2015/2/21

「武藤徹さん『きらめく知性・精神の自由』出版記念シンポジウム」報告  ]Vこども危機
 ◆ 浜矩子の「輝かしく朽ち果てることがない知恵を求めて」 (多面体F)
クリックすると元のサイズで表示します

 2月7日(土)早稲田奉仕園スコットホールで「武藤徹さん『きらめく知性・精神の自由』出版記念シンポジウム」が開催された。武藤徹さんは1925年生まれ、1947年東京帝大数学科を卒業し旧制・都立第四中学(現・戸山高校)に赴任した。東条英機が幼年学校入学前に2年間戸山に在籍したので、武藤さんが赴任したころは「二度と東条を出してはならない」が教員の合言葉になっていた。そして86年まで39年間戸山で数学を教えた
 そのかたわら「父母と教師の教育懇談会」、35年も続く戸山の教育について話し合う会「戸山の教育を語る会」、近隣の労働組合30とともに結成した大久保共闘会議にも熱心に参画された。

続きを読む

2015/2/21

大阪高教組 速報  913 2015.2.20  ]Vこども危機
 =第三者委員からの調査報告=
 ◆ 中原教育長の言動をパワハラと認定


 ○ 立川委員への言動について:
      「パワーハラスメントと認定されても不合理とは言えない」
 ○ 事務局職員への言動について:
      「パワーハラスメントとして違法と評価すべきものがあった」
 ○ 陰山教育委員長:
      「『処分』は教育委員会の権限のおよぶものでなく、知事、議会の判断を待ちたい」
 ○ 教育長は、続投の意向を示す

 ◇ 午後1時、大阪府教育委員会議が再開された。「第三者委員からの調査報告」についての論議となるため、冒頭、当事者である中原教育長と立川委員が退席。会議は非公開となった。

続きを読む

2015/2/21

痛烈かつ的確な言葉で安倍晋三首相の外交姿勢を批判  ]平和
 ◆ 官邸の圧力!?『報道ステーション』で安倍批判をした
   古賀茂明が番組を降ろされた!
|LITERA


 古賀茂明氏といえば、元経産官僚ながら歯に衣着せぬ批判で知られる評論家。とくに昨年9月に『国家の暴走 安倍政権の世論操作術』(角川oneテーマ21)を上梓してからは「安倍政権による“軍事立国”化を食い止めよ!」と“反安倍”の姿勢を鮮明にしていた。
 その古賀氏が、定期的に出演していた『報道ステーション』(テレビ朝日系)のコメンテーターを3月一杯で“更迭”されることになった。
 かねて安倍官邸から敵視されていたため、いつかこんな日が来るのではないかと心配されていたが、直接のきっかけと見られているのが先月1月23日の放送だ。「イスラム国」による人質事件の最中でほとんどのメディアが政権批判を控えているなか、敢然と、しかも痛烈かつ的確な言葉で安倍晋三首相の外交姿勢を批判したのだ。

続きを読む


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ