2019/5/7

「日の丸・君が代」強制に反対する『大阪ネットニュース』から(3)  X日の丸・君が代関連ニュース
  =「戒告処分取消し共同訴訟」控訴審が結審=
 ◆ 5月23日判決法廷への傍聴と支援を
共同訴訟控訴人 井前弘幸

 昨年3月の第一審不当判決(大阪地裁・内藤裕之裁判長)から、およそ1年。「『君が代』不起立・戒告処分取消し共同訴訟(2015年7月提訴)」の控訴審は、2月28日の第4回法廷で結審となりました。
 判決期日は、5月23日の午後1時15分(大阪高裁74号法廷)と決まりました。本件訴訟の大阪での最後の法廷となります。判決後に報告集会も行います。多数の皆さまの傍聴とご支援をお願いいたします。

 ◆ 不当な卒業生証人の採用拒否
 私たちは、一審でも二審でも梅原事案に関する卒業生証人の採用を要求し続けました。裁判所に教育の観点からの判断を迫るためです。

続きを読む

2019/5/7

新宿山吹高校自治委員会が都教委指導主事に学校運営の民主化を直談判  ]Vこども危機
  《YAMABUKI JOURNAL ONLINEから》
 ◆ 自治委、都教委主任指導主事と会談


 新宿山吹高校自治委員会の磯田航太郎議長兼会長が、20日朝、東京都教育委員会高等学校教育指導課の山田道人主任指導主事と会談したことがわかった。自治委員会がホームページ上で明らかにした。

 自治委員会の報道発表によると、会談では自治委員会が学校当局の暴力的「指導」に関する見解や、学校当局との現在の紛争状況等を伝え、学校当局と都教委両方に対する要求を行った模様だ。
 自治委員会は都教委主任指導主事に対して、学校当局への要求と都教委への要求と題して合計9項目の要求を行った模様。

 学校当局への要求では、これまで2018年5月と今年1月に発出された要求書から次の4項目を示した。


2019/5/7

やっぱりシンゾーやっちゃたね、マスコミが絶対報道しない、大ポカ。  ]平和
 ◆ 漢字読めないシンゾーやっちゃたね、大ポカ!退位礼正殿の儀で、
   「願って已(やみ)ません」なのに「いません」だって。最悪!
(★阿修羅♪掲示板)


 ※動画『退位礼正殿の儀』(内閣広報室)
(10:34〜開始位置指定済み)
https://youtu.be/UaX5IdVx_1c?t=634

 ※動画『報道されない安倍「世紀の読み違い」』(デモクラシータイムス)
(6:39〜開始位置指定済み)
https://youtu.be/Ck4DDSNo5FI?t=401

 平成31年4月30日、退位礼正殿の儀に参列した安倍首相は、国民代表の辞で次のように述べた。
クリックすると元のサイズで表示します
「天皇皇后両陛下には、末永くお健やかでおられますことを願っていません」!
 この発言を問題視した田岡俊次氏は、「字が読めなかったんだろう」とデモクラシータイムスで指摘。

続きを読む

2019/5/7

憲法記念日に考える(大内裕和)  ]平和
 ◆ 「憲法を守り」から「憲法にのっとり」への意味するもの
   −2019参議院選挙で改憲勢力(自民、公明、維新)に「3分の2」議席を取らせない闘いを。−
大内裕和(中京大学)

 新天皇の即位にあたり、今回天皇は「憲法にのっとり」と発言した。前天皇は、1989年の即位時には「憲法を守り」と発言した。
 この言葉の変化は偶然ではなく、意図的なものであると考える必要があるだろう。首相官邸から何らかの圧力があった可能性も小さくない。

 30年前、国会内の護憲勢力(社会党、共産党など)は多くの議席を持ち、今よりもはるかに大きな影響力を持っていた。
 一方自民党のなかにすら、宏池会や経世会(竹下派)など憲法9条を積極的に実践するとまではいかないものの、軍事大国化からは距離を置く傾向を持つ勢力が存在し、改憲や軍事大国化を志向する清和会(福田派)や中曽根派と拮抗している状況にあった。自民党内すら9条改憲では合意困難な状況であった。

続きを読む

2019/5/7

保育士は子どもが「ああいう大人になりたい」という存在でなくてはならない  ]Vこども危機
 ◆ "全員号泣"中目黒の保育園のすごい運動会 (President Online)
   野地 秩嘉 (のじ・つねよし)ノンフィクション作家


 運動会のフィナーレで、園児、保育士、保護者の全員が号泣するという保育園がある。全国で32施設を運営し、約3000人の子供を預かるコビーアンドアソシエイツでは、職員がプロとして運動会を準備する。そのため保護者に手伝いを求めることはない。ノンフィクション作家の野地秩嘉氏は「現場には感動があった」と語る――。

 ◆ 「割れる食器」だから大切に扱うようになる

 保育施設「コビープリスクールかみめぐろ」は東急東横線中目黒駅から歩いて12分の場所にある。通っている子どもは生後57日の乳児から就学前児童までの85人(2019年2月現在)。朝7時15分から夜の9時まで保育している。
 施設の特徴をひとことで言えば、「大人が働いているところより、はるかにいい環境」であり、しかも、子どもたちは大人より、いいものを食べて一日を過ごしている

続きを読む

2019/5/7

保育料無償化の財源があるなら、保育士の待遇改善に充てて「待機児童」解消を優先せよ  ]Vこども危機
 ◆ 幼児教育無償化の愚 (東京新聞【本音のコラム】)
前川喜平
(まえかわきへい 現代・教育行政研究会代表)

 安倍首相は、消費税率引き上げ分の使い道を変更して、今年の十月から三歳以上の子どもの保育料を一律に無償化する方針を打ち出した。実に愚かな政策だ。優先順位が完全に間違っている

 教育の無償化とは本来、全員が無償で教育を受けられるようにすることだ。それは学習権を保障することであり、その大前提として全員に確実に教育機会が保障されていなければならない。
 ならば一律無償化よりも前に待機児童の解消を行わなければならないのは、理の当然というものだ。

 待機児童の解消のためには認可保育所の増設が必要だが、保育所不足の最大の原因は保育士不足であり、保育士不足の最大の原因は勤務条件の悪さだ。

続きを読む


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ