2019/11/17

麹町中学校工藤勇一校長は、安倍「教育改革」の異端児か?最も期待される担い手か?  ]Vこども危機
  =『学校の「当たり前」をやめた』著者 工藤勇一 学校長の=
 ◆ 麹町中学校視察記
(『いまこそ』予防訴訟をひきつぐ会通信)


 10月某日千代田区立麹町中学校の学校視察に原告の仲間2人と共に参加した。
 「宿題は必要ない、クラス担任は廃止、中間期末テストも廃止」〜表紙の紹介文にこう書かれた麹町中学校校長の著「学校の『当たり前』をやめた」なるタイトルにひかれて読んだ麹町中学校の「教育改革」にじかにふれてみたくなったからである。
 当日集合時間の午後一時よりやや早めに着いたが、さすが話題の学校、校門の前は貸し切りバスで乗り付けた山梨、茨木などから教育関係者もいて総勢170名という盛況ぶり。

 第5校時の授業見学は1〜3年までどの学年・クラスも出入り自由、その後2時から5時まで3時間にわたる工藤校長の講和を視聴した。
 私が見学したのは2年生のクエストエヂュケーションなる授業(ちなみに2年生はA〜D組の4クラス全てが同じ授業)。

続きを読む

2019/11/17

答えが一つではない時代の教育、工藤勇一『学校の「当たり前」をやめた』の極意  ]Vこども危機
 ◆ 定期テスト廃止した公立中学(上) (Japan In-depth)

 平成の30年、日本は敗北の歴史を辿った。それを端的に物語る表がある。平成元年と30年を比較した、世界の企業の時価総額ランキングだ。
クリックすると元のサイズで表示します
2018年8月20日のダイヤモンドオンラインより

 平成元年には、日本企業が上位に名を連ねる。トップのNTTに続き、銀行や証券がずらりと並ぶ。ところが平成30年、アメリカ勢が圧倒的となる。GAFAと呼ばれるグーグル、アップル、フェイスブック、アマゾンなどのハイテクの新興企業が上位に並ぶ。

 つまるところ、日本では、アップルのスティーブ・ジョブズ、アマゾンのジェフ・ベゾス、フェイスブックのマーク・ザッカーバーグらを生み出せなかった。
 原因はさまざまあるが、私は、教育が大きく影響していると考えている。

続きを読む

2019/11/17

「しんゆり映画祭で表現の自由を問う」場外乱闘  ]平和
 ◆ ドキュメンタリー監督・早川由美子より 近況・映像ワークショップ等のご案内

 BCC一斉送信で失礼いたします。ドキュメンタリー映画監督の早川由美子です。
 いくつかご案内させていただきたく、ご連絡を差し上げました。

 @ 近況

 先月末、映画『主戦場』の上映中止(その後上映)が問題となった「KAWASAKIしんゆり映画祭」で、私は思いがけず「場外乱闘」騒ぎの当事者となってしまいました。

 ※ 詳細・経緯はこちらよりご覧いただけます。
 『第25回KAWASAKIしんゆり映画祭 映画『主戦場』上映中止を受けてのオープンマイク・イベント「しんゆり映画祭で表現の自由を問う」ノーカット音声と配布資料』

 この問題は、映画関係者のみならず、各地の市民映画祭主催者、ボランティアスタッフ、自主上映会の主催者など、(今後ますます)問われていく問題であると考えます。ぜひ多くの方にご覧いただき、「どうあるべきか」について考える材料のひとつとしてくだされば幸いです。

続きを読む

2019/11/17

11・14大嘗祭反対ナイトイベント開催「おわりにしよう天皇制」  ]平和
 ◆ 皇居そばで「大嘗祭反対」の声上げる
   人間が神になる儀式はいらない
(レイバーネット日本)
クリックすると元のサイズで表示します

 → 動画(10分48秒)

 11月14日夜、東京駅丸の内広場で「大嘗祭反対!@トーキョーステーション」が開催された。150人以上の市民が集まったが、その3倍以上の警察官が取り囲む異常な状態だった。
 そこから約900メートル先の皇居では、天皇が「皇祖神アマテラス」と共食するという最重要の宗教儀式「大嘗祭」が夜を徹して行なわれていた。一晩の儀式のために27億円もの税金をつかうという。
 約1時間の集会で、老若男女がマイクを握り天皇制のおかしさを訴えた。

 冒頭の主催者発言が印象的だった。
 「いま日本には天皇制に反対する人がいないことになっている。

続きを読む

2019/11/17

明暗を分けた福島第1原発と福島第2原発の対応、「科学的真実」か「目の前の人間関係」か  ]Xフクシマ原発震災
 ▼ハーバードが見た原発事故
   〜組織の中の「恐れ」で明暗
(ハーバードが学ぶ日本企業)
ハーバードビジネススクール教授 エイミー・エドモンドソン氏

 世界トップクラスの経営大学院、ハーバードビジネススクール。その教材には、日本企業の事例が数多く登場する。取り上げられた企業も、グローバル企業からベンチャー企業、エンターテインメントビジネスまで幅広い。日本企業のどこが注目されているのか。
 作家・コンサルタントの佐藤智恵氏によるハーバードビジネススクール教授陣へのインタビューをシリーズで掲載する。リーダーシップを研究するエイミー・エドモンドソン教授は最新刊で、原子力発電所の安全性に関わった2つの事例に注目した。

◇   ◇   ◇

 佐藤 「恐れのない組織:職場に学習力・イノベーション・成長をもたらす心理的安全性の創出(The Fearless Organization: Creating Psychological Safety in the Workplace for Learning, Innovation, and Growth)」では、東日本大震災に関する2つの事例が紹介されています。

続きを読む


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ