2018/7/28

根津公子の都教委傍聴記(2018年7月26日)  Y暴走する都教委
 ◆ 一言の意見交換もなく来年度使用の中学校道徳教科書を採択 (レイバーネット日本)

 指導部長が「検定済み教科書発行者一覧の中から投票を」と提案し、それが承認されたところで、宮崎教育委員から「私が84年に書いた文章を掲載した教科書があるので、採択から外れたい」と申し出があり、宮崎教育委員は退席。直ちに投票に入った。数分で投票が終わると、担当職員がそれを回収し、別室で集計作業。結果の発表となった。

 採択に先立ち3通の請願書が出されていたが、今回もそれに対して論議された形跡はない。憲法16条が保障する請願権を都教委は反故にしている。
 請願の趣旨は4点。
 「@採択にあたっては、政治的圧力や思惑を排し、学校現場の意見を十分に尊重して採択すること
  Aそれぞれの学校が最もふさわしいとして要望した教科書を採択すること
  B特に問題が各方面から指摘されている日本教科書の教科書は、採択しないこと

続きを読む

2018/7/28

第8回「日の丸・君が代」問題等全国学習・交流集会資料から(5)  X日の丸・君が代関連ニュース
 ★ 戦争と「日の丸・君が代」・天皇制に反対します
2018.7.22.
佐藤訓子(元豊中市立小学校教員)

 ★ 「戒告処分」撤回訴訟(2012年3月卒業式での「君が代」不起立・戒告処分)

 内藤判決は、最高裁判決(2011年)の引用と私の地裁判決(「君が代」解雇裁判)をなぞった不当判決でした(2018年3月26日)。「日の丸・君が代」に反対します、の発言については、次のように書き、処分は憲法に違反しないとしました。
 ▲本件行為のうち、「『日の丸・君が代』に反対します。」との発言は、原告の思想・良心を外部に表現する行為であるところ、思想・良心が内心にとどまっている場合はともかくそれを外部に表現する行為については、公共の福祉の観点から制約を受けるものである。
 ▲卒業式は卒業生を送り出す学校における重要な儀式的行事であり、原告が自身の思想・良心を発露するではない。

続きを読む

2018/7/28

杉田水脈議員と自民党に、LGBTQに対する暴言の撤回と謝罪を求める署名  
 ◆ 《Change.org》「生産性がない」から権利もない?
   ローザ・フォルマー - Avaaz


みなさま
 自由民主党の杉田水脈議員が再び暴言です。
 LGBTQ(性的マイノリティ)のカップルについて月刊誌で「子どもをつくらない、つまり『生産性』はない」と記述した上、生産性のない同性愛の人たちを行政で支援する必要はないという持論を展開したのです。
 これは、一国の議員としての資質を欠く暴言です。今すぐ、自民党幹部に発言の撤回と正式な謝罪を求めましょう。

 杉田議員が当選した2017年の参院選で、自民党は、性的少数者をめぐる理解増進を図る方針を掲げています。現に、一部の自民党議員は杉田氏の暴言を批判していますが、党幹部はコメントを控えほとぼりが冷めるのを待っているだけです。

☆ 今すぐ謝罪を求める ☆


続きを読む


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ