 ボーリングデータも遺跡の説明も終えていない業者らに対し、直ちに工事を中止させ、
 野村不動産の設計変更の責任ある者の出席の下で
 引き続き説明会を開催するよう厳しく指導せよ!
抗議電話先
台東区住宅課 03−5246-1217
野村不動産株式会社 住宅事業本部 03−3348−7821


続きを読む

2015/2/18

「日の丸・君が代」問題等全国ネットの形成へ<その5>(39)  X日の丸・君が代関連ニュース
 <転送歓迎>(重複ご容赦)・「都教委包囲首都圏ネットワーク」・「新芽ML」の渡部です。
 ==================
  【僕、国歌歌わないもん】(石原慎太郎)
 ==================
  東京五輪に 【国旗も国歌も必要ない】(ビートたけし)
 ======================
  弱い者いじめのデマゴギー政治家・橋下徹を倒そう!
 ==================


 遅くなりましたが、▲ 「2・11総決起集会」(都教委包囲首都圏ネットワーク主催)の報告を包囲ネットの青木さんが書いてくれましたので、以下に貼り付け紹介します。
クリックすると元のサイズで表示します
<レイバーネット日本から>

 少し長いですが、内容豊かで、斎藤貴男さんの講演、東京の教育現場の実態、裁判闘争、道徳教育の問題、他、までよくまとまっていると思います。
 是非お読み下さい。

続きを読む

2015/2/18

2/20「実教出版教科書問題」都教委要請  \増田の部屋
皆様
 こんばんは。増田です。
 2月20日 (金)15:15〜、都庁第二庁舎10F207会議室において、以下のような要請を行います。誰でも参加できますので、ご都合のつく方は、ご参加ください!
 それにしても、この都教委のお役人たちの日本語読解能力の凄まじさ(笑)・・・笑ってはいられないのですけど・・・こんな人たちが、東京都の教育行政を牛耳っている・・・

2015年 2月20日
 東京都教育委員会
   木村 孟  委員長殿
   比留間英人 教育長殿
2014 けんり総行動実行委員会
代表・東京全労協議長     纐纈 朗
東京都学校ユニオン委員長      増田都子
◎ 要 請 書

 当団体が2013年10月3日に提出した要請書に対する、貴教委の同年11月13日付回答について、貴教委のあまりの日本語読解力の欠如に対し、下記要請をするので、正対した回答を求める

続きを読む
タグ: 増田都子

2015/2/17

2.14卒業式直前五者総決起集会、弁護士挨拶  X日の丸・君が代関連ニュース
  《澤藤統一郎の憲法日記から》
 ◆ 「日の丸・君が代」強制と闘う意義ー卒業式直前原告5団体決起集会で
クリックすると元のサイズで表示します
「決起集会」 《撮影:gamou》

 弁護団の澤藤です。お集まりの皆さまに、弁護団を代表して冒頭のご挨拶を申しあげます。
 石原慎太郎第2期都政下で、「10・23通達」が発出されたのが2003年。希望の春が憂鬱な春に変わった最初の卒業式が2004年春でした。それから年を重ねて今年は12回目の重苦しい春を迎えることになります。この間、闘い続けて来られた皆さまに心からの敬意を表明いたします。

 この間、法廷の闘いでは予防訴訟があり、再発防止研修執行停止申立があり、人事委員会審理を経て4次にわたる取消訴訟があり、再雇用拒否を違法とする一連の訴訟がありました。難波判決や大橋判決があり、いくつかの最高裁判決が積み重ねられて、今日に至っています。

続きを読む

2015/2/17

米国の電力自由化地域でで相次ぐ原発廃炉  ]Xフクシマ原発震災
 ▼ <原発廃炉>米国で相次ぐ 安いシェールの火力拡大 (毎日新聞) - Yahoo!ニュース
クリックすると元のサイズで表示します

 【ワシントン清水憲司】世界で最も多く原発を保有する米国で、原発の廃炉が続いている。電力自由化に伴う価格競争が激しくなる中、シェール革命で火力発電のコストが安くなり、原発の優位性が低下。風力発電にも押されているためだ。
 電力規制が残って比較的安定した料金収入を得られる地域では新設の動きもあるが、米国の電力需要の約2割をまかなう原発の存在感は低下するとの見方が根強い。

 昨年末、北東部バーモント州のバーモント・ヤンキー原発が運転を終了した。米国では、2013年春、約15年ぶりにキウォーニー原発(ウィスコンシン州)が廃炉になって以来、4発電所5基が運転を終了、100基超あった米国内の原発は99基に減った。19年にもさらに1基が停止する。

続きを読む

2015/2/16

根津公子の都教委傍聴記(2/12)  Y暴走する都教委
 ◆ 刷り込み教育・エリート主義教育に突っ走る都教委

 議案は、来年度から教育委員会が現行の委員長職を廃止し新「教育長」に一本化することに伴う、既存の規則改正の7案件と都指定文化財の指定について他。懲戒処分案件が今回は7件

 1月の懲戒処分は、都教委HPを見ると6件。目を覆いたくなるような処分行為が並ぶ。窃盗が2件のほか、セクハラや体罰による処分だ。体罰により児童に全治8週間の骨折をさせて減給6ヶ月、生徒の保護者とホテルで性的な関係をもって停職6ヶ月。この処分量定と、私が『君が代』不起立をして停職6ヶ月とされ、司法がそれを追認してきたこととの整合性はどこにあるのだろうか。

 報告は、@人間としての在り方生き方に関する新教科「人間と社会(仮称)」について A平成26年度東京都統一体力テストの結果について B平成27年度教育庁主要施策について。以下に、@〜Bの報告を紹介したい。

続きを読む

2015/2/16

田畑裁判の最高裁要請文  Y暴走する都教委
 皆様。1995年度の都教委から再雇用拒否を受け、以来闘っている元教員の田畑和子です。10?29高裁不当判決により現在上告中です。13日に最高裁へ要請を行いましたので要請書を貼り付けました。読んでくだされば嬉しいです。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2015年2月13日
 平成27年(オ)第201号 平成27年(受)第261号
 最高裁判所第一小法廷 御中
上告人 田畑 和子
◎ 要 請 書

 貴裁判所におかれましては、日々、人権を守り正義を実現するため、尽力されていることと拝察申しあげます。この度、私の提起しました事件を上告致しました。つきましては、下記の要請を行いますので、お聞き届けくださいますようお願い致します。

続きを読む

2015/2/16

福島の子ども1人がん確定、福島県2巡目甲状腺検査。「疑い」7人。  ]Xフクシマ原発震災
 ▼ 一巡目を合わせ117人に異常。通常の約100倍の発症率。
   福島県は「異常なし」繰り返す”異常さ”
| Finance GreenWatch


 福島県の県民健康調査検討委員会は12日、東京電力福島第1原発事故発生時、18歳以下の子どもを対象とした2巡目の甲状腺検査の結果、1人ががんの確定診断を受けたと発表した。2巡目の検査は2014年4月から実施し、がんの確定診断は今回が初めて。また「がんの疑い」と診断された人は、昨年12月の前回公表時から3人増え、計7人となった。

 福島県県民健康調査は1巡目で約30万人が受診した。その結果、86人ががんであるとの診断が確定、23人は「がんの疑い」とされた。
 2巡目は事故後に生まれた子どもを含む約38万5000人が対象。このうち約10万6000人が受け、昨年末時点で約7万5000人の1次検査結果が判明。2次検査に進んだのはそのうち、B判定となった611人。

続きを読む

2015/2/15

2.9再雇用拒否2次裁判結審 原告陳述(2)  X日の丸・君が代関連ニュース
 ◎ 現場の教員に力を与える判決を
原告 B

 被告都教委は職務命令違反が重大な非違行為であり、この1点で私達の採用を拒否したと主張しています。私は、「教育」というのは多様な立場や価値観が寛容されなければならないこと、そして被告の主張が誤りであることを、教育者としての経験から述べさせていただきます。

 1 教員と校長・都教委の「教育」についての考え方の違い(Y君事件を通じて)
 教育現場の観点から見ると、都教委及び校長による判断が間違っていることはよくあることです。私がそれを痛感したのは、Y君をめぐる出来事でした。
 (1)Y君事件について
 私が都立X高校に赴任し、1年生のクラス担任をしていた2000年3月のことです。男子生徒の中でも一番身体の大きいY君が突然に無断欠席を続けました。それまで休んだこともなかったので家に電話をしたのですが、なかなか連絡が取れません。

続きを読む

2015/2/15

曽野綾子と安倍政権の移民政策   ]平和
 ◆ 曽野綾子がアパルトヘイト発言で大炎上!
   でも安倍政権の移民政策も本質は同じ
|LITERA


 曽野綾子が大炎上している。いや、炎上するのも当然だろう。以前から数多の差別発言で知られる曽野センセイだが、今度は産経新聞でなんと、アパルトヘイト導入を主張したのだ。

 問題のコラムは2月11日朝刊の「労働力不足と移民」と題された回。曽野センセイはまず、日本では若い世代の人口比率が減っているとして、高齢者の介護のための労働移民の条件を緩和すべきだと主張する。そして、その理由をこう述べている。
 〈高齢者の面倒を見るのに、ある程度の日本語ができなければならないとか、衛生上の知識がなければならないとかいうことは全くないのだ。〉
 〈優しければそれでいいのだ。〉

続きを読む


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ