2017/1/12

道徳は科学になり得ない、教科書など作り得ない、「評価」できない性質のもの  ]Vこども危機
 ◆ 「特別の教科道徳」と評価
   価値を教えたり、評価したりは控えるべき
(教科書ネット21ニュース)
宮澤弘道(道徳の教科化を考える会代表)

 ◆ 評価と科学
 「プライベートである子どもの内面パブリックである国が基準を示し、それを基に評価する」。これが今回の道徳の教科化に関する最大の問題点でしょう。
 本来、教科とは科学的なものでなければなりません。
 しかし道徳に関しては科学になりえない性質のものであることは理解できると思います。一例を挙げてみましょう。

 Aさんは隣の席のBさんに「赤いクレヨンを貸して」とお願いされました。しかしBさんが忘れるのはこれで3回目です。あなたならどうしますか。(内容項目・親切、思いやり)
 これは都内の道徳推進校で実際に行われた授業のテーマです。

続きを読む

2017/1/12

〈中国通信1085〉日本政府の“未来志向”=責任は“水に流すこと”  ]平和
 皆様へ、 日中友好と教育の自由のために〈中国通信1085〉を送ります。
 重複お許しください。ご意見ご批判をお願いします。転送OK。
 *記事の中国語原文については大幅に(略)しています。全文を読みたい方はご連絡ください。

 ◆ 朱成山:日本人の歴史観の変化を憂慮する
   作者:朱成山
(南京大虐殺記念館館長)
   2017-01-04 ?球??原文:環球時報 (日本語訳の簡約:近藤)


 2016年12月初め、11の日本の都市を訪れ、その間2回右翼の襲撃に遭い、驚いたが無事だった。
 私が見るところ、日本社会の歴史に対する態度には憂慮させられる
 12日、名古屋右翼勢力の騒乱に遭った。
 毎年、12日の夜は私はうちに帰らず記念館で30数万の南京大虐殺の受難者同胞の魂を守るのだが、今年は、虐殺の主犯・松井石根の故郷の名古屋で、日本右翼勢力の舌戦に出くわすのも運命か。

続きを読む


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ