2018/4/15

東京五輪教材裁判始まる  Y暴走する都教委
 ◆ 都教委が全校配布した五輪学習読本は「違憲・違法」
   保護者含む都民94人提訴
(週刊新社会)
クリックすると元のサイズで表示します
増田都子・元千代田区立中学校教諭、長谷川直彦弁護士、増山さん、高嶋さん(左から)、撮影は永野厚男

 2020年開催の東京五輪に向け、東京都教育委員会が16年4月から都の全公立学校(小学校4年〜高校3年)に、「年間35時間程度」五輪教育実施を義務化するに際し、合計1億6285万円余をかけ五輪教材を配布した。
 その行為に対し、保護者を含む都民ら94人が提訴した損害賠償請求訴訟の第1回弁論が3月22日、東京地裁(上田哲裁判長)で開廷した。

 都教委作成・配布の『オリンピック・パラリンピック学習読本』(以下『五輪学習読本』)、映像教材DVD、『五輪学習読本・映像教材活用の手引』(いわゆる教師用指導書)のうち、

続きを読む

2018/4/15

不起立処分撤回!大阪市人事委員会申立て「不起立の思い」  X日の丸・君が代関連ニュース
 ◆ 国旗・国歌学習資料配布を禁じた大阪市教委
   生徒が教職員の不起立を目にすることが処罰の理由?

[大阪市立中学校教員(再任用)] 松田幹雄

 私は、58歳で転勤した中学校で、転勤1年目に担任した生徒の卒業式(2015年3月)での「君が代」不起立を理由に、5月に戒告処分を受け、7月に大阪市人事委員会に処分取り消しの審査請求を行いました。それから3年後の今、やっと、今後の進行について話し合い、証人を決める準備手続き(2018年4月24日)の段階に来ました。
 誰を証人申請し、何を明らかにするために何を聞くか、補佐人の人たち(弁護士・支援者)とともに検討しているのですが、私がこの人事委員会審査請求を通して問うべきことがはっきりしてきたように思います。
 それは、「卒業式で生徒が教職員の不起立を目にすることは教育を阻害することなのか?

続きを読む

2018/4/15

NONUKES voice15掲載「原発は人々の活力を奪う」木幡ますみさんの文章を読んで…雑感  ]Xフクシマ原発震災
  たんぽぽ舎です。【TMM:No3340】
 ▼ 「津波なんて絶対に来ない!もし来たら俺がなんとかする!」って
   勝俣恒久社長(当時、東電社長)は言いました。
(会場爆笑)(2004年)
小山芳樹(たんぽぽ舎ボランティア)

 せっかく定期購読しているのだから、たまにはしっかり読もうと「NONUKES voice15」を開きました。
 現在、福島県大熊町町議会議員の木幡ますみさんの文は、大変興味深いと思います。
 深刻な話の中にも、ユーモアたっぷりで講演を聞いても文章を読んでもあっという間に時間がたってしまいます。
 小見出しと共に若干の引用も含めて紹介いたします。

 ◎「特攻隊員だった義父は原発に反対だった」
 ◎「知人友人たちの早過ぎる死」
 ◎「勝俣恒久が私に言ったこと」
 木幡さんが2004年に東電福島第一原発のモニターになった時の話。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ