2019/8/19

「日の丸・君が代」強制が生む教育の陳腐化・劣化を解き明かした世取山講演  X日の丸・君が代関連ニュース
  =「日の丸・君が代」全国学習・交流集会=
 ◆ 国家主義教育はゴメンだ! (週刊新社会)


 『第9回「日の丸・君が代」問題等全国学習・交流集会』〜教育の国家支配はゴメンダ!〜が7月22日、東京都内で開かれ、124名が参加しました。

 最初に、新潟大の世取山洋介さん「『日の丸・君が代』と子どもの良心形成」という講演を行いました。
 講演では、@安倍政権下で進行しつつある「陳腐化しつつある教育」の実態を暴くとともに、A「日の丸・君が代」が国家への帰属意識・忠誠意識の涵養の手段になっていること、Bこれに対抗するには子どもの人格の全面的発達の保障に責任をもつことが重要であること、が語られました。
 とくに@のところでは、「2018年学習指導要領による全国的最低水準の維持のための統制から、方法にまでおよぷ全面的な統制へ」として、「方法改革を挺子にした教育の規格化・陳腐化(アクティブラーニングとICT(情報通信技術)活用による子ども・教師の相互的関係に基づく授業の排除)」が起きていることを紹介し、

続きを読む

2019/8/19

元気をもらった7/21全国集会  X日の丸・君が代関連ニュース
 ◆ 第9回「日の丸・君が代」問題等、全国学習・交流集会の報告 (『ブラックボードに義』から)

 全国から集う!全国で闘おう!第9回「日の丸・君が代」問題等、全国学習・交流集会が、7月21日(日)、東京の日比谷図書館文化館・地下ホールで開かれた。今年の全国学習・交流集会は、全国各地で「日の丸」「君が代」の強制等と闘う多くの人々が集まり、元気をもらう集会となった。その元気をもらった人々の発言を紹介したい。

 1.東京・板橋区議の五十嵐やす子さん
 東京の板橋区議会議員の五十嵐やす子さんは、昨年10月、大東文化大学の文化祭に自衛隊ブースが出ることを知り、市民多数の抗議でそれをやめさせた。また、本年3月、板橋区議会の議場に「日の丸」掲揚の「陳情」が出され自民党、公明党、民主クラブ等によって賛成多数で議決されたが、しかし、次の区議会に、「議場において、国旗掲揚及び敬礼しないことを求める陳情」が提出され、「日の丸」掲揚は「保留」、「継続審査の申し出を行わないことに全会一致で決定」したとの報告。議場に「日の丸」掲揚をストップさせた!

続きを読む

2019/8/19

杉原千畝氏への名誉回復が行われたのは、2000年10月10日河野洋平外務大臣によってであった  ]平和
 ◆ グーグルのロゴになった杉原千畝氏
   〜「命のビザ」はオランダ領事、駐日ポーランド大使とのリレーだった (Yahoo!ニュース)
木村正人 | 在英国際ジャーナリスト

クリックすると元のサイズで表示します
杉原千畝氏のグーグル・ドゥードゥル

 [ロンドン発]第二次世界大戦中に駐リトアニア領事代理としてナチス・ドイツの迫害を受けたユダヤ人を救うため「命のビザ(査証)」を発給し続けた杉原千畝(ちうね、1900〜86年)氏が7月29日のグーグル・ドゥードゥル(Google Doodle)に選ばれました。
 ドゥードゥルとは「いたずら書き」の意味で、検索エンジンの窓の上に杉原氏とパスポート(旅券)、「命のビザ」、救われたユダヤ人をデザインしたドゥードゥルが登場しました。
 「杉原千畝を称えて」と題したドゥードゥルのアーカイブにはこう書かれています。

続きを読む

2019/8/19

8/10札幌での「田中利幸 講演会―天皇制廃止に向けての第一歩―」報告  \増田の部屋
 ◆ 報告「『いま考えよう 万人平等と天皇制』田中利幸 講演会」

皆様 こんばんは。増田です。これは、BCCでお知らせしています。重複・超々々長文(笑)、ご容赦を!
 以前お知らせしましたが、10日(土)、札幌エルプラザであった「『いま考えよう 万人平等と天皇制―天皇制廃止に向けての第一歩―』田中利幸 講演会」に参加してきました。
 田中さんは「明仁天皇への公開書簡」において大いに注目された方です。

 最初、実行委員の方から誘われた時、ハイシーズンど真ん中料金(笑)なので、年金生活の身にはお財布に厳しく躊躇していたのですが、田中利幸さんのお話を直接聞けて発言の場も用意してくださる、という魅力に負けて(笑)参加することにした、という事はお知らせしました。
 そして、今、この選択はすっごく(笑)正しかった! と確信しています。

続きを読む
タグ: 増田都子

2019/8/19

「学力形成」を「資質・能力の育成」に、「個人の尊厳」を「人材育成」に変えた後の教科書  ]Vこども危機
  《教科書ネット21ニュースから》
 ◆ 小学校教科書はどう変わる? 〜教科書検討を広げよう
小佐野正樹(こさのまさき 子どもと教科書全国ネット21・小学校教科書検討チーム)

 文部科学省は、2020年度から使用する小学校教科書の検定結果を3月26日に公表しました。
 今回の検定では、初めて登場した高学年の外国語(英語)や2年前に導入された「特別の教科道徳」を含め11教科164点について2658件の検定意見が付けられましたが、修正表を提出してすべてが合格しています。
 この日の新聞各紙は、「小学校教科書、ページ1割増!」「ランドセル、ますます重く」の見出しを掲げました。
 これまでも教科書が変わる際にページ数が増えることはありましたが、今回は各教科の平均ページ数の合計が現行の8475ページから9323ページ(英語を除く)と10%も増えて、過去20年で最大となりました。

続きを読む


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ