2018/4/17

根津公子の都教委傍聴記(2018年4月12日)  Y暴走する都教委
 ◆ 足立区の性教育問題への論議なし (レイバーネット日本)

 公開議題は@来年度使用の都立高校用教科書採択について A「英語『話すこと』の評価に関する検討委員会」の設置について。どちらも報告。
 非公開議題が教員の懲戒処分についての報告。今回は議案ではないので、戒告か減給処分なのだろう。

 @来年度使用の都立高校用教科書採択について
 高校の教科書採択は毎年8月に行われていて、今日は採択までの流れと採択方針についての説明報告。「採択は、採択権者である東京都教育委員会が自らの責任と権限において、適正かつ公正に行う」など、今年も昨年までと同じことが報告された。
 2013年から2016年まで、「日の丸・君が代」に関し、「一部自治体で公務員への強制の動きがある」と記述した実教出版「高校日本史A」「高校日本史B」について、都教委は「都教委の考え方と異なる」と各学校に通知し、学校が選定することを事実上禁止してきた

続きを読む

2018/4/17

福島の政治家が衝撃暴露「復興は原発セールス」「高度汚染地域に住民を戻して、地域を発展させる」  ]Xフクシマ原発震災
 ▼ 【原発】福島の政治家がついに決死の大暴露! (TOCANA)
   「政府は現実をことごとく隠す」「復興は原発セールスのため」「動植物の奇形も増加」(インタビュー)


 東日本大震災から7年――。安倍首相は去年(2017年)を一つの“節目”と考え、それまで3月11日に合わせて開いてきた首相記者会見を取りやめた。しかし、福島原発から放射能が垂れ流しになっている状況はまったく変わらず、海も汚染され続けている
 大手メディアに“忖度”の嵐が吹き荒れ、「放射能」という言葉を用いることさえ躊躇うほど萎縮した今、いったい誰がこの国のことを本当に愛し、真剣に将来の国民の幸せを考えているといえるのだろうか?
 そのような中、放射能問題を真正面から取り上げ、真実を叫び続けながら孤軍奮闘してきた福島の政治家がいる。福島県広野町議会議員の阿部憲一氏だ。

続きを読む

2018/4/17

世界平和アピール七人委員会「米朝会談の成功を願い、日本の貢献を期待する」アピール  ]平和
WP7 No.129J 2018年4月15日
◎ 米朝会談の成功を願い、日本の貢献を期待する
世界平和アピール七人委員会
武者小路公秀 大石芳野 小沼通二 池内了 池辺晋一郎 高村薫 島薗進

 私たち世界平和アピール七人委員会は、ドナルド・トランプ米国大統領と朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)のキムジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長の会談の合意と成功を願い、韓国のムンジェイン(文在寅)大統領の朝鮮半島の安定化への努力を多とする。
 米国と北朝鮮の圧力の応酬の中で、私たちは東アジアの安定した平和を願ってきた。北朝鮮への圧力は、対話路線に導くための手段でなければならなかった。対話路線の兆しが見えた時、トランプ政権は非公開接触を続けてきたことを認め、対話を選んだ

 しかるに安倍晋三首相は、その後も圧力強化を主張しつづけ河野太郎外相は3月31日の講演で「(北朝鮮が)次の核実験の用意を一生懸命やっている」と発言し、核実験場での活動が激減し、3月5日以後止まっていると米国からいわれて、反論を示せずにいる

続きを読む


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ