2016/8/19

8/8「子ども脱被ばく裁判」第6回口頭弁論を傍聴  ]Xフクシマ原発震災
  たんぽぽ舎です。【TMM:No2857】2016年8月17日(水)
 ▼ 「追加放射線量年間1mSv以上の市町村で教育を
   受けている子どもを1mSv以下の場所で教育させよ」

冨塚元夫(たんぽぽ舎ボランティア)

 8月8日(月)、「子ども脱被ばく裁判」第6回口頭弁論を傍聴し前後の集会に参加しました。
 「国と福島県は年間20mSvを下回ったので帰還せよという政策を強引に進めています。それに対決する裁判は、この裁判と南相馬20mSv特定避難勧奨地点指定解除取消訴訟だけです」

 (1)次回第7回口頭弁論から被告国・福島県等を本格的に追及できることになりました。
 前回第5回口頭弁論で弁護団は「子ども人権裁判」(注)が門前払いされる危険性がなくなったという判断をされましたが、今回それが確認されました。
 「子ども人権裁判」「追加放射線量年間1mSv以上の市町村で教育をうけている子供を1mSv以下の場所で教育させよ」という要求です。

続きを読む

2016/8/19

安保条約違反の沖縄米軍基地での英海兵隊合同訓練  ]平和
 ◆ 沖縄・米軍基地英海兵隊員が訓練 (東京新聞)

 沖縄県名護市の米軍キャンプ・シュワブなどで米英海兵隊の合同訓練が実施され、英海兵隊の中尉2人が参加していたことが分かった。英国人ジャーナリストのジョン・ミッチェル氏が英政府に情報公開請求したところ、英国防省が参加を認めた。(鈴木伸幸)

 ◆ 第三国軍想定せず 安保条約に違反
 在日米軍基地で第三国の軍人が訓練していた事実を政府機関が認めたのは初めて。
 英国防省がミッチェル氏に回答した文書によると、合同訓練は米英海兵隊の司令官の合意に基づき、二〇一五年一月にキャンプ・シュワブと隣接する米軍キャンプ・ハンセン(金武町など)で始まった。
 英海兵隊の中尉二人は、射撃訓練と密林地帯での野外訓練に参加。米海兵隊が一六〜一七年に計画している訓練では英海兵隊員の派遣は予定していない。

続きを読む


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ