2015/3/14

「日の丸・君が代」問題等全国ネットの形成へ<その5>(52)  X日の丸・君が代関連ニュース
 <転送歓迎>(重複ご容赦)・「都教委包囲首都圏ネットワーク」・「新芽ML」の渡部です。
 ==================
  【僕、国歌歌わないもん】(石原慎太郎)
 ==================
  東京五輪に 【国旗も国歌も必要ない】(ビートたけし)
 ======================
  弱い者いじめのデマゴギー政治家・橋下徹を倒そう!
 ==================


 ▲ 都立高校の卒業式ビラまきの続報です。
 <武蔵丘高校>に、「警察」や「サポーター」が出てきた話があります。
 以下の報告は包囲ネットのAさんからのものです。

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 3月5日(木)蒲田高校
 式は3月6日に変更

続きを読む

2015/3/14

いちばん闘いたいのはALT(外国語授業のアシスタント)の問題  ]U格差社会
  =現代ユニオニスト列伝(12)<労働情報>=
 ◆ 大きい奴を倒すのが好き 陽気なラガー差別と闘う
   クリス・フリンさん
(福岡ゼネラルユニオン副委員長)


 クリス・フリンさんは困難から学ぶ。その姿勢がこの人の転機をきっと後押ししてきた。ひとりの外国人が日本で労働組合運動をするようになった人生は、興味深い。
 出身はオーストラリア、田舎の牧場に生まれた。近くに学校がなかったので12才から寄宿舎のある私立学校で6年間学ぶ。卒業後就職したが、初めての欧州旅行の途中で出合った日本人の話す日本語に触れ、言葉の面白さに開眼、大学で日本語を学んだ。生まれて初めての得意科目になった日本語の勉強のために、1986年、ワーキングホリデーを利用して来日した。ときに25才。

 ◆ 日本語の道は行き止まり
 「日本語を学びに来たんだから、英語の先生以外の仕事を探した。アルバイトニュースを見て、年齢・経験不問に応募したんだけど、東京でも大阪でも、外国人はダメと雇ってくれない。それで福岡に来たわけ」

続きを読む

2015/3/14

自衛隊には「父兄会」がある  ]平和
  =立川自衛隊監視テント村通信から=
 ★ 『朝雲』レポート(12/4〜1/22)


 ★ 自衛隊には父兄会がある。今どき学校では保護者会と言い、父兄なんて死語になりつつあると思うが。隊員家族の任意の団体で、全国自衛隊父兄会は公益社団法人だ。危険な活動に従事する隊員を心配する家族を励ましたりする。父兄会でも女性会員が15パーセント、「母親が子供を思う愛情は時に男性よりも熱く大きい」のでもっと増えてもいい、と言いながら父兄会の名称を変えようという話題はないようだ。(12.18)

 ★ 緊急時に幼い子どもを連れて登庁し、駐屯地が一時的に預かる緊急登庁支援という制度がある。中央即応集団司令部のある座間駐屯地では現在10人の子どもが登録されているが、厚生科隊員が保育施設を運営する計画となり、民間施設で研修した。(12.11)

続きを読む


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ