2016/12/24

2016年多田謡子反権力人権賞1個人2団体が受賞  ]平和
  《多面体Fから》
 ◆ 多田謡子没後30年の反権力人権賞受賞式
クリックすると元のサイズで表示します
高里鈴代さん(沖縄平和市民連絡会)

 12月17日(土)午後、今年も多田謡子反権力人権賞受賞式が連合会館で行われた。弁護士・多田謠子さんが肺炎のため29歳の若さで亡くなったのは1986年12月18日未明、今年はちょうど30年に当たる。同じ事務所で机を並べた辻恵弁護士は「とても寒い夜だった」と振り返る。
 小中学生時代のエピソードは毎年語られるが、今回は、弁護士として集会あいさつをしたときマンガのキャラクターのついたTシャツを着てきたとか、事務所に入所したころ「Dr.スランプ」のアラレちゃんのようなかわいい人だったと、2年足らずの弁護士時代の珍しいエピソードも披露された。
 多田謡子反権力人権賞は今回で28回、アリさんマークの引越社で闘う労働者個人、松村比奈子さん(首都圏大学非常勤講師組合)、郵政20条裁判原告団、水戸喜世子さん、経産省前テントひろばなど6人、9団体(合計15)の候補から
  「東京拘置所のそばで死刑について考える会」
  「篠原弘典氏」
  「沖縄から基地をなくし世界の平和を求める市民連絡会」
(略称:沖縄平和市民連絡会)
 が受賞した。

続きを読む

2016/12/24

日銀は異次元緩和で、物価目標の実現に失敗し、信用を失墜させることに成功した  ]U格差社会
  《佐々木 実の経済私考 (週刊金曜日)》
 ◆ 失敗した異次元緩和の教訓
   「確信犯的な無責任」の起源


 今年はっきりしたのは、「異次元緩和」の失敗だ。
 日本銀行は2013年4月、2%という物価目標を2年で実現させてデフレを解消すると大見得を切った。昨年結果がでたわけだが、「インフレターゲット理論」を唱えたリフレ派の人たちは往生際が悪く、なかなか負けを認めなかった
 ピリオドを打ったのは、リフレ派の大御所でアベノミクスの理論的支柱といわれる浜田宏一氏である。
 「私がかつて『デフレは(通貨供給量の少なさに起因する)マネタリーな現象だ』と主張していたのは事実で、学者として以前言っていたことと考えが変わったことは認めなければならない」『日本経済新聞』(11月15日付)のインタビューで、浜田氏はようやく白旗をあげた

続きを読む


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ