2015/2/10

東京「君が代」3次訴訟、双方控訴で高裁へ  X日の丸・君が代関連ニュース
  《東京「君が代」裁判 原告団ニュース 14号から》
 ◆ 都教委は違法!31件の処分に取消命令
   ‐2015年1月16日、東京「君が代」裁判・三次訴訟東京地裁判決‐


 ○ 判決言い渡し法廷にて
 「これより判決主文を言い渡します…」。この佐々木裁判長の言葉に、1月16日の東京地裁103号法廷に詰め掛けた100名余りの人々は、固唾を呑んで聞き耳を立てました。
 「主文。1(いち)東京都教育委員会が…」。
 裁判長の口から、「が」という言葉が出た瞬間、ほとんどの人が「…出した処分を取消す。」という述語を連想して、勝利を確信しました。
 しかし、裁判長は「が」に続いて、「別紙2『懲戒処分一覧表』の『処分日』欄記載の各日付で、原告○○、同△△…」と合計26名の原告名を読み上げたのちに「…の各懲戒処分をいずれも取消す。」と言い、続いて「…その余の原告らの請求を棄却する。」と裁判長が言うに及んで、

続きを読む

2015/2/10

条件付き採用教員「免職取消裁判」一審勝訴  Y暴走する都教委
  《都教委包囲首都圏ネット2.8総決起集会資料から》
 ◎ 東京地裁、教員の免職処分「取り消し」の判決


 2014年12月8日、東京地方裁判所。判決主文で「東京都公立学校教員を免ずる処分を取り消す」と言い渡された。法廷内に沸き起こる歓声と拍手。
 原告が東京都教育委員会(以下、都教委)を相手取って提訴した『学校長による不当な評価に基づきなされた免職処分の取り消しなどを求めた訴訟』の判決に対してである。
クリックすると元のサイズで表示します

 原告は2011年4月に教諭として採用され、都立学校に配属された。しかし、赴任当初より、当時の学校長は原告に対し異常なほど執拗にパワーハラスメントを行った。必修である初任者研修においても意図的に指導教員を外し、後任を置かずに研修を事実上ほとんど受けさせなかったにもかかわらず、その未修了を理由として不当な低評価をつけた。

続きを読む


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ