2017/6/30

安倍訪仏直前だったから、山城博治さんを釈放したのか!?  X日の丸・君が代関連ニュース
 ◆ 嬉しい後日談 〜フランスから〜 (D−TaC)

 3/9からしばらく経った日のタ方、「こちらは今、朝です。」と、フランス在住の日本出身の40代女性から、D−TaC連絡先で公表している私の携帯に電話があり、10分ほど話しました。
 「3/9大阪市教委との市民団体協議の2時間音録を全部、ユーチューブで聞きました。参加者はみなさん大人の市民だと思うが、その後ろにいる子どもの立場に立って、具体的なことを詰めておられるのに感動しました。ひと言お礼を伝えたくて、「D−TaC」のHPを見て、この電話にかけています」とのこと。
 (3/9当日参加した「たぬきごぜん」さんが、市教委の了解の上、ライブ音声放送で発信してくれて、それをユーチューブに載せたものです。)

 「富山出身で、小学校からずっと、直立不動の「君が代」斉唱含めて、徹底した管理教育だったが、ずっと「それが普通」と思って疑問もないまま育った。

続きを読む

2017/6/30

〈中国通信1233〉間もなく盧溝橋事件(1937.7.7)80周年  X日の丸・君が代関連ニュース
 皆様へ、 日中友好と教育の自由のために〈中国通信1233〉を送ります。
 重複お許しください。ご意見ご批判をお願いします。転送OK。*記事の中国語原文については大幅に(略)しています。全文を読みたい方はご連絡ください。
 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ◆ 辻田真佐憲『ふしぎな君が代』

 《一般常識として、義務教育で「君が代」の意味や歴史、国歌に対する国際的な作法を教えることがあってもよいだろう。・・「君が代」を「歌う国歌」から「聴く国歌」に変えるのはどうだろうか。・・「聴く」という行為は(1分程度であれば)強制されてもそれほど強い抑圧感はもたらさない。・・国歌は歌わなくても、特に国際儀礼上の問題はない。
 *結局、現在の「日の丸・君が代」強制は、「国際的な作法」「国際儀礼」(プロトコール)を教えることを建前として、まったく別の目的、それは国家主義教育の貫徹、それに反対する教員のあぶり出しを狙ったものであることを暴露している。
 下記の歴史情況とも大いに関係がある。(近藤)

続きを読む

2017/6/29

東京都学校ユニオン恒例6月末都教委糾弾ビラまき  \増田の部屋
 ◆ 都教委は、初歩の歴史知識もなく、日本語の読解力もない?

皆さま
 こんばんは。増田です。これはBCCでお送りしています。重複・長文、ご容赦を!
 本日、以下の内容で東京都学校ユニオン恒例の月末都教委糾弾ビラまきを行いました。この「我が国の学校は、明治期の学制発布以来の民主的かつ平等の名の下に」という報告書は、もちろん、未だに都教委HPに載っています。
http://www.kyoiku.metro.tokyo.jp/press/2017/pr170223b/houkoku.pdf

  「放送大学教養学部教授」
  「茨城大学教育学部准教授」
  「国立教育政策研究所 総括客員研究員」
  「杉並区教育委員会教育長」
  「武蔵村山市教育委員会教育長」
  「東京都立一橋高等学校長」
 という身分地位の方たちが作成したものですが、恥ずかしくないですかね?

続きを読む
タグ: 増田都子

2017/6/29

「働き方改革」=「解雇しやすい特区」=「世界で一番ビジネスがしやすい環境」  ]U格差社会
 ◆ 広がる「雇用戦略特区」
   実は“解雇しやすい”特区
(週刊新社会)
クリックすると元のサイズで表示します

 安倍首相は、今国会の加計学園疑惑追及に窮して、盛んに「岩盤規制」を「アベのドリ凸で穴を空けると言い続けている。野党の追及に「岩盤規制は特区というやり方で良いことをしている」と開き直っている。
 さらに「国家戦略特区は民主党政権がはじめたもので、民主党さんも苦労してきた」などと問題点を転化する。「国家戦略特区」の名の下に加計学園疑惑が生まれた。この狙いとはじまりは何だったのか。
 「国家戦略特区」は、第二次安倍政権が進めようとする経済特別区域構想のことで、地域を限定し、法律に縛られず思い勝手に、規制緩和や税制面の優遇で民間投資を引き出し、「世界で一番ビジネスがしやすい環境」を創出するという暴力的規制緩和政策であり、「岩盤規制」をアベのドリルで打ち砕くなどウソを重ねた。

続きを読む

2017/6/28

アベを倒そう!(278)<はやきはこける?>  X日の丸・君が代関連ニュース
<転送歓迎>(重複ご容赦)
・「都教委包囲首都圏ネットワーク」、・「新芽ML」、・「ひのきみ全国ネット」、・「戦争をさせない杉並1000人委員会」の渡部です。

 ▲ 安倍首相の暴走・迷走はとまらない。
 6月15日、加計疑惑で追い込まれた安倍政権は、参院法務委員会での審議を強引に中断し、本会議で一気に「共謀罪」を強行採決した。
 「疑惑隠し」、「国会の自殺行為」と批判された。
 6月24日、安倍首相は秋の臨時国会に自民党の「改憲案」を出すと述べた。
 野党の求める疑惑解明の臨時国会召集には応ぜず、一方で突然こんなことを言う。
 法学者からは「まじめな改憲論議ではない」と批判が起きている。
 同日、安倍首相は加計疑惑を曖昧にするために神戸市での講演で、「地域に関係なく、2校でも3校でもどんどん獣医学部の新設を認めていく」と述べた。
 これまでの「空白地域」とか「1校に限り」などというのは何だったのか。

続きを読む

2017/6/28

SKY-HIが共謀罪批判ラップを発表  ]平和
 ♪ SKY-HIが共謀罪の強行採決を批判したラップ「キョウボウザイ」を緊急発表!
   安倍政権の本質をつく痛快な歌詞
(LITERA/リテラ)


 もはや説明するまでもでないが、今月15日の早朝に共謀罪が強行採決された。公権力による法律の恣意的な解釈が横行する可能性や、「一般人」とはどの範囲の人を指すのかなど、不明点や問題点は山積みであったのにも関わらず、安倍政権はまともな議論に応じようともせず、国民の声を完全に無視して強行採決に踏み切った。加計学園をはじめとした、自身に降り掛かるスキャンダルを追及されないよう早く国会を閉めてしまいたいという一心で、後世の人々に多大な被害をおよぼしかねない「平成の治安維持法」をつくりあげてしまったのである。
 もはやどう控えめに表現しても「安倍“独裁”政権」としか言いようのない国会運営には多くの文化人や芸能人からも非難の声が相次いだ。

続きを読む

2017/6/27

根津公子の都教委傍聴記(2017年6月22日)  Y暴走する都教委
  《根津公子の都教委傍聴記》
 ◆ 東京は管理職だけでなく教員のなり手もいない! (レイバーネット日本)

 公開議題は報告4点、そのうちの3点について(@来年度使用高校用教科書の調査研究資料について A高校入学者選抜英語検査改善検討委員会の設置について B都公立学校教員採用候補者選考の改善策について)報告します。
 非公開議題には2件の懲戒処分議案と懲戒処分報告、そして、「いじめ防止対策推進法」第30条第1項に基づく報告が上がっていました。「いじめ防止対策推進法」第30条第1項は、「教育委員会は重大事態が発生した旨を、当該地方公共団体の長に報告しなければならない」というもの。昨年も何度か「重大事態」に関する議題が上がっていましたが、その後、学校や都民に周知徹底した様子はありません。しっかり知らせるべきです。

続きを読む

2017/6/27

6/23東京電力株主総会前段行動の報告  ]Xフクシマ原発震災
  原発は時代遅れだ、原発で東電経営もメルトダウン
  柏崎刈羽原発再稼働反対、被害者を救え、住宅を奪うな
 ▼ 6/23東京電力株主総会前段行動の報告 (たんぽぽ舎)
   「在特会系」の原発賛成に抗して東電株主に「原発やめよう」のアピール
渡辺秀之(たんぽぽ舎ボランティア)

クリックすると元のサイズで表示します

 6月23日(金)に、国立代々木競技場(第一体育館)で開催された東京電力HD株主総会の前段アピール行動の報告をします。
   詳しい様子は、新HP http://www.tanpoposya.com/
   サブメニュー「東電本店合同抗議」でご覧ください。

 ◎「東電本店合同抗議」は、福島第一原発事故・大惨事をおこした東京電力本店に対し、毎月1回、責任を追及する抗議行動を、5年余で45回おこないました。
 福島の放射線被害者や避難者も『東京電力は責任をとれ』と闘っています。

続きを読む

2017/6/26

オリンピック反対派による小池五輪政策の検証  Y暴走する都教委
 ◆ 都のオリンピック政策を検証する
   ロ先ばかりの公約に 都民はまただまされるのか
(週刊新社会)
渥美昌純(東京にオリンピツクはいらないネット)

 都議選が近づき、小池都政下のオリンピック政策について聞かれることが多くなった。国政では2020年東京オリンピックまでの憲法改正が言われており、開催都市・東京都政の中でオリンピックの占める割合が高いのは言うまでもない。そこで小池都政のオリンピックにっいて検証する。

 ◆ 見せかけの予算削減
 小池百合子都知事が代表である都民ファーストの会は2017年5月23日に14の基本政策を発表。その中の基本政策10として「オリンピック・パラリンピックを成功へ導く」という項目がある。
 14の基本政策の中の10番目で優先順位は高くなく、オリンピック成功ありきという姿勢がうかがえる。

続きを読む

2017/6/26

「核兵器で平和を築くことはできない」被曝者の訴え  ]Xフクシマ原発震災
  《Nuclear Free Now 脱原発世界ニュース》
 ◆ 核兵器禁止 ヒバクシャがニューヨークで被ばく証言


 ピースボートが行っている広島・長崎の原爆の被爆者とともに世界をめぐり、核廃絶のメッセージを各地に届けるプロジェクトが現在実施されています。
 また、被爆者は核兵器禁止条約が討議されている時期に、国連本部内でマーシャル諸島共和国国連代表部とピースボート共催のイベントにて、多くの国々の人に証言を話しました。
 ※「折り鶴プロジェクト」について:http://ameblo.jp/hibakushaglobal/entrylist.html

 ◆ 「すべての核兵器禁止を」 国連演説で被爆者が訴え (東京新聞)
クリックすると元のサイズで表示します
19日、米ニューヨーク国連本部で、核廃絶への願いを語った
田中さん(右)と三瀬さん(左)=東條仁史撮影


続きを読む


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ