2018/4/18

自浄能力を欠いた政権党の危機、ウミの発生源は安倍本人自身  ]平和
 ◆ 泥船内閣 (東京新聞【本音のコラム】)
鎌田 慧(ルポライター)

 トランプ米政権のシリアへのミサイル攻撃まで支持した安倍首相。渡米中は、リゾート地でゴルフ三昧とか。しかし、支持率は急落して26・7%(NNN調べ)。尻に火がついている状態で、命運尽きようとしている。
 加計問題。「首相説明に信憑性(しんぴょうせい)ない」が66%。ウソつき、改竄(かいざん)首相として歴史に記憶されよう。
 共同通信の世論調査でも、女性の回答は「首相が信頼できない」が61.7%。泥船内閣である。自浄能力を欠いた政権党の危機は深まっている。

 妻が名誉校長を務めていた小学校が、ただ同然で国有地を入手。
 「腹心の友」が経営する大学が一校だけ、五十年ぶりに認可された獣医学部の受け皿になった。
 それらに関する公文書は、改竄隠蔽(いんぺい)。

続きを読む

2018/4/17

根津公子の都教委傍聴記(2018年4月12日)  Y暴走する都教委
 ◆ 足立区の性教育問題への論議なし (レイバーネット日本)

 公開議題は@来年度使用の都立高校用教科書採択について A「英語『話すこと』の評価に関する検討委員会」の設置について。どちらも報告。
 非公開議題が教員の懲戒処分についての報告。今回は議案ではないので、戒告か減給処分なのだろう。

 @来年度使用の都立高校用教科書採択について
 高校の教科書採択は毎年8月に行われていて、今日は採択までの流れと採択方針についての説明報告。「採択は、採択権者である東京都教育委員会が自らの責任と権限において、適正かつ公正に行う」など、今年も昨年までと同じことが報告された。
 2013年から2016年まで、「日の丸・君が代」に関し、「一部自治体で公務員への強制の動きがある」と記述した実教出版「高校日本史A」「高校日本史B」について、都教委は「都教委の考え方と異なる」と各学校に通知し、学校が選定することを事実上禁止してきた

続きを読む

2018/4/17

福島の政治家が衝撃暴露「復興は原発セールス」「高度汚染地域に住民を戻して、地域を発展させる」  ]Xフクシマ原発震災
 ▼ 【原発】福島の政治家がついに決死の大暴露! (TOCANA)
   「政府は現実をことごとく隠す」「復興は原発セールスのため」「動植物の奇形も増加」(インタビュー)


 東日本大震災から7年――。安倍首相は去年(2017年)を一つの“節目”と考え、それまで3月11日に合わせて開いてきた首相記者会見を取りやめた。しかし、福島原発から放射能が垂れ流しになっている状況はまったく変わらず、海も汚染され続けている
 大手メディアに“忖度”の嵐が吹き荒れ、「放射能」という言葉を用いることさえ躊躇うほど萎縮した今、いったい誰がこの国のことを本当に愛し、真剣に将来の国民の幸せを考えているといえるのだろうか?
 そのような中、放射能問題を真正面から取り上げ、真実を叫び続けながら孤軍奮闘してきた福島の政治家がいる。福島県広野町議会議員の阿部憲一氏だ。

続きを読む

2018/4/17

世界平和アピール七人委員会「米朝会談の成功を願い、日本の貢献を期待する」アピール  ]平和
WP7 No.129J 2018年4月15日
◎ 米朝会談の成功を願い、日本の貢献を期待する
世界平和アピール七人委員会
武者小路公秀 大石芳野 小沼通二 池内了 池辺晋一郎 高村薫 島薗進

 私たち世界平和アピール七人委員会は、ドナルド・トランプ米国大統領と朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)のキムジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長の会談の合意と成功を願い、韓国のムンジェイン(文在寅)大統領の朝鮮半島の安定化への努力を多とする。
 米国と北朝鮮の圧力の応酬の中で、私たちは東アジアの安定した平和を願ってきた。北朝鮮への圧力は、対話路線に導くための手段でなければならなかった。対話路線の兆しが見えた時、トランプ政権は非公開接触を続けてきたことを認め、対話を選んだ

 しかるに安倍晋三首相は、その後も圧力強化を主張しつづけ河野太郎外相は3月31日の講演で「(北朝鮮が)次の核実験の用意を一生懸命やっている」と発言し、核実験場での活動が激減し、3月5日以後止まっていると米国からいわれて、反論を示せずにいる

続きを読む

2018/4/16

アベを倒そう!(381)<4・14国会前大行動 〜マシな社会の始まり?〜 >  X日の丸・君が代関連ニュース
<転送歓迎>(重複ご容赦)・「都教委包囲首都圏ネットワーク」、・「新芽ML」、・「ひのきみ全国ネット」、・「戦争をさせない杉並1000人委員会」の渡部です。
クリックすると元のサイズで表示します

 本日(4月14日)、▲ 「4・14国会前大行動」が開かれました。
 13時半ころ、地下鉄・国会議事堂前で降り地上に出ると、首相官邸前に大きな「日の丸」が林立していました。
 官邸前から歩道に沿って約150人位いたでしょうか。
 一方、「大行動」に参加する人波がひっきりなしに、地下鉄の出口を出て、国会正門前に向かっていました。
 (最終的には3万人超の人が集まりました。150人と30000人です。いかに彼らが少数かがわかります。)

 正門前での集会では、多くの発言者が、安倍首相の責任について語りました。
 「張本人はアベシンゾウ本人だ」(主催者:福山さん)
 「アベとオトモダチによって国家中枢が大混乱。アベは責任を取れ」(立憲民主党:長妻議員)
 「出すべきウミは首相自身」(共産党:志位議員)
 「アベさんそのものがウミ」(社民党:又一議員)
 「全部のウミを出す? お前がウミだ」(学者の会:佐藤学さん)

続きを読む

2018/4/16

昨日4/14、国会図書館前で言ったこと・言いたかったこと  ]平和
  《瓢箪通信》
 ◆ 昨日4/14、国会図書館前で言ったこと・言いたかったこと


 昨日(4/14)の(国会前)行動のオマケです。
 「総がかり行動の部」が終わった後、「労働運動活動者評議会」関係?の人から、国会図書館前で発言しろ−−みたいな呼びかけがあり、断る理由もないので、素直に応じました。
 そこでぼくが喋ったのは三題噺で−−。

 まず、元号について
 官庁や右翼の人たちは元号が好きで、例えば千葉県教委でいうと、高校統廃合に関連して、「平成34年」などと書いたりする。
 存在しないはずの年号を書くなんて、「愛国心」に欠けてるような気がする−−って、ウソだけど。
 そんな人たちも、天皇退位は2019年4月末で、新天皇の即位は19年の5月1日と書いたりする。
 実は元号がどんなに好きでも「未来のこと」を元号で表すことはできないんだよね。
 「100年後の平成130年には」なんて悪い冗談にしかならない。

続きを読む

2018/4/16

非人道的細菌兵器を侵略戦争で使っていた日本の731部隊  ]平和
 ◆ <情報>「731部隊」の隊員3607名全員の氏名が公表されました!
   皆さま     高嶋伸欣です


 昨夜、シリアへのミサイル攻撃は国内向け政治的パフォーマンス効果をねらったトランプ流「軍事行動」ではないかと思いながら、ネットで各種情報を見ていたところ、日本軍の旧悪「731部隊」の隊員3607人の実名が公表された、という記事に行き当たりました。
 下記の京都新聞の記事です。

 化学兵器細菌兵器との違いはありますが、共に国際法違反のものですので、シリアでの化学兵器使用問題とリンクする形で、日本国内の全国ニュースになるものと思いましたが、今朝の『朝日』『東京』『産経』『世界日報』では全く言及されていませんでした
 改めて、ご参考までに「京都新聞」の記事を紹介いたします。

続きを読む

2018/4/15

東京五輪教材裁判始まる  Y暴走する都教委
 ◆ 都教委が全校配布した五輪学習読本は「違憲・違法」
   保護者含む都民94人提訴
(週刊新社会)
クリックすると元のサイズで表示します
増田都子・元千代田区立中学校教諭、長谷川直彦弁護士、増山さん、高嶋さん(左から)、撮影は永野厚男

 2020年開催の東京五輪に向け、東京都教育委員会が16年4月から都の全公立学校(小学校4年〜高校3年)に、「年間35時間程度」五輪教育実施を義務化するに際し、合計1億6285万円余をかけ五輪教材を配布した。
 その行為に対し、保護者を含む都民ら94人が提訴した損害賠償請求訴訟の第1回弁論が3月22日、東京地裁(上田哲裁判長)で開廷した。

 都教委作成・配布の『オリンピック・パラリンピック学習読本』(以下『五輪学習読本』)、映像教材DVD、『五輪学習読本・映像教材活用の手引』(いわゆる教師用指導書)のうち、

続きを読む

2018/4/15

不起立処分撤回!大阪市人事委員会申立て「不起立の思い」  X日の丸・君が代関連ニュース
 ◆ 国旗・国歌学習資料配布を禁じた大阪市教委
   生徒が教職員の不起立を目にすることが処罰の理由?

[大阪市立中学校教員(再任用)] 松田幹雄

 私は、58歳で転勤した中学校で、転勤1年目に担任した生徒の卒業式(2015年3月)での「君が代」不起立を理由に、5月に戒告処分を受け、7月に大阪市人事委員会に処分取り消しの審査請求を行いました。それから3年後の今、やっと、今後の進行について話し合い、証人を決める準備手続き(2018年4月24日)の段階に来ました。
 誰を証人申請し、何を明らかにするために何を聞くか、補佐人の人たち(弁護士・支援者)とともに検討しているのですが、私がこの人事委員会審査請求を通して問うべきことがはっきりしてきたように思います。
 それは、「卒業式で生徒が教職員の不起立を目にすることは教育を阻害することなのか?

続きを読む

2018/4/15

NONUKES voice15掲載「原発は人々の活力を奪う」木幡ますみさんの文章を読んで…雑感  ]Xフクシマ原発震災
  たんぽぽ舎です。【TMM:No3340】
 ▼ 「津波なんて絶対に来ない!もし来たら俺がなんとかする!」って
   勝俣恒久社長(当時、東電社長)は言いました。
(会場爆笑)(2004年)
小山芳樹(たんぽぽ舎ボランティア)

 せっかく定期購読しているのだから、たまにはしっかり読もうと「NONUKES voice15」を開きました。
 現在、福島県大熊町町議会議員の木幡ますみさんの文は、大変興味深いと思います。
 深刻な話の中にも、ユーモアたっぷりで講演を聞いても文章を読んでもあっという間に時間がたってしまいます。
 小見出しと共に若干の引用も含めて紹介いたします。

 ◎「特攻隊員だった義父は原発に反対だった」
 ◎「知人友人たちの早過ぎる死」
 ◎「勝俣恒久が私に言ったこと」
 木幡さんが2004年に東電福島第一原発のモニターになった時の話。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ