2019/9/17

高嶋伸欣「対杉並区教委 請願権裁判」地裁判決 傍聴案内  Y暴走する都教委
 ◆ <再確認>「請願権裁判(VS杉並区教委)」の
   地裁判決は18日(水)午後1時20分、530法廷です

   皆さま     高嶋伸欣です


 直前になりましたが、再度の案内です。

1 杉並区教育委員会が、原告(高嶋)の請願文書を「教育委員の紹介が必要」との、違憲・違法な会議規則を根拠に、請願として取り扱わなかった件についての損害賠償請求裁判の判決が、9月18日(水)午後1時20分に東京地裁530法廷で言い渡されます。

 2 判決の内容の予想は難しいですが、5月29日に審理を強引に打ち切られたことなどから楽観はできません。
 でも、そのことで一喜一憂はしないつもりです。

 3 それというのもこの裁判を始めてみて、改めて「請願権」という基本的人権が日本の社会では、無視され続け、

続きを読む

2019/9/17

元号使用の「お願い」を、札幌地裁では書記官が元号使用を「強制」  \増田の部屋
 ◆ 札幌地裁「元号強制」謝罪、ご存知でしたか?

皆さま こんにちは。増田です。これは、BCCでお知らせしています。重複・超長文、ご容赦を!
 千葉県の台風15号の被災地には「非情の雨」となりました。普通の庶民には「なんと気の毒な…」と思うしかないのが歯がゆい現状です…
 さて、件名、7月の事件だったようですが、「『侵略』上映実行委員会」発行の9・18付けニュースで私は初めて知りました。もう、ご存知の方も多いかと思いましたが、この際、元号法制定時「国民に強制するものではなく、当然、西暦表記でも受理」を確認しておくのもよいかと考え、送信します。
 北海道合同法律事務所HP「札幌地方裁判所の元号の強制問題についての当事務所の取り組み」で、内容はよくわかります。

 ************************************
 1 2019年5月1日、天皇が明仁天皇から、徳仁天皇に代わり、元号も平成から令和に代わりました。こういった矢先に、札幌地方裁判所で元号の使用を強制するという事件が起きました。

続きを読む
タグ: 増田都子

2019/9/17

萩生田光一文科大臣、加計学園との癒着疑惑は残ったまま  ]平和
 ◆ 萩生田氏と加計学園 (東京新聞【本音のコラム】)
前川喜平(まえかわきへい・現代教育行政研究会代表)

 加計学園京都産業大学がともに獣医学部新設を求めていた二〇一六年十〜十一月、萩生田光一文部科学大臣(当時は官房副長官)は加計学園のために陰で動いた形跡がある。

 一六年「10/21萩生田副長官ご発言概要」と題した文科省文書
 「総理は『平成30年4月開学』とおしりを切っていた。…今年11月には方針を決めたいとのことだった」
 「渡邊加計学園事務局長を…課長のところにいかせる」
 などの発言からは、安倍晋三首相の意向を文科省に伝え、対応を促していたことが窺(うかが)える。

続きを読む

2019/9/17

「記者クラブ」は日本独特の制度  ]平和
 ◆ 米国人記者が驚いた「日本メディア」の談合体質 (プレジデントオンライン)
元ニューヨーク・タイムズ 東京支局長 マーティン・ファクラー


 国内の新聞社やテレビ局などで構成される「記者クラブ」は日本独特の制度だ。元ニューヨーク・タイムズ東京支局長のマーティン・ファクラー氏は「この制度の存在に何度も驚かされてきた。忖度や同調圧力が飛び交う雰囲気のなかで、半ば談合的に記事が生み出されているのではないか」と指摘する――。
 ※本稿は、望月衣塑子、前川喜平、マーティン・ファクラー『同調圧力』(角川新書)の第3章「メディアの同調圧力」の一部を再編集したものです。

 ◆ 「質問を事前に伝える」謎習慣
 日本ならではのシステムと言っていい、この記者クラブ制度という存在に何度も驚かされてきた。

続きを読む

2019/9/17

福島原発事故刑事裁判、9月19日に判決。争点は東電の「結果回避義務」。  ]Xフクシマ原発震災
 ▼ 東電原発事故強制起訴裁判
   迫る判決 結果回避義務
(福島民報)


 ○ 指定弁護士 対策すれば防げた
 ○ 被告側   想定超える大津波

 東京電力福島第一原発事故をめぐり、業務上過失致死傷罪で強制起訴された東電旧経営陣の被告三人は「想定外の津波で、対策を採っていても事故は防げなかった」と法廷で責任を否定し続けた。
 過失の立証には、三人に予見できた損害を回避する「結果回避義務」があったかどうかが重要になる。
 検察官役の指定弁護士は、対策を講じていれば事故は防げたとみており、「対策が終わるまでは原子炉の運転を止めるべきだった」と主張する。

 二〇〇八(平成二十)年に新潟県中越沖地震対策センターで原発の耐震性をチェックしていた東電元幹部は「津波対策に膨大な費用がかかることが分かり、収支が悪化するため対処を見送った」と震災後、検察による聴取に答えていた。

続きを読む

2019/9/17

原発事故刑事裁判9月19日判決「東電元幹部に有罪判決を」武藤類子さん  ]Xフクシマ原発震災
  =原発事故刑事裁判9月19日判決へ=
 ▼ 告訴団が関東をキャラバン「裁判に関心を持ってください」
(週刊新社会)


 世界を震憾させた福島第一原発事故は、多くの犠牲者・被害者を出し、8年6カ月経った今日も被害者を出し続け、非常事態宣言は出されたままだ。しかし、その責任は未だに誰も取っていない
 事故の刑事責任を問うために全国1万5000人が告訴・告発を行い、検察庁が不起訴とするも、市民で構成する検察審査会が東電の旧経営陣3人を業務上過失致死傷罪で強制起訴することを決めた。

 2017年6月30日初公判の裁判は、1年9カ月後の今年3月12日、第37回公判をもって結審した。勝俣恒久元会長、武黒一郎元副社長、武藤栄元副社長の3人に9月19日、東京地裁で判決が言い渡される。

続きを読む


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ