2017/1/11

バーニー・サンダースがトランプの場当たり的な雇用対策を批判  ]U格差社会
  《労働情報》 =アジア@世界 スペシャル=
 ◆ トランプの雇用拡大策は企業減税・補助金と労働規制の廃止
喜多幡佳秀(APWSL日本)

 トランプ次期大統領は選挙キャンペーンの中で差別的な憎悪発言を繰り返す一方で、国内産業の保護と雇用の確保を打ち出すことで「労働者の味方」というイメージを作り上げた。
 当選後の12月1日にはインディアナ州を訪問し、同州の空調設備メーカーのキャリア社メキシコへの工場移転計画の一部を中止したことを自らの成果として演出した
 同社は2月にインディアナ州のインディアナポリス工場(従業員1700人、研究員を含む)とハンテイントン工場(700人)の閉鎖とメキシコへの移転を発表した。トランプはこの機会をとらえて、3月7日のニューハンプシャー州での演説で、「(大統領になったら)この問題に介入し、キャリアのCEOに電話をかけてやる」と発言した。彼はまた、工場を国外に移転する企業の製品には米国への輸入に際して高率の関税を課すと宣言した。

続きを読む

2017/1/11

日本軍「慰安婦」問題解決全国行動【声明】  ]平和
 ◆ 【声明】 条件付き謝罪は謝罪ではない
   日本政府は日韓合意の破綻を認め、
   「慰安婦」被害者と韓国の民意に向き合え


クリックすると元のサイズで表示します

 日本政府は、釜山総領事館前に「平和の少女像(以下、少女像)」が設置されたことに対し、駐韓大使および釜山総領事の一時帰国など4項目の対抗措置をとると発表した。同措置およびこれを伝える報道に、私たちは強く抗議する

 T 日本政府に抗議する 

 1.韓国では、2015年12月28日の日韓政府間合意(以下、合意)に対する民衆の怒りが爆発し、日本政府に対する不信感がさらに高まった。
 直近の世論調査でも、「合意を破棄すべき」との回答が6割に迫っている。釜山の少女像も、合意に怒った釜山市民・学生らが合意直後に建立計画を立て、合意1周年の日に設置を挙行したものだ。

続きを読む

2017/1/11

D‐TaC【報告】戦争中の教育の誤りを繰り返えさせてはいけない  X日の丸・君が代関連ニュース
 12月23日のD‐TaC「学習交流のつどい」にご参加いただき、ありがとうございました。集会の報告と講演して下さった黒田さんの当日のレジュメを掲載します。
※ 黒田さんのレジュメはコチラ→(pdfファイル前半後半

 ◆ 天皇のために命を捨てる教育
   =戦争中の教育の誤りを繰り返えさせてはいけない!

 12月23日夜、「D−TaC〜『君が代』処分撤回!松田さんとともに〜」が主催して、「戦時中の教育の誤りを繰り返すな!12.23学習交流のつどい」を開催しました。「君が代」強制を軸に、学校教育が戦争を支える若者の育成へと変質させられようとしている中で、戦時中の教育の実態を学び、その誤りをくりかえさせないために考え合おうという趣旨のつどいでした。
 事前に、大阪市の中学校教職員の皆さんには、個人あての封筒で案内ビラと手紙を届けさせてもらいました。小学校の方は、学校長と人権教育担当者のみなさんに案内ビラと手紙を送付し、職場の皆さんへの紹介をお願いしました。「つどい」には会場満杯の65人の方に参加していただきました。

続きを読む


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ