2018/1/16

根津公子の都教委傍聴記(2018年1月11日)  Y暴走する都教委
 ▼ 表彰されるのは都教委に認められた「善行」のみ

 公開議題となったのは、報告「都教委の児童・生徒等表彰」の1件のみ。要した時間は15分。
 非公開議題では、懲戒処分の議案(停職以上の案件)が3件、懲戒処分の報告(戒告・減給の案件)も何件かは明記されていないが、議題となっていた。
 公開議題は次回定例会に先送りしても良さそうな内容なのに、この日、定例会を開いたのは、次々に生じる懲戒処分の議題を先送りできないからなのかと思わされた。
 遠藤委員、宮崎委員は欠席。

 ▼ 「都教委の児童・生徒等表彰」について
 「善行や優れた活動を行った」幼児・児童・生徒を表彰するもので、都教委が1984年から始めた。これが始まった当初は、これに協力しないというささやかな抵抗を私もしてきたが、表彰は良いこととの意識及び部活動の表彰を希望する顧問教員の熱意が勝って、表彰に対する疑問の声は学校職場から消されていった。

続きを読む

2018/1/16

「安倍一強」の政治状況でなし崩し的に進む原発回帰を嘆く  ]Xフクシマ原発震災
 ▼ 「安倍政権はけしからん!」
   小泉純一郎が自民党に叩き付けた挑戦状
〈AERA dot.〉


 「安倍(晋三)総理に原発ゼロを進めるべきだと言ったが、現政権では難しい」
 小泉純一郎元首相(76)が久しぶりに吠えた。

 自らが顧問を務める「原発ゼロ・自然エネルギー推進連盟(原自連)」のメンバーとともに国会内で10日、記者会見し、「原発ゼロ・自然エネルギー基本法案」を発表した。原発の即時停止再稼働禁止再生可能エネルギーの普及などを求めるもので、小泉氏は震災後に原発がなくても電力が足りていたことや日本の自然エネルギーの潜在能力の高さを示しながら「原発ゼロのハードルは高くない」と訴えた。

 約1時間の会見で小泉氏は、拳を振り上げながら脱原発の持論を展開した。特に目立ったのは、原発回帰に進む安倍政権への批判だ。

続きを読む


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ