2019/7/31

第9回「日の丸・君が代」問題等全国学習・交流集会資料から(9)大阪@  X日の丸・君が代関連ニュース
 ◆ 戒告処分取消し訴訟 原告7名による共同提訴について
   共同(総論)部分に関するこれまでの主張の整理と現段階


 1 一連の最高裁判決を踏まえた私たちの主張
 (1)大阪府条例下では、思想及び良心の自由への「間接的制約」説は成り立たない


 a.国旗国歌条例の目的
  @教職員が「日の丸・君が代」に敬意を示す姿を生徒に見せ、子どもたちに「我が国と郷土を愛する意識」を高揚させる。「意識」という人の内面への働きかけが目的である。
  A同条例が厳格化の対象としている服務規律は、教職員のみを狙い撃ちするものである。

 b.同条例下における「君が代」の起立斉唱は、「慣例上の儀礼的な所作」とは言えない。
  @起立斉唱は、同条例が定める二つの目的を是認して推進するという意思表示を含む。
  A原告らの思想良心の自由に対する直接的な制約である。

 c.職員基本条例「同一職務命令違反3回で免職」という規定
  @大阪府における「君が代」起立斉唱命令への違反を理由とする戒告処分は、免職と結びつけられた処分。他の地方公共団体における戒告処分とは質的に異なる。

続きを読む

2019/7/31

東京都学校ユニオン恒例、7月末都教委糾弾ビラまき  \増田の部屋
 ◆ 都教委、五輪憲章の根本原則から、勝手に
   「人間の尊厳の保持に重きを置く」を削除!?


皆様 こんにちは。増田です。
 これは、BCCでお知らせしています。重複・超長文、ご容赦を!昨日早朝、東京都学校ユニオン恒例、月末都教委糾弾ビラまきを下記内容で行いました。

 「日本人としての自覚と誇り」に満ち溢れているらしい都教委の連中は、報告書に「明治の学制発布以来、日本の学校は民主的で平等の名の下にあった」などと初歩的誤りを犯しながら、どんなに訂正を求められても「これは歴史認識を示したものではない」などと「過ちて改めざる」厚顔無恥を晒しています。

 そして五輪憲章の核心の「人間の尊厳の保持に重きを置く平和な社会」を単に「平和な社会」と勝手に変えて、これは「伝統と文化の尊重」「愛国心教育」と親和性がある
 ⇒オリパラ教育として「生徒たちに『日本人としての自覚と誇り』を育てよ」!? と学校に強制するのです…

続きを読む
タグ: 増田都子

2019/7/31

ボランティアか?強制か?学校単位のオリンピック観戦  Y暴走する都教委
 ◆ 東京オリンピックに子どもと教師を“動員”?
   都担当者は「ありません」
<Huffington Post>

クリックすると元のサイズで表示します

 「スタジアムの最寄駅の利用は禁止で、一駅離れたところから徒歩」「バス利用も禁止」ーー。Twitterで話題となっている“噂”について、担当者に聞きました。
  中村 かさね (Kasane Nakamura)

 ◆ 東京2020オリンピック・パラリンピックまで1年足らず。

 都内の学校は「東京都オリンピック・パラリンピック教育」の一環で、希望すれば大会の競技を学校単位で観戦できることになっている。現在は都が約2300の公立校に希望を調査中だが、7月28日には「拡散希望」というハッシュタグとともに、Twitterに子どもや教員が競技観戦に動員されるという噂話が投稿された。
 「都からのお達しで、都内の小中学校に通う生徒はオリンピックを盛り上げるために教員の引率でオリンピックの観戦に行くらしい」

2019/7/31

裁判官を信じられる決定が出て欲しい  ]平和
 ◆ 70年前の共謀罪 (東京新聞【本音のコラム】)
鎌田 慧(かまたさとし・ルポライター)

 三十一日、東京高裁は重大事件の決定を出す。
 「三鷹事件」の確定死刑囚。竹内景助さん遺族の死後再審請求を認めるかどうか。事件発生から七十年もたっている。
 一九四九年七月、国鉄(現JR)三鷹駅で無人電車が暴走、民家に激突して六名が死亡。九日前には国鉄総裁・下山定則が線路上の礫断(れきだん)死体で発見され、一カ月後に東北線・松川駅近くで列車脱線転覆事件が発生。
 国鉄だけで十万人の解雇が強行された。米軍占領下で怪事件が発生していた。

 「五人も子どもがいて、それに子煩悩でしたからあんな犯罪、起こすわけないですよ」。
 六歳のとき突然、父親が逮捕され、それ以来生き別れとなった長男の健一郎さん(76)がつぶやいた。

続きを読む

2019/7/31

違憲を争うことができるはずの司法の門は狭まるばかり  ]平和
  《澤藤統一郎の憲法日記から》
 ◆ 司法の門を狭めた、現役自衛官の戦争法違憲訴訟最高裁判決


 7月22日(月)、注目の最高裁判決(第一小法廷)が言い渡された。現役自衛官の戦争法(安保関連法)違憲訴訟である。この判決において争点とされたものは、「戦争法が、違憲か合憲か」ではない。当該の自衛官に、このような訴訟を提起して「戦争法が、違憲か合憲か」を争う資格があるか否か、ということだけなのだ。そして判決の結論は、最悪とは言えないが、非常に厳しいものとなった。

 この件の原告となった自衛官は、たった一人で訴訟を提起した。仲間をかたらうことはなく、一審では弁護士を依頼することもなかったという。訴えの内容は、戦争法にもとづく「存立危機事態」において「防衛出動命令」に服従する義務がないことの確認請求である。
 ところで、この訴訟を理解するために、「戦争法」のなんたるかを思い出していただきたい。

続きを読む

2019/7/29

根津公子の都教委傍聴記(2019年7月25日)  Y暴走する都教委
 ◆ 実質非公開の教科書採択 (レイバーネット日本)

 議案が、
  1)来年度使用の特別支援学校小学部・中学部の教科書採択、来年度使用の都立中学校の教科書採択について
  2)講師の報酬等に関する条例等の一部を改正する条例の立案依頼について。
  報告が
  3)「部活動に関する総合的なガイドライン」について。

 1)来年度使用の特別支援学校小学部・中学部の教科書採択、来年度使用の都立中学校の教科書採択について

 教科書採択に際し都教委は、教育委員の発言に圧力がかかる危険も心配されるとの理由から、教育委員は推薦理由などについては発言せず、無記名投票をするだけ。実質非公開運営なのだ。
 公開で議論する自治体も多く存在するというのに、文科省の「外部からのあらゆる働きかけに左右されることなく,静ひつな環境を確保」するという「通知」を悪用してのことだ。
 教育委員の「権限と責任」において採択をするというならば、市民(都民)に中身を公開すべきではないか。

続きを読む

2019/7/29

教科書採択にあたり都教委独自設定の調査項目に露骨な政治的偏向  Y暴走する都教委
 ◆ 教科書採択、都教委調査項目に教員などから批判の声
   「国歌」「神話」、政治色濃厚
(金曜アンテナ)
クリックすると元のサイズで表示します
日本文教出版・小6社会68頁。同頁は上側も含め1頁分使い、神話を掲載している。

 全国の教育委員会が8月末までに来年度使用開始の小学校教科書の採択を行なうのを前に、東京都教育委員会が6月下旬、区市町村教委宛「教科書採択の……指導、助言又は援助の一環」と称し送付した、『教科書調査研究資料』(以下『資料』)の政治色濃い調査項目設定に、現・元教職員や保護者ら市民から批判の声が上がっている。
 『資料』はまず「社会」教科書の「調査項目の具体的な内容」
   @領土問題、
   A国旗・国歌の扱い、
   B神話・伝承、
   C拉致(らち)問題、
   D防災や自然災害の扱いなどを明記。

続きを読む

2019/7/29

アベを倒そう!(522)<教育の国家支配はゴメンダ!(4)「大神と天皇とが御一体に」>  X日の丸・君が代関連ニュース
<転送歓迎>(重複ご容赦)・「都教委包囲首都圏ネットワーク」、・「新芽ML」、・「ひのきみ全国ネット」、・「戦争をさせない杉並1000人委員会」の渡部です。

 7月21日の『第9回「日の丸・君が代」問題等全国学習・交流集会』の翌日、▲ 文科省交渉(90分)を持ちました(衆院議員会館にて、30人余り参加)。
 私は「通行証」配布などで、残りの30分程しか出られませんでしたが、そこでは、「代替わり」関する文科省の「・・児童生徒への指導について(通知)」が問題になっていました。

 すでに大阪の小学校では<皇国史観>に基づく集会が開かれていることなどを追及しましたが、文科省の返事は「(通知)は出したが、具体的にやるのは地方自治体であり現場である」として、実質的に容認する発言が何度も繰り返されました。
 そうした中、交渉に参加された北村小夜さんが、「大嘗祭というのは天皇が神と一体になる儀式だが分かっているか」と聞きました。

続きを読む

2019/7/29

第9回「日の丸・君が代」問題等全国学習・交流集会資料から(8)東京E  X日の丸・君が代関連ニュース
 ◆ 継続する闘い 〜各方面の教育問題に目を向けて〜
「日の丸・君が代」強制に反対し子どもと教育を守る会:近藤順一

 私たちは、八王子市の中学校教員の時「日の丸・君が代」強制に抗して不起立・不斉唱を敢行し、戒告・減給・停職の懲戒処分を受けた者です。2011・2013の最高裁判決によって、戒告是認の不当判決(減給・停職は取消)を受けました。
 不当判決が確定した後も、八王子の仲間とともに各方面で取り組みを進めています。《八王子元教師の会》を組織しミニコミ紙【ポコ・ア・ポコ】を発行しています。

  《ミニコミ紙『未來へ ポコ・ア・ポコ』NO.12 2019.6.1 発行:八王子元教師の会》
 ◆ 軍隊のない国コスタリカ
   〜世界の注目をあつめる平和立国、教育立国、環境立国〜

 この2月、私は「コスタリカ」という国に行ってきました。
 コスタリカはサッカーもなかなか強くて、2019年のFIFAランキングでは38位だそうです。(日本は27位です。)

続きを読む

2019/7/29

第9回「日の丸・君が代」問題等全国学習・交流集会資料から(7)東京D  X日の丸・君が代関連ニュース
  《東京・教育の自由裁判をすすめる会 国際人権プロジェクトチーム》
 ◆ ILO・ユネスコが日本政府に対し
   「日の丸・君が代」強制に是正を求める勧告


 学校における教職員に対する国旗国歌への起立斉唱強制問題について、アイム'89教育労働者組合及びなかま教員組合からの申立に対し、ILO理事会及びユネスコ執行委員会は、ILO・ユネスコ教職員勧告適用合同専門家委員会(CEART)の審査報告に基づき、2019年4月日本政府に対する勧告を採択した。
 以下、抜粋する。この勧告の実施を、日本政府&文科省に迫っていきたい。

 ○ 所見(CEARTが示した事実認識)
 93.合同委員会は、組合と政府双方の説明に事実の不一致がほとんど無いことに留意する。組合と政府の間の不一致のほとんどは本件の日本の法律のもとでの合法性に関するものであるが、そのことに関して委員会は決定する資格を有しない。合同委員会は本件の事実が1966年の勧告の原則とどう関連するかについては考慮できる。この点で、委員会はこの申し立てから二つの主要な問題が生じると考える。

続きを読む


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ