2018/10/3

沖縄人のプライドの勝利、人間の尊厳に無知な強権政治の敗北  ]平和
 ◆ 希望の沖縄 (東京新聞【本音のコラム】)
鎌田 慧(かまたさとし・ルポライター)

 一カ月間に三回、前月を入れると四回、五日間。菅義偉官房長官の沖縄入り回数だ。県知事選挙で、自公など推薦候補の応援のためである。
 「私は危機管理を職務としていますので、特別な場合を除いて官邸の周辺から離れることはありません」(月刊「Hanada」十一月号)
 菅内閣官房長官の立て続けの沖縄訪問は、危機意識だった。
 なんの、安倍内閣の。あるいは「辺野古」米軍巨大新基地建設の成否が、日米関係の危機。安倍政権の危機感のすさまじさが、露骨にあらわれた選挙だった。

 佐喜真淳候補は、政権との一体化による所得向上を謳(うた)い、官房長官ともども携帯電話料金値下げを公約に若者の関心を引こうとしていた。

続きを読む

2018/10/3

アベを倒そう!(433)<沖縄県知事選、「オリンピック教育」批判ビラまき(99)>  X日の丸・君が代関連ニュース
<転送歓迎>(重複ご容赦)・「都教委包囲首都圏ネットワーク」、・「新芽ML」、・「ひのきみ全国ネット」、・「戦争をさせない杉並1000人委員会」の渡部です。

 昨日(9月30日)、大型台風24号が通り過ぎる中、▲ 沖縄県知事選が行われた。
 結果は、・玉城デニー候補 396,541票
      ・佐喜真 淳候補 316,521票
 で、玉城候補の大勝となった。

 今回の選挙は、実質的には「沖縄県民」対「安倍政権」の選挙であった。
 「安倍政権」は公明や維新・希望なども含め総力で「沖縄県民」に襲い掛かってきた。
 しかもできるだけ有利にしようと、「辺野古基地」という争点をぼかし、生活支援や経済振興を前面に出して票を獲得しようとした。
 しかし、「沖縄県民」は騙されなかった。また、彼らの総攻撃にも屈しなかった。
 そして、「オール沖縄」で勝利したのである。
 まさに弱い者同士が「辺野古基地反対」の明確なスローガンを掲げて連帯し、正面から立ち向かい強大な敵を倒したのである。

続きを読む

2018/10/3

沖縄県知事選たんぽぽ舎ボランティアへの電話インタビュー  ]平和
  たんぽぽ舎です。【TMM:No3473】地震と原発事故情報
 ▼ 沖縄県知事選勝利 −沖縄に行って感じたこと
   玉城デニーさん39万票は沖縄県知事選で過去最多の得票です

奥野節子さん(たんぽぽ舎ボランティア)に聞く(電話インタビュー)《メールマガジン編集部》

 たんぽぽ舎メールマガジン編集部は、沖縄県知事選応援に出かけた人々(たんぽぽ舎ボランティアの4人=女性2人、男性2人)に電話をかけました。
 とりあえず玉城デニー氏の当選が決まった直後(10月1日)沖縄へ電話をして、出てくれた奥野節子さん(神奈川県在住)へインタビューをしました。

 ◎ 感想はどうですか?
 「良かった」の一言に尽きます。本当に良かった。嬉しい。
 投票前日、こちらの選対の有力者から「ガクッとした」悪い選挙結果情報(予測)が流れてきて、みんなの気持ちが落ち込んでいた中での玉城デニーさんの当選。しかも8万票差の勝利なので、とても嬉しい。

続きを読む

2018/10/3

在沖縄のネット右翼活動家らが叫ぶトンデモ陰謀論(ジャーゴン)が佐喜眞陣営にとって痛打になった  ]平和
  【沖縄県知事選挙 現地レポ〜敗北の分析】
 ◆ ネット右翼に足を引っ張られた佐喜眞候補 (Yahoo!ニュース 個人)
古谷経衡 | 文筆家/著述家

 【1】ドキュメント9・30
 9月30日午後8時―。沖縄県知事選挙の投開票が始まるやいなや、玉城デニー氏に当選確実が出た。正直もう少し接戦になると思っていた。
 私は、早くも敗北が確定した佐喜眞淳陣営が勢揃いしているANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービューへと向かった。県庁裏の高台に位置する、那覇市内屈指の最高級ホテルである。
 午後8時15分、同ホテル2F大広間には、佐喜眞陣営の幹部らや支持者らが既に勢揃いして着席していた。むろん、報道陣も大挙詰めかけている。しかしこの大広間から発せられる空気は、無言の重圧にも似た鉛のような感覚であった。支持者らは誰も一言も発さない。談笑さえない。ただ真正面のテレビ画面を見つめている。いわゆる「お通夜状態」とはこの事を言うのだと私は痛感した。

続きを読む


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ