2017/1/5

アベを倒そう!(194)<2017年版パンフ「日の丸・君が代について考える」>  X日の丸・君が代関連ニュース
<転送歓迎>(重複ご容赦)
・「都教委包囲首都圏ネットワーク」、・「新芽ML」、・「ひのきみ全国ネット」、・「戦争をさせない杉並1000人委員会」の渡部です。

 皆さん、明けましておめでとうございます。
 ▲ 今年はロシア革命100周年の年です。
 現在、世界各地では「愛国心」を前面に出した<ファシズム><保護主義>が台頭しています。
 社会主義陣営崩壊後の世界は、再び第一次大戦前夜のような時代になりつつあります。
 私たちは今後、<ファシズム>と<保護主義>との闘いを粘り強く進めることが求められると思います。

 ところで、昨年末(12月18日)、2017年版「卒業式・入学式の前に〜日の丸・君が代について考える」というパンフが発行されました。
 発行は<卒業式・入学式の『日の丸』『君が代』について考える保護者の会>です。

続きを読む

2017/1/5

大阪ネットワークニュースから(2)  X日の丸・君が代関連ニュース
 ◆ みんな歌っているから
   あなたも歌えっておかしくない?!

辻谷博子

 12月になりました。年が明ければ、すぐ卒業式の季節です。「君が代」条例が施行され6年目、3度の不起立でクビを定めた「処分」条例が施行され5年目の卒業式です。
 橋下徹が数の力によって成立させた「君が代」条例は、彼が去った後も大阪にあります。条例がある限り大阪の教員は理不尽な命令にさらされ続けます。
 私は、2012度入学式で戒告処分を受け、卒業式で減給処分を受けました。
 まずは「勝って当たり前の」減給処分取消の訴訟を起こしましたが、本年7月6日、大阪地裁内藤裕之裁判長はろくろく証拠を調べもせず処分取消棄却の判決を下しました。ある人曰く、まるで内藤は最高裁に喧嘩を売っているようなものだと。なぜならこれまでの「君が代」裁判において、根津公子さんただ一人を除き、減給以上の処分は悉く取り消されているからです。

続きを読む

2017/1/5

沖縄戦の記憶生々しい南西諸島への自衛隊配備計画  ]平和
 ◆ マンゴーとミサイル (東京新聞【本音のコラム】)
鎌田 慧(ルポライター)

 沖縄本島から台湾にむかって南下する宮古、石垣、与那国島などの南西諸島は、防衛省からみて「空白地帯」なのだ。なんの?自衛隊基地の!
 軍事基地があったからこそ戦場にされ、県民十五万人が犠牲になった。その沖縄戦の記憶がまだ生々しい辺野古や高江地区に、米軍新基地が押しつけられ、いま住民は激しい抵抗を続けている。

 日本最西端の与那国にはすでに陸上自衛隊基地を建設、沿岸監視部隊百六十人が配置された。
 石垣島宮古島にも自衛隊基地を建設、防空、対艦ミサイルなどを配備する計画がある。それぞれ六百人から八百人の自衛隊員が駐留、平和の島が要塞の島にさせられる

続きを読む


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ