2018/4/12

右翼偏向古賀都議が繰り返した教育への「不当な支配」  Y暴走する都教委
 ◆ 繰り返される性教育バッシング (東京新聞【こちら特報部】)

 東京都足立区の中学校で行われた性教育の授業について、都議から「不適切」と指摘を受けた都教委が指導に乗り出した問題。実は2003年にも、そっくりの出来事があった。都立七生(ななお)養護学校(日野市、現・七生特別支援学校)の教え方が、今回と同じ都議らから「過激性教育」とバッシングを受け、校長らの処分に発展。国政での同様の動きと合わせ、教育現場の萎縮をもたらした。繰り返されたバッシングに、現代の若者の性を知る識者らは憤る。(石井紀代美、中沢佳子)

 ◆ 「避妊」「中絶」指導を問題視
 問題視された授業は足立区立中学校で今年三月五日、三年生の総合的な学習の時間として行われた。テーマは「自分の性行動を考える」
 同中学校は人権教育の一環で「性に関する学習」に力を入れており、パネルディスカッションなどを通して、社会問題化している中高生の妊娠、人工妊娠中絶などについて考えさせるのが目的だった。

続きを読む

2018/4/12

「働き方改革法案」労政審の学識者はなぜ「答申」の撤回を求めないのか  ]U格差社会
 ◆ データはウソで情けもない (労働情報 VOICE)
   東海林 智(ジヤーナリスト)


 首相が『今国会の目玉』と標榜した「働き方改革推進一括法案」が、ボロボロになってきた。裁量労働制の対象拡大は撤回したが、高度プロフエッショナル制度(残業代ゼロ制度)はまだ未練がましく抱えているので安心はできないが、“目玉”は国会の序盤で、その腐った正体をさらしている。
 法政大の上西充子教授を中心にした、裁量制は一般労働者より労働時間が短くなるという厚労省の“偽造”データの追及は、法改正の根拠を鋭く突いた。労働時間が短くなる根拠はないのだから、やる必要はないわけだ。

 その後、さらに決定的なことがあった。野村不動産で裁量労働制を違法に適用された男性社員が、過労自殺して労災認定されていた。

続きを読む

2018/4/12

共謀罪と大逆事件、そして「君が代」不起立、心の中の「確固たる意思」はそれだけで「罪」なのか?  X日の丸・君が代関連ニュース
  =第32回「山田さんを支える会」=
 ☆ 永嶋靖久弁護士講演会のお知らせです。


 4月15日(日) 2時〜 高槻市民会館306号室
   (高槻市民会館は、高槻現代劇場の一角にあります。阪急高槻駅から南へ171号線をこえて約5分。駐車場は無料)
 ☆ 永嶋靖久弁護士の講演
   『共謀罪と大逆事件』―そして「君が代」不起立について考える

 都合がつきましたら、ぜひ、ご参加下さい。

 曖昧な「2人以上で計画」が処罰される共謀罪の時代に、我々は大逆事件をどのようにふり返るのか・・・
 「宮下太吉の爆裂弾製造を手かがりに、天皇暗殺を企てたとみなされた幸徳秋水ら26人が『大逆罪』で公判にふされ」、

続きを読む


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ