2018/7/25

第8回「日の丸・君が代」問題等全国学習・交流集会資料から(2)  X日の丸・君が代関連ニュース
★ 2018年大阪での卒業式・入学式状況について
2018年7月22日現在
「日の丸・君が代」強制反対大阪ネットワーク

 1.「君が代」不起立処分について(卒業式)

 (1)60才府立校教員の卒業式「不起立」戒告処分発表(3/29)
 (2)Sさん「不起立」
   →「事情聴敢」(3/20)→処分辞令手交(5・18)→「研修」済
 (3)増田さん「不起立」(2/28)
   →校長聴取・顛末書(雛形あり)→府教委「事情聴取」(4/21)に際し、立ち合いを要請したが府教委は認めず。〔一昨年の藤岡さんの時の対応(支援者の待機や助言、校長報告の提示)までは認めさせた〕
   →処分辞令を手交(5/18)→「研修」(6/21延期→7/11)への抗議行動 20名数名の支援者とともに、府庁別館1階にて府教委担当責任者に増田さんの要望に対する回答を要求。

続きを読む

2018/7/24

第8回「日の丸・君が代」問題等全国学習・交流集会資料から(1)  X日の丸・君が代関連ニュース
★ 強権を破る“あたりまえ”の民主主義を ☆
第8回「日の丸・君が代」問題等全国学習・交流集会2018に寄せて
「日の丸・君が代」強制反対大阪ネット代表 黒田伊彦

★ 強権支配に抗し、憲法理念の実現の闘いを!

 @政府は、今年は明治150年だ、「明治の精神に学び、日本の強さを再認識する」、10月23日は明治改元150年として記念式典を行うという。
 明治の精神を司馬遼太郎の「坂の上の雲」のように「健康なナショナリズム」と捉えている。
 だが、明治150年史観は侵略と差別の帝国主義を国運の拡大と是認するものに他ならない。
 他民族の殺戮と抑圧、国内の自由の剥奪と収奪の負の側面を無視し、その事実の忘却を強制するものである。

続きを読む

2018/7/24

アベを倒そう!(411)<7・21「ひのきみ全国ネット」会議>  X日の丸・君が代関連ニュース
<転送歓迎>(重複ご容赦)・「都教委包囲首都圏ネットワーク」、・「新芽ML」、・「ひのきみ全国ネット」、・「戦争をさせない杉並1000人委員会」の渡部です。

 7月21日、大阪にて、▲ 「ひのきみ全国ネット」全国会議が開かれ東京、大阪などからこの間の「君が代」裁判に関わった原告など28名が参加し、この間の大阪や東京での判決についての検討が行われました。

 その中で、明らかになったのは、一言で言えば、この間の「日・君」裁判は、もはや、憲法で定めてある「良心に従い独立してその職権を行い、この憲法及び法律にのみ拘束される」裁判ではなく、裁判の名にも値しない「アベ忖度裁判」に成り下がったという事でした。
 7月19日に出された「再雇用2次裁判」の逆転判決では、これまでの「一審」、「二審」の判決を全く顧みることなく否定し、まだやってもいないことを取り上げ、「被上告人らを再任用職員等として採用した場合に被上告人らが同様の非違行為に及ぶおそれがあることを否定し難いものと見ることも、必ずしも不合理であるということはできない」とまで述べ、不合格にしたのは「著しく合理性を欠くもの」ではなかったとしています。

続きを読む

2018/7/24

元東電社員が語る原発行政のウラのウラ  ]Xフクシマ原発震災
   たんぽぽ舎です。【TMM:No3419】地震と原発事故情報
  《7/11東電本店合同抗議主催「東電は責任をとれ」連続講座》
 ◆ 「東電は原発を運転する資格も余力もない」「柏崎刈羽原発の再稼働なんてとんでもない」
   〜蓮池 透さんのお話を聞いて

横田朔子 (たんぽぽ舎ボランティア)

 蓮池 透さん(元拉致被害者「家族会」事務局長)は元東京電力の社員で、長年原子燃料サイル部で働いてこられた方です。
 今回のお話は、エンジニアとしての専門分野に関するものではなく、東電内部のどうしようもない構造的な体質、通産省(※)と東京電力の癒着の実態をラフな言葉で語られました。その概要を報告します。以下、◎は蓮池 透さんのお話から引用です。

 ◎ 東電に原発を運転する資格はない!

 東京電力の借金は昨年で10兆円を超えている。その東電が今年は黒字決算となっている。膨大な借金を収入とみなし、黒字にさせた

続きを読む

2018/7/23

アベを倒そう!(410)<「?オリンピック教育」批判ビラまき(89)>  X日の丸・君が代関連ニュース
<転送歓迎>(重複ご容赦)・「都教委包囲首都圏ネットワーク」、・「新芽ML」、・「ひのきみ全国ネット」、・「戦争をさせない杉並1000人委員会」の渡部です。

 ▲ 「オリンピック教育」批判ビラまきの続報です。

 (7月17日(火))
 <福生高校>
(「授業してたのに処分」の福嶋さんからです)
 7時40分〜8時45分 74枚
 朝から日差しが強く暑い日でした。
 開始早々、校長からありきたりの丁寧なご挨拶。
 生徒の受け取りもよい。
 しかし少したった頃から生徒の受け取りが今ひとつ。
 副校長からもご挨拶。こちらの健康を気遣ってくださる。
 生徒の受け取りが今ひとつのまま、、
 それでも74枚配布できました。
 (前回は100枚いったのに、、幻だったか。)

続きを読む

2018/7/23

再雇用2次最高裁逆転判決の報道記事から(2)  X日の丸・君が代関連ニュース
  《毎日新聞 社説》
 ◆ 君が代「再雇用拒否」判決 行政の裁量広げすぎでは


 入学式などで起立して君が代を歌わなかったことが、退職後の再雇用を拒まれる理由になるのか。
 東京都立高校の元教諭22人が都に損害賠償を求めていた訴訟で、最高裁が1、2審判決を覆し、原告側の訴えを退けた。

 判決は、原告らの行為が、式典の秩序や雰囲気を一定程度損ない、式典に参列する生徒への影響が伴うことは否定し難いと指摘した。
 その上でこう述べた。
 当時の再雇用制度は、採用を希望する者を原則として採用しなければならない法令の定めはなかった勤務成績の評価は任命権者の裁量に委ねられており、不採用は著しく合理性を欠くとは言えない−−。

 だが、これでは、採用側の裁量を広く解釈しすぎていないか。

続きを読む

2018/7/23

アベ友と極右教科書をめぐる利権の構造(後編)  ]Vこども危機
 ◆ アベ友・八木秀次とヘイト・晋遊舎の道徳教科書が自治体に事前売り込み!
   教科書に安倍首相の演説が丸々1ページも
(LITERA)


 前編では、安倍首相の極右教育のブレーンである八木秀次・麗澤大学教授が理事長をつとめる「日本教育再生機構」(以下、再生機構)に、これまた首相と八木氏の息のかかった自治体首長による「教育再生首長会議」(以下、首長会議)を通じ、巨額の公金が横流しされていたことを紹介した。
 これは沖縄タイムスが15日付でスクープしたものだが、実はこの“アベ友”団体間の利権構造をめぐっては、もうひとつ重大な疑惑が浮かび上がっている。

 それが、八木氏が首長会議をつかって、自前の教科書を文科省への申請中にも関わらず、売り込みをかけていたという疑惑だ。
 前編でも言及したように、教科書をめぐっては、検定・採択の公平性を担保するため、採択期間などにおける宣伝や広告が制限されている。

続きを読む

2018/7/22

アベ友と極右教科書をめぐる利権の構造(前編)  ]Vこども危機
 ◆ 安倍首相のブレーン・八木秀次率いる極右教育団体に1200万もの公費が横流し!
   教科書採択運動の裏にアベ友利権
(LITERA)


 安倍政権が推し進めている極右教育をめぐり、沖縄タイムスが15日付1面で報じたスクープが話題になっている。
 安倍首相の“極右教育政策のブレーン”が率いる民間団体に、各自治体から少なくとも1220万円もの公費が投じられていたことをすっぱ抜いたのだ。

 この首相の“極右教育政策のブレーン”とは、八木秀次・麗澤大学教授だ。周知の通り、八木氏といえば日本会議とも近い“極右御用学者”で、「日本教育再生機構」(以下、再生機構)という歴史修正教科書の制作・採択運動などを行う極右団体の理事長を務めている。
 沖縄タイムスのスクープは、その八木氏率いる再生機構に、保守系の自治体首長ら131名でつくる「教育再生首長会議」(以下、首長会議)を通じ、事務局委託金の名目で、2017年度までに計約1220万円が支払われていたというもの。

続きを読む

2018/7/22

アベを倒そう!(408)<儒教と元号、「?オリンピック教育」批判ビラまき(88)>  X日の丸・君が代関連ニュース
<転送歓迎>(重複ご容赦)・「都教委包囲首都圏ネットワーク」、・「新芽ML」、・「ひのきみ全国ネット」、・「戦争をさせない杉並1000人委員会」の渡部です。

 ▲ 最近、戦前回帰現象が見られる。
 戦後ぐらついた天皇制が息を吹き返すかのように「君が代」を強制するようになり、「修身科」の復活とも言える「道徳の教科化」が起きている。そして、その道徳では「徳目」が重視され、再び儒教的な色彩が強まっている。
 ところで、中国では、1911年の辛亥革命以降、「清王朝」はその後も13年間<清室優待条件>という形で紫禁城の中で生き続けた。
 その当時のことが、『紫禁城の黄昏』(R.F.ジョンストン著)という本に述べられている。この本には、当時の儒教に関し次のように述べられている。

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 徐(世昌)は・・・1918年10月10日、正式に大総統に就任したのであるが、彼を選出した議会はそれより以前に、すでに孔子の生誕記念日を今後国民的休日にする、と宣言して、その保守的な心情をあきらかにしていた。

続きを読む

2018/7/22

東電福島原発刑事訴訟傍聴者に対する東京地裁の異常なチェック  ]Xフクシマ原発震災
 ▼ 傍聴者への過剰検査は何のため (労働情報)
武藤類子(福島原発告訴団団長)

 私たち福島県民や全国の1万5千人は、2012年に東京電力幹部の事故の責任を刑事告訴し5年越しでようやく刑事裁判が始まりました。今、東京地裁で月に4、5回というハイペースで公判が行われています。
 この裁判は検察庁が不起訴にしたものを、一般市民からなる検察審査会が議決して決まった大切な裁判です。
 この裁判には原発事故の被害者をはじめとして、事故の責任に関心を持つ沢山の方が早朝から傍聴に駆けつけてきます。
 10時から17時までの長い裁判傍聴は大変なことですが、何より驚くのは傍聴席に着くまでに行われる裁判所のチェックです。

 まず裁判所入口で金属探知機ゲートをくぐり、荷物検査。
 その後、法廷前の廊下に並び筆記具と貴重品以外の荷物を預けます

続きを読む


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ