2015/6/30

処分撤回を求めて(359)  X日の丸・君が代関連ニュース
東京・全国の仲間の皆さんへ。
(転送・転載・拡散歓迎。重複はご容赦を。一部報道関係者にも送信)
被処分者の会・東京「君が代」裁判原告団の近藤です。

 ◆ 言論弾圧の暴言を許すな
   /勝訴判決を受け継ぎ各裁判で奮闘


 ◆ 言論弾圧の暴言 戦争法案推進勢力の「本音」―徹底追及を
 6月25日の安倍首相取り巻きの若手議員の「勉強会」での百田氏の「沖縄の二つの新聞はつぶさなあかん」、とか出席議員の「マスコミを懲らしめる」などの国民世論を敵視するあからさまな言論弾圧の暴言に国民の怒りが高まっています。
 ところが百田氏は、反省するどころか、27日に自身のツィッターで「本当につぶれてほしいのは、朝日新聞と毎日新聞と東京新聞です」と述べています。
 「仲間内の」会議で本音を漏らしただけでなく、異なる意見を敵視し弾圧したいと思っており、民主主義と相容れない人たちであることが分かります。

続きを読む

2015/6/30

訪問販売お断りのステッカーに反対して笑われた読売新聞社長  ]平和
 ◆ 社長が失笑され…読売新聞が消費者庁に「抗議書」送付の波紋 (日刊ゲンダイ)

 消費者庁に読売新聞から“前代未聞”の「抗議書」が届き、大騒ぎになっている。

 抗議は、消費者委員会の議事運営に対するもの。差出人は読売新聞グループ本社の永原伸社長室長で、山口俊一担当大臣、板東久美子消費者庁長官、河上正二消費者委員会委員長の3者に同じ文面が内容証明郵便で届いたという。本紙はその写しを入手した。

 それによると、今月10日の特定商取引法専門調査会に、日本新聞協会の理事として読売新聞東京本社の山口寿一社長(58)がヒアリングに招かれた。その際、山口社長の発言中に座長代理など複数の委員が声をあげて笑い、座長も制止せず、同調するかのような対応をしたことを問題にしている。

 消費者庁関係者がこう言う。

続きを読む

2015/6/30

ILO駐日事務所主催:公開座談会(7月3日開催)  Z国際人権
 ◆ 新旧のILO条約勧告適用専門家委員会委員をお招きして
   〜ILO創設100周年に向けて
(横田洋三氏・吾郷眞一氏)


 ILOが設定する国際労働基準の実効ある適用に大きな役割を果たしているのが条約勧告適用専門家委員会です。この度、昨年まで同委員会委員を務めておられた横田洋三氏と今年から新たに委員に就任された吾郷眞一氏をお招きし、2019年に創設100周年を迎えるILOへの期待、国際労働基準の設定、監視機構の意義などについてお話をいただくことになりました。多くの皆様の御参加をお待ちしております。参加費は無料です。

 ※ちらしはこちら よりダウンロードして下さい。

 日時:7月3日(金)午後2時〜午後4時半
 場所:東京ウィメンズプラザ・B1ホール 渋谷区神宮前5−53−67 Tel.03−5467−1711


続きを読む

2015/6/29

6月30日「実教教科書裁判」第5回口頭弁論  \増田の部屋
 ◆ 6/30「実教出版教科書裁判」、傍聴参加を!

皆様
 こんばんは。増田です。これは「実教出版教科書問題に関し、違法不当な東京都教育委員会を訴える会」(略称:都教委を訴える会、共同代表:佐藤昭夫・早稲田大学名誉教授、高嶋伸欣・琉球大学名誉教授)事務局としてのお知らせです。BCC送信していますので、重複、ご容赦を!
 明後日となりますが、件名裁判の第5回口頭弁論が
 6月30日(火)16時〜(東京地裁419号法廷)において行われます。

 本年もまた、都教委は6月25日の定例会において、教育委員(中井敬三教育長、木村孟、竹花豊、乙武洋匡、山口香、遠藤勝裕)の誰一人として意見を言わず口を閉ざしたまま、全員賛成…奇妙な表現ですが、そうとしか言いようのない「審議」状況だったようなのです…で、「国旗国歌について、実教出版日本史の『一部の自治体で公務員への強制の動きがある』との記述は今回も変わらなかった。これは、都教委の考え方と異なる。したがって、校長の責任と権限の下、選定するよう6月26日以降通知をする」と決定しました。

続きを読む
タグ: 増田都子

2015/6/29

憲法判例百選の執筆者198人にアンケート調査  ]平和
 ◎ 憲法学者に聞いた
   〜安保法制に関するアンケート調査の最終結果
(報道ステーション)
クリックすると元のサイズで表示します
憲法学者の95%が違憲または違憲の疑いあり

 憲法判例百選の執筆者198人にアンケート調査を行い、151人の方々から返信をいただきました。
 (調査期間6月6日〜12日 他界した人や辞退した人などを除き、アンケート票を送付)

 ≪気になるあの憲法学者のコメント≫
 ■ 千葉大学大学院専門法務研究科教授・巻美矢紀氏
 今回の法案に関する政府の手法は、立憲主義を根底から覆す、きわめて異常で危険なものである。圧倒的大多数の憲法学者の憲法解釈、また昨年の閣議決定前の政府見解からしても、集団的自衛権行使の容認は、憲法解釈の限界を超え、違憲であり、本来、憲法改正を経なければならないものである。

続きを読む

2015/6/29

犬儒(政権に迎合する知識人)  ]平和
 ◆ 犬儒 (東京新聞【本音のコラム】)
楊逸(ヤンイー)(作家)

 安全保障関連法案に関する衆院特別委員会は二十二日、参考人質疑をおこなった。有識者五人のうち、目本の名だたる憲法学者元内閣法制局長官ら三人が「憲法違反」という見解を述べた。
 政治についてあまり分からない外国人として、ぼんやりとテレビを見ていると、「違憲」という語を口にした先生方のお顔に悲壮感がなく、あくまでも穏やかな表情が不思議に格好良く感じ、その重みのある響きに心打たれるものがあった。ドキッとした。有識者とはこのような方々だと悟ったようだった。

 というのは、日本の安保法案について何か言おうというわけではなく、私の尊敬する中国の経済学者・馬寅初を思いだしたのだ。

続きを読む

2015/6/28

「都教委は違法行為・人権侵害を恒常的に行う違法機関か!?」6/29ビラまき  \増田の部屋
皆様
 こんばんは。犯罪都教委&1悪都議(2悪はすでに消滅)と断固、闘う増田です! これはBCCでお知らせしています。重複、長文、ご容赦を。
 東京都学校ユニオン月末恒例の都教委糾弾ビラまきを、6月は明日の29日(月)8:00〜9:00、都庁第二庁舎前で行います。

 以下、ビラの一面内容をご紹介します。
 それにしても「永遠の(知性)ゼロ」の方々が、この国の行政権・立法権を握り、たいへん、正直にものを言ってくださる分かりやすい時代になってきました。我が東京都の教育委員さんたちも、聞く人のいるところで、正直にものを言ってほしいですね…彼らは非公開の「教育委員懇談会」でしか、正直に意見交換してないようですので…

 *****************************
 ★ 東京都教育委員会、連続敗訴!
   違法行為・人権侵害を恒常的に行う違法機関か!?


続きを読む
タグ: 増田都子

2015/6/28

根津公子の都教委傍聴記(2015年6月25日)  Y暴走する都教委
 ◆ 実教出版高校日本史またもや「使用は不適切」
   〜茶番の第一回教育総合会議も開かれる


 公開議題は1)2016〜2019年度使用中学校教科用図書選定審議会の答申について 2)2016年度使用都立高校用教科書の調査研究資料についての報告2件。
 非公開議題が校長の任命や懲戒処分の議案及び報告。公開議題について報告する。

 1)2016〜2019年度使用中学校教科用図書選定審議会の答申について
 教科書採択にあたり、3月末に都教委がすべての出版社の教科書について調査研究するよう審議会に諮問し、その「教科書調査研究資料」が6月10日付けで答申された、その報告。これに基づいて都教委は都立中学校の教科書採択を行い、また、区市町村教委などの採択権者に対しても、これが十分に活用されるよう指導、助言、援助を行うとのこと。

続きを読む

2015/6/28

黒人牧師の葬儀に米大統領追悼演説  ]平和

Obama Sings Amazing Grace

 ◆ 米大統領 伴奏なし賛美歌:(TOKYO Web)


 【ニューヨーク=北島忠輔】米サウスカロライナ州チャールストンの黒人教会で起きた銃乱射事件で、犠牲になった牧師で州上院議員のクレメンタ・ピンクニーさん(41)の葬儀が二十六日、現場近くの体育館で行われた。
 オバマ大統領は追悼演説で「人種や銃の問題に対処しないのは、犠牲者への裏切りだ」と行動を呼びかけた。米メディアが伝えた。

 オバマ氏は演説の終盤で賛美歌「アメージング・グレース」を伴奏なしで歌い始め、五千人を超える参列者も合唱に加わった。オバマ氏は「銃が引き起こす米国特有の悲劇に、私たちは長い間、目をつぶってきた。だが毎日三十人の尊い命が銃で失われている現状に目を向けるべきだ」と述べ、銃規制の必要性を訴えた。

続きを読む

2015/6/28

看護協会総会ニュース2015:NO1  ]平和
 ◆ ILO看護職員条約は「後進国のためのもの」
   島森好子会長が暴言・他の役員も誰も訂正せず


 東京都看護協会は6月25日、総会を日本教育会館で開催し約250人の会員が参加した。
 会員が、現在の看護師の労働条件の劣悪さを抜本的に改善するためには、ILO看護職員条約の批准が不可欠であり、日本看護協会と政府・厚生労働省に対して批准するための取り組みを強化を求め質問したところ、東京都看護協会島森好子会長は、会員の質問に対し、ILO看護職員条約は「後進国のためのもの」と、ILO看護職員条約推進施策を求めた会員の意見に反論した。

 ー・−・−・−・−・−・−・−
 ※ 1977年の看護職員条約(第149号)
http://www.ilo.org/tokyo/standards/list-of-conventions/WCMS_239030/lang--ja/index.htm

続きを読む


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ