2019/8/5

第9回「日の丸・君が代」問題等全国学習・交流集会資料から(16)全国A  X日の丸・君が代関連ニュース
 ◆ 「一同御起立願います。礼」
2019.7.21. 千葉県高等学校教職員組合 石井 聡

 今年の入学式に出て思ったことがある。教頭による開式の辞が行われる前に「一同御起立願います。礼」が行われている。閉式の辞のあとも同様である。
 開式・閉式の前後に何でそんなことをするのか、開式・閉式の辞では起立しないのに、何かよくわからない「一同御起立」で全員を立たせている。
 「一同御起立」がない県立高校もある。
 前はなかったのに、いつのまにか式の前後に行われるようになったという声も聞く。式の前に「参加者一同、式をしっかりやりましょうという趣旨で行いたい」との説明で導入された高校もあるそうだ。
 しかし、この説明が偽善のなせる業であることは明らかである。
 「一同御起立」は、戦前、天皇の「御真影」に向かって行われたもので、それがなくなった今日、壇上に掲げられた日の丸を代用品として行っているのである。
 言わば、人ではなく、旗というモノに挨拶を強要する行為なのである。

続きを読む

2019/8/5

第9回「日の丸・君が代」問題等全国学習・交流集会資料から(15)全国@  X日の丸・君が代関連ニュース
 ◆ 広島からのレポート
2019年7月21日 広教組組合員 平野綾子

 (1)文部省是正指導とたたかいの経過
 @文部省「是正指導」と県教委の「君が代」斉唱時の職務命令と懲戒処分の経過

  ・(是正指導前)の「日の丸・君が代」の状況 ※教育長の「文理解釈」文書
  ・1998年入学式の状況 (県教委の裁判文書→国歌斉唱なしの学校数は全国で小学校ワースト2位、中学校ワースト3位、高等学校ワースト4位)
  ・1998年 文部省が4月現地調査。後5月20日「是正指導」(文書はないとされている。県教委の聴き取りのみ)
  ・1998年度卒業式(1999年3月) 国旗掲揚・国歌斉唱の地理扱い不適切として、県立校長20人に戒告処分、県立学校長及び市町小学校長131人に文書訓告、市町村小中学校長に厳重注意。
  ・1999年2月28日(卒業式前日) 世羅高校校長の自死。
  ・1999年8月13日 国旗・国歌法施行(8月9日成立)

続きを読む

2019/8/5

マスコミが報じない、国連強制失踪委員会で「拉致問題」を切り捨てた日本政府  Z国際人権
  『マスコミ市民』拡散する精神/委縮する表現(100)
 ◆ 拉致問題を切り捨てた日本政府
   前田 朗(東京造形大学教授)


 ◆ 強制失踪委員会

 安倍晋三首相は拉致問題の解決に向けて取り組んできた、ということになっている。本年五月一九日の拉致被害者家族会や「救う会」などが都内で開いた国民大集会に出席し、「拉致問題は安倍政権の最重要課題」と強調したのは周知のことである。
 ところがトランプ・金正恩会談の進展につれて徐々に姿勢を変えてきた。「対話は意味がない。制裁あるのみ」という基本姿勢から「前提条件なしで話し合う」に変化したことはさまざまな推測を呼ぶことになった。

 実は安倍政権は昨年一一月にジュネーヴの国連人権高等弁務官事務所で開催された強制失踪委員会の場で、拉致問題を切り捨てる方針を表明した。

続きを読む

2019/8/5

ILO100周年に「ハラスメント条約」成立  ]U格差社会
  =ハラスメント対策の新段階U(『労働情報』)=
 ◆ 「仕事の世界における暴力とハラスメント」
   〜ILO総会報告と今後の取り組み〜

井上久美枝(連合 総合男女雇用・平等局長)

 6月10日〜21日の間に開催された第108回ILO総会において、「仕事の世界における暴力とハラスメント」に関する条約および勧告が採択された。
 この条約は、昨年の第107回ILO総会における第1次討議において、「文書の形式」を「勧告によって補完される条約」(以下”「条約+勧告」)とし、「暴力とハラスメント」の包括的な定義ハラスメント禁止規定を盛り込んだ基準設定委員会報告が採択されたことを踏まえ、今回の第2次討議を経て、総会で採択されたものである。
 #MeToo運動をはじめ、世界各地でハラスメントの根絶が叫ばれる中、ILO創立100周年の記念すべき総会において、ハラスメントに特化した初めての国際条約が出席者の圧倒的多数の賛成で採択されたことは、歴史的に大きな成果といえる。

続きを読む

2019/8/5

表現の不自由展、中止に実行委が「戦後最大の検閲」と抗議、日本ペンクラブも抗議声明  ]平和
クリックすると元のサイズで表示します

◎ 「表現の不自由展・その後」の一方的中止に抗議する
https://tr.twipple.jp/p/92/4598cb.html


 あいちトリエンナーレ2019実行委員会会長の大村秀章知事と津田大介芸術監督が、「表現の不自由展・その後」を本日8月3日で展示中止と発表したことに対して、私たち「表現の不自由展・その後」実行委員会一同は強く反対し、抗議します。

 本展は、ジャーナリストである津田大介芸術監督が2015年に私たちが開催した「表現の不自由展」を見て、あいちトリエンナーレ2019でぜひ「その後」したいという意欲的な呼びかけに共感し、企画・キュレーションを担ってきました。

 今回、電話などでの攻撃やハラスメントがあり、トリエンナーレ事務局が苦悩されたことに、私たちも心を痛め、ともに打開策を模索してきました。しかし、開始からわずか3日で中止するとは到底信じられません。


続きを読む

2019/8/5

アベを倒そう!(524)<安倍の場当たり政治、人生で最も肝要なこと>  X日の丸・君が代関連ニュース
<転送歓迎>(重複ご容赦)・「都教委包囲首都圏ネットワーク」、・「新芽ML」、・「ひのきみ全国ネット」、・「戦争をさせない杉並1000人委員会」の渡部です。

 内外の情勢が極めて不安定になっている中、▲ 安倍首相の場当たり的な政治が目立つようになってきた。
 ・改憲では、自民党案では反対が多いと分かるや、突然自民党内での論議も無いまま勝手に「自衛隊を書き込むだけだ」と言い出した。
 ・「北方領土」問題では、教科書にまで「四島」返還と書かせておきながら、プーチンと少し仲良くなったからと言って突然「二島」返還になった。
 ・北朝鮮問題ではあれだけ「対話より圧力」といっていたのをトランプが米朝会談をやると突然、「無条件で対話を」と言い出した。
 ・消費税に就いては、反対が多いとみると、「軽減税率」などと言って増税分吹き飛ぶようなことをやろうとしている。
 ・参院選で改憲派3分の2を取れないと、突然自分が出した改憲案には「こだわらない」などと言いだす。


続きを読む


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ