2019/4/17

被処分者の会による都教委要請行動(2019年4月)  X日の丸・君が代関連ニュース
  《澤藤統一郎の憲法日記から》
 ◆ あやまれ つぐなえ そして なくせ『君が代強制』


 弁護士の澤藤から、「君が代裁判4次訴訟」の弁護団を代表して、東京都教育委員会の情報課長に一言申し上げる。
 「10・23通達」発出以来、私は毎年々々、この季節にはこの場にやってきて、歴代の情報課長にもの申してきた。いつも、情報課長の後にいる極右というべき知事や、無能な教育長やお飾りの教育委員に語りかけてきた。私は、陳情や要請をしてきたのではない。憲法を知らず人権を知らない都教委に、怒りの抗議をしてきたのだ。
 私は、本件のような行儀のよい原告の事件ばかりを担当してきたわけではない。不当労働行為や争議介入をする乱暴な企業、解雇事件や、公害や、消費者被害や、労災職業病などの事件で、悪徳企業・悪徳商法と果敢に闘う事件の担当を経験してきた。いま、東京都がしていることは、悪徳企業・悪徳商法並みの反憲法的違法行為以外のなにものでもなく、嘆かわしいというほかはない。
 本日の抗議と要請は、3月28日の最高裁決定を受けてのもの。

続きを読む

2019/4/17

元横浜市教育委員長の今田忠彦氏が育鵬社教科書を採択した内幕を吐露  
 ◆ <緊急情報>今田忠彦著『横浜市が「つくる会」系を選んだ理由』
   本日16日発売!
   皆さま     高嶋伸欣です


 1.今朝(16日)の『産経』東京本社版に元横浜市教育委員長の今田忠彦氏の新著『横浜市が「つくる会」系を選んだ理由ー教科書採択の”熱い夏”』(1500円+税)を本日から発売、との記事が掲載されました(発行・産経新聞出版)。

 2 記事では「なぜ日本の歴史に誇りを持たせてはいけないのか、平成27年3月までの約9年間、国家の方向を左右することにつながる中学校の社会科、歴史・公民の教科書採択の最前線で教育委員長を務めた今田氏。4度の採択を通じて、教職員組合や市民団体から誹謗・中傷を受けた当事者が歴史の証言者として、その『闇』に鋭く迫ります」とあります。

 3 この時期になぜ? 来年の中学教科書の採択に向けた大枠が決まる今年の小学校教科書採択が話題になる5月以後を意識した?

続きを読む

2019/4/17

儲けファーストで、斜陽化した日本ブランド  ]U格差社会
 ◆ 偽装の官民一体 (東京新聞【本音のコラム】)
鎌田 慧(かまたさとし・ルポライター)

 「メード・イン・ジャパン」。ドイツ製と並ぶほどに安定的な品質を誇ってきた、日本ブランドもついに斜陽なのか。
 三菱自動車、日産自動車、スバルなどの燃費や検査の不正の発覚につづいて、スズキの二百万台もリコールと決まった。
 ブレーキやハンドル検査は、安全性つまりは人命に関わるもっとも重要な工程だが、ここが人員削減、手抜きされているのは儲(もう)けファースト、事故が発生しても構わない思想のあらわれだ。

 人間の命を守る住宅でも、レオパレス21に続いて、最大手の大和ハウスが販売した、賃貸アパート、一戸建て二千棟で建築基準法違反の恐れが発覚。これも人命尊重より儲け主義のあらわれである。

続きを読む

2019/4/17

本当に食べても安全ですか?  ]Xフクシマ原発震災
 ◆ 「世界が輸入禁止にしている日本の食品」をチラシにしました

イラスト・デザイン: 水谷ゆたか

 農林水産省「諸外国・地域の規制措置(平成24年8月27日現在)」より、輸入禁止の食材を抽出しました。
 (農林省資料のキャッシュ: http://kingo999.web.fc2.com/PDF/kensa.pdf
 輸入禁止ではなくても「政府作成の放射性物質の検査証明書」「産地証明(産地県)」を要求している諸外国・地域が多数あります。詳しくは、農林省の資料をご覧ください。

 ※ PDFにしています。
   ダウンロードはこちらから。 --> 世界が輸入禁止にしている日本の食材
http://happy-net.jp/uploader/Ban_on_import.pdf
 このチラシは、商業目的でなければ、ご自由にご活用ください。
 商業目的の場合は、下記の条件でご利用ください。
   1.使用目的が、脱原発であること
   2.改変しないで、そのまま使うこと
   3.イラストを描いた「水谷ゆたか」さんの名前を入れること

続きを読む

2019/4/17

普天間基地を、安倍首相のお膝元「長州出島」へ移設するのはいかが?  ]平和
 ◆ 普天間飛行場の移設先は、安倍首相の地元「下関市長州出島」が最適
   〜地政学的にも納得の場所と話題
(Net IB News)
クリックすると元のサイズで表示します

 ◆ 「在沖米軍は中国に対する抑止力」は妄想レベルのこじつけ
 24日の沖縄県民投票の結果を無視して、辺野古での新基地建設に突き進む安倍政権。政府は、普天間飛行場の移設先として「辺野古移転が唯一の解決策」と繰り返してきたものの、その根拠が明確に示されたことは、じつは1度もない。

 沖縄に米軍基地を集中させる根拠として民間レベルの議論でよく持ち出されるのは、中国の軍拡に対する「抑止力」になるとする説。しかし、こういった議論で語られる「抑止力」という言葉は、いまでは非現実的な「妄想」レベルのこじつけにすぎないことがわかっている。
 そもそも在沖米軍は米軍の世界戦略のなかに位置付けられており、日本を守るために駐留しているのではない。

続きを読む

2019/4/17

高校学習指導要領改訂と教科書<6>  ]Vこども危機
  =高校学習指導要領改訂と教科書(出版労連 教科書レポート) 2 各教科ごとの分析=
 ◆ (5)外国語(英語)の特徴


 1.説得力のない二分割

 現行の4領域(技能)のうち、「話すこと」が義務教育同様「話すこと〔やり取り〕」と「話すこと〔発表〕」に二分割された。
 しかしその根拠は、中央教育審議会(中教審)答申などで「国際的な基準」であるとしてCEFR(Common European Framework of Reference for languages。ヨーロッパ言語共通参照枠)に言及している以外、特に示されていない。

 海外の言語環境の異なる状況下での言語習得理論を援用しているが、日本における外国語教育でも有効なのかどうかについては検証されておらず、説得力を欠く。
 外国語(英語)の学習指導要領は、改訂のたびに、依拠する言語習得理論も変更されてきた。しかしそれらの理論はいずれも言語環境が日本とは著しく異なる国で作られたものだ

続きを読む


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ