2016/8/25

大阪「君が代」不起立減給処分取消裁判 裁判所前配布ビラ  X日の丸・君が代関連ニュース
  =大阪地裁7.6内藤判決文の瑕疵 司法の信用失墜行使=
 ◎ 「君が代」不起立減給処分取消裁判原告から


 さる七月六日、八〇九号法廷でいただきました判決文を読み、私は唖然といたしました。判決文7頁には、こうありました。
「原告は、本件戒告処分を不服として、平成二四年六月、大阪府人事委員会に不服審査を行ったが、同委員会は本件戒告処分を承認するとの裁決を行ったため、当庁に戒告処分取消請求訴訟を提起している(弁論の全趣旨)」
 何かの間違いではないかと何度も読み直しましたが、何度読み直しても、そこには間違いなくそう書いてありました。
 お調べくださればすぐにわかることですが、大阪府人事委員会は「処分を承認する」との裁決など出しておりません。それどころか、まだ審理の真っ最中です。いったい、裁判長をはじめ三名の裁判官におかれましては、証拠や準備書面をお読みいただけたのでしょうか。もしも、お読みくださっていればこのような過ちは決して起こり得なかったはずです。

続きを読む

2016/8/25

英ガーディアン紙:天皇ビデオメッセージへの評論  ]平和
 ☆ 天皇陛下の生前退位の希望をつぶしたいのは、
   血も涙も無いあの人物
| 星の金貨プロジェクト
        ジェイク・アデルスタイン / ガーディアン 8月11日


 もしも神様が引退したいと望んだら、いったい何が起きるでしょうか?
 日本の天皇はもはや神でありませんが、かつて、そんなに遠くない昔の大日本帝国において、天皇は現人神として天地のことごとくを支配する存在であると規定されていました。これに対し現在の明仁天皇はとても人間的であり、自らが神でありたいという願望は持っていません。

 しかし日本の政権与党、安倍晋三首相が率いる自民党は違います。日本の戦前の憲法を復活させ、天皇を再び神に近い存在として人民の上に君臨させたいものだと考えています。
 しかしそれは現在82歳を迎えられた天皇ご自身が望んではいないものであり、その後継者もそうあるべきでは無いと願っています。

続きを読む


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ