2017/6/29

東京都学校ユニオン恒例6月末都教委糾弾ビラまき  \増田の部屋
 ◆ 都教委は、初歩の歴史知識もなく、日本語の読解力もない?

皆さま
 こんばんは。増田です。これはBCCでお送りしています。重複・長文、ご容赦を!
 本日、以下の内容で東京都学校ユニオン恒例の月末都教委糾弾ビラまきを行いました。この「我が国の学校は、明治期の学制発布以来の民主的かつ平等の名の下に」という報告書は、もちろん、未だに都教委HPに載っています。
http://www.kyoiku.metro.tokyo.jp/press/2017/pr170223b/houkoku.pdf

  「放送大学教養学部教授」
  「茨城大学教育学部准教授」
  「国立教育政策研究所 総括客員研究員」
  「杉並区教育委員会教育長」
  「武蔵村山市教育委員会教育長」
  「東京都立一橋高等学校長」
 という身分地位の方たちが作成したものですが、恥ずかしくないですかね?

続きを読む
タグ: 増田都子

2017/6/29

「働き方改革」=「解雇しやすい特区」=「世界で一番ビジネスがしやすい環境」  ]U格差社会
 ◆ 広がる「雇用戦略特区」
   実は“解雇しやすい”特区
(週刊新社会)
クリックすると元のサイズで表示します

 安倍首相は、今国会の加計学園疑惑追及に窮して、盛んに「岩盤規制」を「アベのドリ凸で穴を空けると言い続けている。野党の追及に「岩盤規制は特区というやり方で良いことをしている」と開き直っている。
 さらに「国家戦略特区は民主党政権がはじめたもので、民主党さんも苦労してきた」などと問題点を転化する。「国家戦略特区」の名の下に加計学園疑惑が生まれた。この狙いとはじまりは何だったのか。
 「国家戦略特区」は、第二次安倍政権が進めようとする経済特別区域構想のことで、地域を限定し、法律に縛られず思い勝手に、規制緩和や税制面の優遇で民間投資を引き出し、「世界で一番ビジネスがしやすい環境」を創出するという暴力的規制緩和政策であり、「岩盤規制」をアベのドリルで打ち砕くなどウソを重ねた。

続きを読む


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ