2019/8/3

“声明 韓国は「敵」なのか”賛同署名受付中  ]平和
◎ 韓国は「敵」なのか
「声明」を発表しました。賛同署名を受付けています。

 この声明は、昨今の日韓関係の悪化を憂慮する有志が執筆し、インターネットを通じて、日本の市民に賛同を求めるものです。78名の呼びかけをもって発信します。呼びかけ人の中には多少の意見の違いもありますが、基本的な部分で一致しています。
 ご賛同いただける方は、下記の賛同フォームにてご署名ください。団体名、海外からの賛同も構いません。
https://forms.gle/4Naxt9Aw4WfS1VK39
 第一次の締め切りは、8月15日といたします。状況の推移を見ながら、次の行動を考えたいと思います。

 日韓関係はいま、悪循環に陥っています。いま、ここで悪循環を止め、深く息を吸って頭を冷やし、冷静な心を取り戻さなければなりません。本来、対立や紛争には、双方に問題があることが多いものです。今回も、日韓政府の双方に問題があると、私たちは思います。

続きを読む

2019/8/3

東海第二原発は老朽・被災で危険なだけでなく経済性もない。再稼働するメリットはどこにも見いだせない  ]Xフクシマ原発震災
  たんぽぽ舎です。【TMM:No3710】
 ▼ 原電の卸売電気料金単価がいかに高いか…利益なしでも17.6円程度
   (LNG火力9.2〜13.7円、電力卸売市場の平均単価9.7円
   日本原電の電気を買った会社(つまり東電)も共倒れ
山崎久隆(たんぽぽ舎副代表)

 とにかく異常である。
 誰もが分かっているのに誰もが問い質さず、誰もが不合理と思っているのに、それが前提となって物事が進む。
 こんなこと、今は枚挙に暇がないので、一体何のことを言っているのか、何でも当てはめられる現代なのが恐ろしいが、この際は「東海第二原発の再稼働をめぐる経済性と東電との関係」である。

 ▼ 東京電力は原発に幾ら費用を掛けるつもりか
   (柏崎刈羽原発工事費用は6800億円)

続きを読む

2019/8/3

東京都学校ユニオン恒例、7月末都教委糾弾ビラ(裏面)  \増田の部屋
 ◆ 小池都知事よ、五輪憲章の根本原則を知るなら、
   朝鮮学校のみ補助金停止の差別をやめよ!


 皆様 こんばんは。増田です。これは、BCCでお知らせしています。重複・超長文、ご容赦を!
 7月29日の東京都学校ユニオン恒例、月末都教委糾弾ビラまきの一面を先日、紹介しましたが、もう一面も紹介させてください。

 実際のオリンピックは利権まみれ、金まみれの呆れた実態はありますが、五輪憲章はとても立派なものです。
 「オリ・パラ教育」をいうなら、東京都や都教委は差別・ヘイトクライムに加担してはならないはずですが、実際は差別扇動を先導しているのですから、全く「オリンピック開催都市」の資格はないのではないでしょうか…

 ***********************
<五輪憲章の根本原則(目標)
「人間の尊厳(human dignity)の保持に重きを置く平和な社会」を知るなら、
小池都知事よ、朝鮮学校のみ補助金停止の差別をやめよ!

タグ: 増田都子

2019/8/3

第9回「日の丸・君が代」問題等全国学習・交流集会資料から(14)大阪E  X日の丸・君が代関連ニュース
 ◆ 第9回「日の丸・君が代」問題等全国学習・交流集会資料
志水(辻谷)博子

 私たち大阪「君が代」不起立戒告処分取り消し共同訴訟上告人一同は、さる7月10日、大阪で報告集会を開催しました。
 「君が代」条例から8年経った今、あちらこちらから「大阪の学校、どうなってんのん?!」という声が聞こえてきます。そのことを受け止め、第2部は「子どもも教師も型にはめ規格化していく学校の今」をテーマに、生徒・保護者・教員によるパネルディスカッションを行いました。会場からのご意見も含めたディスカッションを通して、会場満席の参加者は私たち主催者も含めて、今の学校の自由にものを言えない空気が充満している有様を改めて実感することになりました。
 下記は、パネラーであった大阪市立小学校教員Kさんが、集会後、改めて自分を見つめ直し、今の学校に必要なのはどのような視点であるかについて書かれた文章です。
 ぜひお読みくださいますようお願いします。そして、現在の学校・公教育に対し私たちに何ができるか考えていきたいと思います。

2019/8/3

第9回「日の丸・君が代」問題等全国学習・交流集会資料から(13)大阪D  X日の丸・君が代関連ニュース
 ◆ 学校に「日の丸」「君が代」はいらない!
山田さんを支える会
blog 『ブラックボードに義』

 山田さんは高槻市立南平台小で、2012年3月、卒業式での「君が代」不起立を理由に戒告処分と再任用合格取消をうけ、その撤回を求め人事委員会や裁判で闘ってきました。大阪地裁・高裁とも不当判決。最高裁への上告も棄却されました。しかし、山田さんを支える会はどこまでも「日の丸」「君が代」の強制と闘います。

 ◆ みなさんは、どう思われますか?
 卒業式・入学式で「日の丸」が掲揚され「君が代」が流されることを、また、新天皇の即位に当たって、学校に「日の丸」が掲げられ祝意を強制されることをどう思われますか?
 ◆ みなさんは、ご存じでしょうか?
 2012年以来、卒業式で「君が代」を立って歌えとする職務命令が出され、元・南平台小学校の山田さんはじめ府下で60名を超える教職員が「君が代」不起立を理由に処分されているということをご存じですか?なぜ、「君が代」を歌えと命令されねばならないのでしょうか。

2019/8/3

第9回「日の丸・君が代」問題等全国学習・交流集会資料から(12)大阪C  X日の丸・君が代関連ニュース
  【2019.7.21第9回「日の丸・君が代」問題等全国学習・交流集会への報告】
 ◆ 大阪市人事委員会 今秋 裁決 (2015年7月請求の戒告処分取消請求)
   D-TaCは「天皇即位を祝う」児童朝礼実施の泉尾北小校長に対し面談を要請!

   市教委協議確認をもとに、天皇制賛美教育の中止要求を続けます
グループZAZA・D-TaC 大阪市立学校教員・「君が代」不起立被処分者 松田 幹雄

 ◆ 最終意見書で、大阪市国旗国歌条例の違憲性、処分手続きの瑕疵を主張
 私の大阪市人事委員会審理は、処分担当課長と校長の尋問(2018年10月)、請求者本人尋問(12月)を終えて、私たちは、3月1日に最終意見書を提出しました。処分者(市教委)も最終意見書を提出し、秋には、裁決が出されるとのことです。
 私たちの最終意見書は、最初に「本件処分の特異な本質」という項を設け、私の案件に最高裁判決の枠組みは適用できないことを主張しました。



AutoPage最新お知らせ