2018/8/18

2018人種差別撤廃委員会日本政府報告審査始まる  Z国際人権
  《前田朗blogから》
 ◆ 人種差別撤廃委員会 非公式会合


 8月14日午前、人種差別撤廃委員会は、今週に審査対象となった国に関連するNGOとの非公式協議を行った。モーリシャス、キューバ、日本である。
 人種差別撤廃委員会は、条約を締結した国が提出した報告書を審査する。しかし、委員は世界各国の実情を知っているわけではない。そこで、NGO報告書が重要な役割を果たす。政府報告書とNGO報告書を対比することで実情が見えてくる。
 このためNGO報告書の提出が認められてきたが、さらにNGO報告書の提出から直接話を聞く機会を設定した。それが非公式会合である。名称は非公式会合だが、委員会のスケジュールに組み込まれ、通常の会合と同様に3時間かけて行われる。

 14日午前の非公式会合では、モーリシャス、日本、キューバの順でNGO代表がそれぞれの関心事項を委員会に口頭で報告した。以下、日本関連

続きを読む

2018/8/18

維新支配下の大阪市の学校教育に「まっとうな教育」を取り戻す展望  X日の丸・君が代関連ニュース
  =7月13日、D−TaC結成3周年集会=
 ◆ 「えらいこっちゃで 大阪の教育」報告


 D−TaCは、結成3周年の2018年7月13日、総会を兼ねて「えらいこっちゃで 大阪の教育」と題した集会を開催しました。
 タイトルは、「大阪市の教育のあり方に疑問を感じているが、『君が代』強制問題にはそれほど関心がなかったという方にも参加してもらいたい」との思いを込めて決めたものです。
 市民の立場から今の大阪市の教育のあり方を危惧しておられる地域情報誌制作スタッフの向井美香さんに聞き手をお願いし、松田さんのお話を聞く企画を中心とする集会にしました。
 松田さんには、「日の丸・君が代」強制に始まる維新支配下の大阪市の学校教育がどれだけ「えらいこっちゃ」状態になっているのか、「君が代」強制を打ち破る取組みの中に「まっとうな教育」を取り戻す展望があると話してもらいました。

続きを読む

2018/8/18

近藤順一の〈中国通信1570〉“平和と英霊”天皇と安倍のタッグ  ]平和
 皆様へ、日中友好と教育の自由のために〈中国通信1570〉を送ります。重複お許しください。ご意見ご批判をお願いします。転送OK。*記事の中国語原文については大幅に(略)しています。全文を読みたい方はご連絡ください。

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ◆ 蒋豊:日本は歴史の結節点に直面している
   2018-08-15 ?球?? 蒋? 原文:環球時報 作者:蒋豊
   (日本語訳の簡約:近藤)


 1年に1度の“8・15”。中国を含む日本の侵略を受けた国ではこの日を日本の“敗戦日”と呼んできたが、73年来、日本は“終戦日”と呼んできた。
 これは文字上の違いだけではなく歴史観“戦争責任観”の問題である。

 来年4月には明仁天皇が退位し、今年は最後の“全国戦没者追悼式”である。

続きを読む


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ