2018/8/1

安倍内閣の連続死刑「断行」は世界の恥だ  ]平和
 ◆ 2018年恐怖の7月 (東京新聞【本音のコラム】)
鎌田 慧(かまたさとし・ルポライター)

 「死者たちに如何にして詫(わ)ぶ赤とんぼ」
 一年三カ月前、獄死した死刑囚・大道寺将司の俳句である。
 一九七四年八月三菱重工爆破事件を起こして、八人の死者と三百七十六人の負傷者をだした大道寺は、被害者を想いながら句作を続け六十九歳になる手前で病死した。

 「残骸の獄屋(ひとや)の梁(はり)に寒鴉(かんがらす)」。
 この荒廃の風景は処刑後の世界だろうか。わたしは大道寺の病死を知って、処刑でなくてよかったと思った。病が重かったのは、彼の支援者たちの交流誌「キタコブシ」を読んでいたので知っていた。

 あらためて書庫から句集『友へ』『棺一基』を取り出したのは、オウム死刑囚十三人の大量処刑、この恐怖の七月の異常さに突き動かされたからだ。

続きを読む

2018/8/1

日本の大量死刑執行に世界各国から抗議声明  ]平和
 ◆ 駐日欧州連合代表部(EU)が日本の死刑執行に抗議声明!
   「死刑は残忍で冷酷であり、犯罪抑止効果がない」


 日本政府がオウム真理教の幹部らの死刑を一斉に執行したことを受けて、世界各国から抗議声明が相次いでいます。
 駐日欧州連合代表部(EU=ヨーロッパ連合)は26日付で「日本で死刑が執行されたことを受けた現地共同声明」を発表し、「いかなる状況下での極刑の使用にも強くまた明白に反対し、その全世界での廃止を目指している。死刑は残忍で冷酷であり、犯罪抑止効果がない。さらに、どの司法制度でも避けられない、過誤は、極刑の場合は不可逆である」とコメントして日本政府を強く批判しました。

 死刑制度は犯罪抑止効果が全く無いとして、日本政府に対し残忍な死刑を止めるように今後も働き掛けるとしています。7月6日に麻原彰晃元死刑囚らの死刑が執行された時にも欧州は抗議声明を出しており、相次ぐ日本の死刑執行に強い懸念を示した形です。

続きを読む

2018/8/1

第8回「日の丸・君が代」問題等全国学習・交流集会資料から(9)  X日の丸・君が代関連ニュース
 ◆ 2017〜2018年 闘いつつ考えたこと
奥野泰孝

 ◆ 最高裁のこと
 昨年7月の私の主な報告は、減給処分取消の最高裁上告が却下されたこと。その時、第一小法廷の4人の裁判官の一人木澤克之が2016年7月に安倍内閣によって任命された弁護士出身の判事で、2016年6月まで学校法人加計学園の監事をし2015年度の会計監査報告で問題なしとしていた人物であるとも報告した。
 今年7月19日に君が代不起立で再任用拒否の都教委の裁量権を認める、不当判決を出した第一小法廷山口厚裁判長は、2017年1月に任命され起前任の弁護士出身判事の後任として日弁連は7名の候補者を2016年11月に最高裁へ提出(推薦)。最高裁が一度提出したリストを内閣は突き返し、実際は弁護士枠というより学者枠に入る山口氏をねじ込んで閣議決定した。

 司法の在り方がおかしいと思い調べていて、泉徳治元最高裁判事の著書「一歩前へ出る司法」(日本評論社、2017年)を見つけた。

続きを読む


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ