2018/4/4

4.5主権者が政治を変える!さくら祭り  ]平和
 ◆ 4.5主権者が政治を変える!さくら祭り
クリックすると元のサイズで表示します

 4月5日(木) 16:00〜20:30
 東京都台東区上野公園2 上野恩賜公園野外ステージ


 私たちを取り巻く様々な諸問題(沖縄・モリカケスパ・安保違憲・共謀罪・脱原発・多文化・憲法など)は山積しています。何よりも「安倍一強」を打ち砕くべく、永田町の立憲野党の皆さまとも協力しながら「政治を変える運動」等の活動を続けている様々な団体・グループ及び個人が一同に集まるイベントを下記の要領で開催いたします。


 1.日 時:2018年4月5日(木)16:00〜20:30
      (開場15:00 お早めにお越し下さい)
 2.会 場:上野恩賜公園野外ステージ(1200席)
        JR上野駅から徒歩5分
 3.参加費:500円(学生など無料)
       (当日は来場者からカンパも募ります)

続きを読む

2018/4/4

金正恩の訪中をテレビで知った安倍首相の失態と底が見えた外交力 (by 高野孟)  ]平和
 平昌五輪以降の金正恩氏の「積極的外交」により、劇的な速度での展開を見せる朝鮮半島情勢。しかし、先日の金氏電撃訪中について一切の事前通告がなかった日本は、蚊帳の外に置かれていると言っても過言ではありません。
 ジャーナリストの高野孟さんは自身のメルマガ『高野孟のTHE JOURNAL』の中でその理由について詳細に分析、安倍首相はじめ政府・外務省やマスコミのレベルの低さにその原因を見ています。

 ◆ 朝鮮半島対話の流れから日本が取り残される理由
   ──偏光メガネを外して世の中を見ないと……


 平昌五輪をきっかけに朝韓、朝米の両首脳会議をひと連なりになるよう設営し、振り向きざまに自ら電撃訪中して朝中首脳会談を実現しそのプロセスへの支持を取り付ける──という金正恩=朝鮮労働党委員長の外交展開は、まことに鮮やかで、これで朝鮮半島“危機”は一気に多角的な対話による平和的解決の方向に切り替わった。

続きを読む

2018/4/4

英語の諺「猫に九生あり」を上回ると譬えられた安倍首相のしぶとさ  ]平和
 ◆ 狡猾でしたたかな安倍首相の『逃げ』にご用心!
   エコノミスト 2018年3月15日


 安倍首相という人物は、どうやら猫よりもさらにしたたかな習性を持っているようです。
 (原文は has often appeared to have more lives than a cat. 英語には A cat has nine lives. 『猫は叩いたぐらいではなかなか死なない』という意味の諺があります)。

 昨年も首相夫人である安倍昭恵氏と交友関係のある人物が経営する超国家主義教育機関である森友学園に対し、財務省の地方機関が国有地を常識はずれなほど安い価格で払い下げたスキャンダルも何とか切り抜けました。
 スキャンダルの中身は - 安倍氏自身は否定していますが - 学校の建設予定地になった国有地が払い下げられた際、安倍首相との個人的なつながりを理由に法外な値引きが行われたというものです。

続きを読む

2018/4/4

国連第37回人権理事会3月23日閉会:peace 9 Oral statement 原稿  Z国際人権
A/HRC/37/NGO/66
Oral statement
Written Statement for the 37thSession of the Human Rights Council
(February 26 to March 23)

Japanese Association for the Right to Freedom of Speech (JRFS)
NGO in Special Consultative Status with the ECOSOC

Project  peace 9
19 March 2018
Tsuneko KAKIUCHI

Article 9 of Japanese Constitution is a treasure for Japanese people
as well as for all the citizens of our planet.

続きを読む


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ