2018/11/6

2020都教委五輪読本は「私家版五輪(歪曲)読本」。2016誘致版読本との大きな違い。  Y暴走する都教委
 ◆ <報告>2016年五輪誘致用の学習読本は2020年五輪用よりもはるかにましです
   皆さま     高嶋伸欣です。


 先日のメールでとりあえずの情報をお知らせした都教委他が共同で作製した「2016年五輪誘致」用学習読本について、その小学校用だけでなく、中学校用と高校用それぞれの現物を杉並区立図書館で、ようやく見つけ出しました。
 どれもA4版55ページ、フルカラーです。「2020年五輪」用学習読本と異なるのは、「誘致」用の場合、都内の小中高校に希望の有無を聞いて、申込みのあった学校にだけ配布したということです。

 このため、「誘致」版の存在そのものが学校関係者、それも配布を希望した学校の教員や児童・生徒以外にはほとんど知られず、ましてその内容の詳細についてはほとんど分からないままだったのは当然だったことになります。
 そこで改めて「誘致」版の内容を具体的に見てみました。

続きを読む

2018/11/6

世界一高い供託金の廃止を!!立候補する権利をみんなの手に  ]平和
 ◆ 瓢箪通信「『供託金違憲訴訟11/2裁判』雑感」
   T.T.0564(ひょうたん島研究会)


 11月2日(金)昼、「世界一高い供託金の廃止を!! 立候補する権利をみんなの手に」をスローガンとする「供託金違憲訴訟」の裁判を傍聴するため、東京地裁に行きました。
 予定より少し早く地裁に着いたので、裁判所内1階ロビーの椅子に座って、しばらく新聞を読んでいました。昼過ぎから支援団体「支える会」の宣伝行動が行なわれるということで、一度裁判所の外に出て、宣伝を観客の一人として聴きました。
 まず弁護団長の宇都宮健児さんが裁判の意味について発言し、宣伝の最後に、原告のKさんが挨拶しました。その後、傍聴券抽選の列に並びましたが、定員内ということで抽選なしで全員が傍聴できました。
 公判−は刑事事件だけらしいので(片山さつきさんが教えてくれました)口頭弁論か?−が始まり、原告Kさんへの本人尋問が行なわれました。

続きを読む

2018/11/6

公立学校で唯一の戦闘訓練「銃剣道」の授業が終わる  ]Vこども危機
平塚市立土沢中学校で銃剣道が取り入れられている授業風景
(過去の開催から全日本銃剣道連盟提供)画像を一部修正しています。
クリックすると元のサイズで表示します
『カナコロ』(2017/12/16)http://www.kanaloco.jp/slideshow/298182


 ◆ 神奈川)平塚の土沢中、銃剣道の授業取りやめ (朝日新聞digital)
   遠藤雄二


 神奈川県平塚市立土沢中学校は、保健体育の授業で続けてきた銃剣道について取りやめることを決め、10月末に生徒と保護者に通知した。
 剣道の補完種目として2016年から1月にだけ実施していたが、不足していた剣道の防具がそろうめどがたったため、武道の授業は剣道だけにするという。
 授業での銃剣道の実施校は、全日本銃剣道連盟は「全国の中学校で土沢中だけ」としている。

続きを読む


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ