2015/3/10

「日の丸・君が代」問題等全国ネットの形成へ<その5>(48)  X日の丸・君が代関連ニュース
 <転送歓迎>(重複ご容赦)・「都教委包囲首都圏ネットワーク」・「新芽ML」の渡部です。
 ==================
  【僕、国歌歌わないもん】(石原慎太郎)
 ==================
  東京五輪に 【国旗も国歌も必要ない】(ビートたけし)
 ======================
  弱い者いじめのデマゴギー政治家・橋下徹を倒そう!
 ==================

 ▲ 都立高校の卒業式へのビラまき続報です。

 特に(3月7日)の<永山高校><狛江高校>に見られる状況は深刻です。
 報告者(東京の永井さん)は、
 「学校は、治安の場に変質しようとしています。」
 「学校はドンドン思想統制の場に変わろうとしているのです。・・・・今は、茶髪などありません。整然とした姿が日常的になってきています。これがよいのかどうか疑問です。茶髪と言論・思想統制は決して無縁ではないように思えてなりません。」
 と述べています。

続きを読む

2015/3/10

練馬市民が区教育委員会に「日の丸・君が代」に関する要請書  X日の丸・君が代関連ニュース
練馬区教育委員会 委員長 内藤幸子 殿
             教育長 河ロ 浩 殿
2015年2月10日
練馬教育問題交流会
◎ 要 請 書

 日頃、教育現場の環境整備のために、ご尽力いただき感謝申しあげます。
 さて、今年も卒業式・入学式のシーズンがやってまいりました。卒業式・入学式は、本来、子どもたちが主役で、友だちや教職員との出会いの喜び、別れの悲しみを分かち合う場であるはずです。
 ところが、昨今の卒業式・入学式は、儀式性や厳粛さばかりが追求され、子どもたちは隅に追いやられ、あたかも「日の丸・君が代」が主役のような式が罷り通っております。殊に、東京都下においては、2003年10.23通達以降そのことが顕著で、教員の懲戒処分とそれに直結する職務命令、全小中高校に対する実施調査の三点セットによって、子どもたちや教職員の人権が著しく侵害されております。

続きを読む

2015/3/10

米アカデミー賞で注目を集める受賞者のスピーチ  ]平和
 ◆ 米アカデミー賞 受賞スピーチにくぎ付け
   タブーなし 社会的メッセージ訴え


 米国のアカデミー賞授賞式で注目を集めるのは、賞の行方だけではない。受賞者がどんなスピーチをするかもファンの関心の的だ。二十二日にハリウヅドで開かれた第八十七回授賞式では、自殺未遂体験や男女の賃金格差、移民間題をめぐる発言が飛び出した。政治・社会的発言がタブー視されがちな日本の芸能界とは大違いだ。(鈴木伸幸)

 ◆ 若者へ 女性へ 移民へ 黒人へ
 「最も印象的だった」と伝えた米メディアもあったのは脚色賞を受賞したグレアム・ムーアさんのスピーチだ。ナチス・ドイツの暗号を解読する男が主人公の「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」を脚色したムーアさんは意外な打ち明け話をした。
 「私は十六歳の時に自殺未遂をした。自分が変わっていて、世の中に居場所がないと思い悩んだから。だけど、私は今、ここに立っている

続きを読む


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ