2016/11/26

奨学金制度の現状と課題(上)  ]U格差社会
 ◆ 広がる貧困と経済的徴兵制 (週刊新社会)
菊地憲之(新社会党兵庫県本部書記長)

クリックすると元のサイズで表示します

 ◆ 貧困と戦争の結びつき
 いくつかの事象から、貧困と戦争の深い結びつきについて考えてみた。
 T、「31歳フリーター。希望は、戦争」という赤木智弘の主張
 朝日新聞が発行していた『論座』2007年1月号に掲載されたものである。その主張の論点は、戦争により「持てる者」(冨裕層)と「持てない者」(貧困層)が平等になれるというもの。
 分厚い閉塞感が強く漂う今の社会の中で、何もかもガラガラポンにできるのが戦争だと考えることは、皮相的すぎる。貧困層の大きな不満を好戦派が組織するのか、反戦派が組織するのかが問われている。
 戦争は誰が起こし、誰が犠牲になるのかという歴史の教訓はどうなのかという問題意識を持った。

続きを読む

2016/11/26

近藤順一の〈中国通信1043〉  
皆様へ、
 日中友好と教育の自由のために〈中国通信1043〉を送ります。重複お許しください。ご意見ご批判をお願いします。転送OK。
 *記事の中国語原文については大幅に(略)しています。全文を読みたい方はご連絡ください。

 ◆ フィリピン漁民がスカボロー礁海域に来たことと仲裁は無関係
   2016-10-31  ?球?? 原文:環球時報(日本語訳の簡約:近藤)


 フィリピン政府筋によると、フィリピン漁民がスカボロー礁海域で操業しているのを中国側は取り締まりに出ていない、これは中国・フィリピン関係の改善への転換を示している。
 中国側は、これと管轄権は関係ないと強調している。フィリピン政府筋は、南シナ海仲裁を提起せず、双方はフィリピン漁民が復帰した事実だけを認めた。

 ところが、アメリカ国務院は感情的に叫んで、これが臨時的措置ではなく“南シナ海仲裁裁定による合意の結果である。”との希望的表明をしている。

続きを読む

2016/11/26

ドキュメンタリー監督早川由美子より、最新イベントなどのご案内です  ]平和
皆さま
 日頃よりお世話になっております皆さまに、BCC一斉送信にて、ご案内をお届けしています。重複の際はご容赦ください。
 なお、このご案内は転送・転載歓迎です。ぜひ広めてくださればありがたいです。
クリックすると元のサイズで表示します
『インド日記〜ガジュマルの木の女たち』

 @ 経産省前テントひろば・反原発美術館テント、
   丸木美術館「今日の反核反戦展2016」にて再建展示!


 去る8月21日に強制撤去をされた、反原発美術館テント(実物)が、埼玉の丸木美術館「今日の反核反戦展2016」にて、再建展示をされます。
 展示期間は11月27日(日)から、2017年1月14日(土)までです。期間中は、美術館テント内でイベントも予定しています。ぜひご来場ください!
 ※丸木美術館の利用案内はこちら→ http://www.aya.or.jp/~marukimsn/top/riyo.htm

 私が担当するイベントは以下の2つです。当日は私も会場にいます!!

続きを読む


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ