2018/8/25

「主体的な学び」どころか政府見解を丸ごと刷り込む新科目「公共」  ]Vこども危機
 ◆ 22年実施 高校学習指導要領 文科省が『解説』を公表 (週刊新社会)

 文部科学省は「大綱的基準として各校の教育課程編成に法的拘束力あり」とする学習指導要領(以下、指導要領〉の高校版(3月30日官報告示)の『解説』を7月17日、東京大学で開催した中央説明会で公表した。
 指導要領で目標に「自国を愛し」と明記した公民科のうち、必修科目(2単位)の「公共」について『解説』は、「自ら考え、積極的に国家や社会に参画する環境が整いつつある」中で、「選挙権年齢及び成年年齢の引き下げなどを踏まえ」新設したと、主権者教育を意識した記述。
 しかし指導要領の「公共」の内容では、多様な意見のあるはず「我が国の安全保障と防衛、国際貢献を含む国際社会における我が国の役割など」について、

続きを読む

2018/8/25

8.11沖縄県民大会を大きく報じる海外メディア  ]平和
 ◆ 数万人の沖縄県民が誓った
   翁長知事の遺志を継いで辺野古への基地移転を阻止する!
(星の金貨 new)
   ブルース・コンヴィザー / ドイチェ・ヴェレ 2018年8月11日

クリックすると元のサイズで表示します

 米海兵隊基地の移転に対する反対の意思を表明するため、数万人の沖縄県民集まり台風が接近して強まる風雨に耐えていました。
 安倍政権はアメリカ軍海兵隊基地を新たに建設するための次の日に開始する予定にしていましたが、抗議を続ける沖縄県民はそれを阻止することを誓っています。
 安倍政権が人口密度の高い場所から島内の過疎地にアメリカ軍海兵隊基地を移転させようとしていることに対し、これを阻止することを誓った数万人の沖縄県民が8月11日、大規模な抗議行動を行いました。
 デモに参加した人々が望んでいるのは、普天間飛行場を日本の南部にある沖縄本島から完全に撤去することです。

続きを読む

2018/8/25

「一億総中流社会」は終わり、巨大な下層階級「アンダークラス」が新たに出現してきた  ]U格差社会
 ◆ 2025年「アンダークラス」1000万人超の絶望 (日経ビジネス)

 かつての日本は長く「一億総中流社会」などと言われてきたが、今やその影もなくなってしまった。格差拡大が進み“階級”が固定化してきている。
 そして、巨大な下層階級「アンダークラス」が新たに出現してきた。
 アンダークラスの平均年収はわずか186万円で、男性の未婚率は66.4%。その数はおよそ930万人だが、2025年には1000万人を突破するとみられている。
 雇用情勢の改善により人手不足が深刻化する日本で、10年ほど前に話題となった「ワーキングプア」の問題は今や消えてしまったかのようだ。しかし、格差は「自己責任」の名目の下で放置され、日本は今や「階級社会」と呼ばれる状態になっている。
クリックすると元のサイズで表示します

続きを読む


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ