2019/10/3

五次訴訟の訴訟戦術についての検討  X日の丸・君が代関連ニュース
  《被処分者の会通信から》
 ◆ 東京「君が代」藏判・五次訴訟提訴に向けて
審理担当・鈴木たけし

 ○ 提訴に向けての準備作業
 通信123号などで報告した東京「君が代」裁判・五次訴訟の提訴に向けての準備は、その後も弁護団会議や請求人団会議を重ねるなどして、訴訟戦術についての慎重な検討をすすめています。
 具体的には、これまで四次にわたって裁判を闘い続けてきたものの、いずれの判決でも最高裁の段階で戒告処分の取消しを勝ち取れなかったことに対し、これまで裁判所側が争点として受け止めてこなかった問題を新たに前面に押し出していく必要があり、それをどのように主張・立証していく(あるいは主張・立証し直していく)べきか?について、多面的な検討をしています。
 もちろんこれまでの訴訟でも細大漏らさぬ主張・立証をさまざまな角度から重ねてきたのですが、結果的に裁判所にはスルーされてしまった重要な問題がいくつも残されています。

続きを読む

2019/10/3

アベを倒そう!(538)<大阪「日・君」最高裁要請と院内集会、「オリンピック教育」批判ビラまき(143)>  X日の丸・君が代関連ニュース
<転送歓迎>(重複ご容赦)・「都教委包囲首都圏ネットワーク」、・「新芽ML」、・「ひのきみ全国ネット」、・「戦争をさせない杉並1000人委員会」の渡部です。

 ▲ 改元・代替わりを利用しての「日の丸・君が代」強制が強まっている
 東京の八王子の小学校では、4月に生徒たちに日の丸の小旗を持たせ天皇を「奉迎」させた
 大阪の小学校では、5月に民間人校長が皇国史観の歌を歌う歌手を招き新天皇即位朝礼を行った
 その同じ学校が9月の運動会では、大きな「日の丸」を生徒たちに掲げて入場させ、「君が代」斉唱から運動会を始めたという。

 そして、「日の丸・君が代」の抱える問題について何も教えられていない多くの子どもたちは、疑問を抱くどころか喜んで行なっているという。
 いつの間にか日本は戦前の日本社会と同じような道を歩んでいる。
 そしてそのような社会を作り出す教育は怖いものである。

続きを読む

2019/10/3

大阪「君が代」不起立戒告処分取消共同訴訟、全ての処分取消を求めて上告  X日の丸・君が代関連ニュース
 ☆ 大阪「君が代」訴訟最高裁要請行動 10月11日(金)15:00 最高裁西門集合(地下鉄永田町駅)

  《大阪ネットニュースから》
 ◆ 全国初!「君が代」不起立戒告−井前処分取消確定!
   すべての「君が代」処分取消を求めて上告しました

共同訴訟上告人 志水博子

 5月23日、大阪高裁第12民事部石井寛明裁判長は、「君が代」不起立戒告処分取消共同訴訟において、控訴人7名のうち1名井前弘幸さんの請求を認め戒告処分を取り消しました。府教育委員会は上告を断念し、全国でも初となる「君が代」不起立戒告処分取消しが確定しました。これは私たちの運動の大きな成果と言えます。

 2011(以後11)年6月の大阪府国旗国歌条例施行以来、大阪維新の会の強引な政治主導のもと、府教育委員会は教育長通達と校長からの職務命令を錦の御旗として、徹底した「君が代」強制政策を取って来ました。

続きを読む

2019/10/3

韓国市民革命・民主化以降、最後の独裁政権の遺物が検察権力  ]平和
  《韓国ニュース日本語字幕プロジェクトから》
 ◆ 日本のテレビは果たして報道するか?
   〜韓国市民100万人集会「チョグク守護!検察改革」
(レイバーネット日本)
クリックすると元のサイズで表示します
*道路を埋め尽くす市民の空撮映像(MBC放送 9/29より)

 連日チョグク法務長官の疑惑を報道し「文政権は韓国市民から見放されている」と言いたげな報道をしてきた日本のマスコミですが、9/28土曜日「検察改革!チョグク守護」を掲げて朴槿恵弾劾以来最大の韓国市民がロウソク集会に集まりました。

 これまでの日本のマスコミの報道のウソがバレる「チョグク守護・検察改革」ソウル100万人(主催者発表は200万人)集会。果たして日本のテレビは報道するでしょうか?

続きを読む

2019/10/3

「カネは一代、放射能は末代」。「現金力発電」は地域と人心を汚染してきた  ]Xフクシマ原発震災
 ◆ 原子力汚染金 (東京新聞【本音のコラム】)
鎌田 慧(かまたさとし・ルポライター)

 驚き、である。まるでアベコベ。
 企業から自治体の有力者がカネをもらうのはいいといわないが、珍しくない。逆に元助役から社長がカネをもらっていたとは情けない。
 関西電力といえば、原発大事故で失墜した東京電力に次ぐ大電力会社。その歴代の会長や社長が、長年にわたって原発立地町側から金品を受け取っていたとは想像に絶するスキャンダルだ。

 「地域にカネを落とし、それを吸い上げるという原発政策の醜い形が露骨に表れた」(「毎日新聞」9月28日朝刊)とわたしはコメントした。
 原発着工日まで各電力会社は地元有力者を飲ませ食わせ、あらゆる便宜を図って龍絡してきた。が、今はバックペイ。貧すれば鈍す。原発時代の終わりのエピソードだ。

続きを読む

2019/10/3

日本の労働生産性が著しく低い理由  ]U格差社会
  《ニューズウィーク 経済ニュースの文脈を読む 加谷珪一》
 ◆ 「日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう」への反響を受け、
   もう一つカラクリを解き明かす

クリックすると元のサイズで表示します

 <「日本が後進国」という内容に衝撃を受けた方は少なくない。なぜなら、日本は1人当たりGDPが主要国トップになったこともあり、メディアではこの部分が肯定的に大きく取り上げられる。しかしその一方で、労働生産性は最下位だ。その理由から見える、日本の課題とは>

 前回、「日本はもはや後進国であることを認める勇気を持とう」という記事を書いたところ、多くの反響をいただいた。日本の労働生産性は主要先進国中、最下位という状況が50年以上続いており、世界における日本の輸出シェアが高かったのも実は1980年代だけである。こうした現実を考えると、日本は「昔から貧しかった」と考えた方が、状況をより適切に把握できるという内容だが、この表現には疑問を持った方も多いかもしれない。

続きを読む


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ