2019/11/7

条件附採用音楽教員免職処分取消請求ふじのまい裁判第6回報告  Y暴走する都教委
 第7回口頭弁論期日 12月19日(木)13:15〜 東京地裁527号法廷

  =免職処分取消訴訟支援者の会=
 ◆ 第 六 回 報 告
   (十一月 四 日(月))


 二〇十九年十月二十四日(木)十三時十五分から、免職処分取消請求事件の第六回口頭弁論期日が東京地裁527号法廷で開かれました。
 法廷には、原告・代理人を含め二十八名の傍聴支援を頂きました。傍聴いただいた皆様、ありがとうございました。

 今期日では、前回原告側から提出された証拠書類や準備書面に対し、被告東京都準備書面(3)全三十九ページ、証拠書類として疑わしい「指導記録」乙第八の一及び二号証、「指導記録」を作成した日時を撮影したパソコン上のプロパティ画面(第二回期日で、ワードファイルで作成と裁判所に提出した書面で説明していたが、エクセルとPDFの二つのファイルで作成されたことが今回の証拠提出で判明)、四学年とF副校長を交えて行った学年会記録等を提出してきました。

続きを読む

2019/11/7

安倍を倒そう!(550)<討論集会 11・4天皇代替わりと学校教育>  X日の丸・君が代関連ニュース
<転送歓迎>(重複ご容赦)・「都教委包囲首都圏ネットワーク」、・「新芽ML」、・「ひのきみ全国ネット」、・「戦争をさせない杉並1000人委員会」の渡部です。

 昨日(11月4日)、▲ <討論集会 11・4天皇代替わりと学校教育>(主催:都教委包囲首都圏ネットワーク)が開かれ、主催者の予想(30人?)を大きく超える58名が参加しました。

 最初に主催者からの「問題提起」として、見城さんが、
 〇現下の情勢の特徴の一つは、露骨な国益の衝突であるとして、そこから生まれるナショナリズムや排外主義、右翼の台頭民主主義の危機、天皇制の復活・再生など。
 〇教育に関する状況の認識の共有を図りたいとして、1980年代以降の教育をめぐる動きと教職員組合の弱体化など。について述べ、
 〇今後どうあるべきか?何をすべきか?について考えていきたい、と述べました。

続きを読む

2019/11/7

大阪最高裁要請行動寄稿記事  X日の丸・君が代関連ニュース
 ◆ 公正な判決求める
   最高裁に要請行動
(週刊新社会)
クリックすると元のサイズで表示します
最高裁要請行動後、衆議院第二議員会館で、要請行動の報告と、大阪と首都圏の
運動交流、近年の不当な司法判断の状況、参加者の感想などの交流が行われた。

 私たち大阪「君が代」不起立戒告処分取消共同訴訟上告人7名のうち6名は10月11日、支援者とともに最高裁判所にいた。1名だけ仕事の都合で参加できなかったが、それでも東京の多くの支援者とともに私たちの意気は上がった。
 最高裁の一室、入室を許された17名は、第三小法廷の裁判官に対し、17団体・105名の要請書とともに、憲法に則った公正な判決を要請した。

 大阪国旗国歌条例のもと職務命令により強要された「君が代」起立斉唱は、「慣例上の儀礼的所作であるゆえ憲法19条の直接的制約にはあたらない」という、これまで最高裁が用いてきた詭弁には当てはまらない、

続きを読む

2019/11/7

ベルリンの壁崩壊から30年。民衆が立ち上がった変革の思想を学ぼうとしない日本  ]平和
 ◆ 崩された壁 (東京新聞【本音のコラム】)
鎌田 慧(かまたさとし・ルポライター)

 三十年前。八九年十一月九日。ベルリンの壁崩壊
 市民がコンクリートの壁に鶴嘴(つるはし)を打ち込む映像が全世界に流された。
 東西ベルリンを貫通する大通りを閉鎖していたブランデンブルク門が開かれ、血も凍る(ほど厳しかった)国境検問所「チェックポイント・チャーリー」は変哲もない道路に戻った。通り抜け自由

 社会主義の未来を信じた人たちに疑念を抱かせたのが、六八年のチェコの民主化運動「プラハの春」に戦車を差しむけた、ソ連軍侵入だった。
 わたしはベルリンの壁崩壊の三カ月ほど前、労働ペンクラブのグループ旅行で、モスクワ、ワルシャワ(ポーランド)、東西ベルリン、プラハ(チェコスロバキア)、ブダペスト(ハンガリー)など、ペレストロイカ(改革)の現場を回っていた。

続きを読む

2019/11/7

私たちは「武器見本市」の開催に強く抗議します  ]平和
 ◆ 武器国際見本市は、中止を!武器よさらば アートフェス (レイバーネット日本)
クリックすると元のサイズで表示します

 ※ 動画(7分33秒)

 11月2日、JR京浜幕張駅前(千葉県千葉市)で、「武器よさらば アートフェス」が開催された(主催・幕張メッセでの武器見本市に反対する会 安保関連法に反対するママの会@ちば)。

 これは、今月18日より開催予定の武器国際見本市「DSEI JAPAN」の開催中止を訴える、歌とアートのイベントだ。
 この間マスコミがほとんどこの問題を報じない中、市民が主体となって反対の取り組みを行ってきた。始めは数人だった取り組みも、「本当に徐々にですがひろがりがみえてきました」(「反対する会」金光いつかさん)という。
 今年6月には、今回と同じ場所で開催された武器国際見本市「MAST ASIA」に対して、230人が抗議に集まった。

続きを読む


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ