2019/12/13

都庁前通信 2019年12月12日号  ]Vこども危機
  《河原井さん根津さんらの「君が代」解雇をさせない会 都庁前通信》
 ● 市民の抗議を前に八王子市教委、即位報告では
   「天皇奉迎」に子どもたちを駆り出すことを断念!


 4月23日に天皇夫妻が昭和天皇の墓に退位の報告に来た際に、八王子の3つの小学校の子どもたちが沿道に立たされ「日の丸」の小旗を振らされたことは、以前に報告したところです。
 天皇(制)についてはいろいろな考えの人もいる中、公立義務教育学校が天皇敬愛の表現行為である「天皇奉迎」を子どもたちに強制することは、子どもたちの「思想・良心の自由」「表現の自由」及びその形成を侵害することであり、学校教育法が定める「公正な判断力」育成(義務教育の目標)を阻害することになります。

 八王子市民有志は市教委や各校長、八王子奉迎会実行委員会、町会自治会連合会に抗議し、12月3日には再び子どもたちを駆り出すことのないよう、交渉を繰り返してきました

続きを読む

2019/12/13

「桜を見る会」問題の国会答弁は、アクティブラーニングは日本社会では不要だという強いメッセージ  ]Vこども危機
  《尾形修一の紫陽花(あじさい)通信から》
 ◆ 教職の尊厳回復への道−教員労働問題B
クリックすると元のサイズで表示します

 3回も書くつもりじゃなかったんだけど、「教員の超過勤務をどう考えるか」問題の本質を書ききれない。最後のいくつかのポイントを提示して一端終わりにしたい。
 上の写真は文科省前で「英語民間テスト導入」に反対運動をした高校生や大学生などの若者たちである。

 なんで再びこの問題の写真を載せるのか。高校生ながら自分たちの声を届けようと動いた人もいた。そのことを、大人である教員が考えないといけないと思うからだ。
 自分たちの労働にあり方について、「どうせ何を言っても変わらない」「何も通じない」と何十年も続く「猫の目教育行政」に振り回されて、ほとんどの教員は何も言わなくなってしまった。いつまでもそれでいいのだろうか。

続きを読む

2019/12/13

教員免許更新制10年 効果を疑問視する声 多忙な教員にとっては大きな負担  ]Vこども危機
 ◆ 教員免許更新制10年 資質の向上、乏しい効果 (神戸新聞NEXT)

 かつては一度取得すれば終身有効だった教員免許に、10年に1度の「更新制」が導入されてから10年が過ぎた。
 目的は教員としての資質を高めることにあったが、導入以降も体罰やわいせつ行為などで懲戒処分を受ける教員数は高止まりし、大きな変化は見られない。神戸市立東須磨小学校の教員間暴行・暴言問題でも教員の質が問われる中、専門家からは効果を疑問視する声が出ている。(堀内達成)

 教員免許更新制は「教育再生」を掲げる第1次安倍政権の下で導入が決まり、2009年度に始まった。背景には教員の指導力不足や全国の高校で発覚した必修科目の未履修問題など、教育現場に対する批判の高まりがあった。

 ◆ 講習30時間以上
 文部科学省によると、17年度末までに全国で約74万人が更新を迎え、このうち失効したのは約千人。兵庫では3万2414人で、41人が失効した。

続きを読む

2019/12/13

「表現の自由」国連特別報告者が東京新聞・望月記者への圧力問題で日本政府に通知書  Z国際人権
 ◆ <東京新聞・望月記者への圧力>国連特別報告者が政府に通知書
   首相官邸との攻防とは 藤田早苗
(アジアプレス・ネットワーク)
クリックすると元のサイズで表示します
東京新聞の望月衣塑子記者と筆者。2018年12月東京にて(筆者提供)

 今年2月、東京新聞の特定記者の質問行為について、首相官邸が2018年12月28日に内閣記者会と東京新聞に申し入れ手紙を送っていたことが明らかになった。その手紙は、その記者の質問行為を「事実誤認」「度重なる問題行為」と断定し、「官房長官記者会見の意義が損なわれることを懸念」して「このような問題意識の共有をお願い申し上げる」と官邸報道室長名で送られた。

 それに対して、「これは明らかに政府から報道への圧力だ」と、新聞労連や研究者と弁護士のグループが強く抗議する声明を発表した。また3月にはその記者への質問制限が国民の知る権利を奪っているとして、官邸前でデモも行われ600人が参加した。

続きを読む

2019/12/13

戦争反対の闘いに障がい者が声を上げることの意義  ]平和
 ◆ 沖縄・辺野古、第3回障がい者辺野古のつどい

 木村です。
 昨日(12/8)まで3日間、沖縄・辺野古に、障がい者の方とともに9人で行ってきました。
 雨の中、1日目ゲート前座り込みに参加(一部別行動)、2日目は、埋め立て土砂を運び出す名護市安和の琉球セメント且V橋等へ行った後、今回のメインの、辺野古ゲート前テントでの第3回障がい者辺野古のつどいへの参加でした。

 つどいでは、全国からの障がい者が参加する中で、北上田毅さんが、「現在埋め立て状況は工事のやりやすいところでやっているのでかなり進んだように見えるが、実質1.1%程度。このままでは60年はかかる。この事態を作り出している大きな要因は、土砂搬出場所や基地ゲート前での抗議行動(阻止行動)であり、工事を1分1秒でも遅らせることは新基地建設を止める大きな力となる。さらに、予算の見通しも立てられず、設計変更申請しても沖縄県知事は認めないので、必ず闘いは勝てる。」と現状報告されました。

続きを読む

2019/12/11

安倍を倒そう!(559)<観戦チケットは悪徳商法?「オリンピック教育」批判ビラまき(148)>  X日の丸・君が代関連ニュース
<転送歓迎>(重複ご容赦)・「都教委包囲首都圏ネットワーク」、・「新芽ML」、・「ひのきみ全国ネット」、・「戦争をさせない杉並1000人委員会」の渡部です。

 昨日根津さんからのメールで▲ 東京新聞の五輪に関わる記事を紹介しましたが、それに対し、神奈川の仲間から以下のような返信が届きました。
Tです。
根津さん、情報ありがとうございます。
先日学校連携観戦チケットに関する情報公開で公開された文書の一部を添付します。
チケット販売に関する文書は、ほとんど組織委員会の悪徳商法のようです
3,4ページです。
 詳しくは添付をご覧いただきたいのですが、最後の「3,4ページです。」のところには、「学校連携観戦チケット購入申込書」というのがありまして、そこには以下のようなことが書いてありました。

続きを読む

2019/12/11

「オリパラ教育」お仕着せの実態の様々  Y暴走する都教委
 ◆ これがオリ・パラ教育? 「大人ファースト」の実態次々
   生徒の競技観戦、都内で81万人予定、競技選べず、休めば欠席扱い
(東京新聞【こちら特報部】)


 来夏の東京五輪・パラリンピックに向けて、大会組織委員会や東京都は、小中校生を対象に「オリ・パラ教育」を進めている。だが、その内容を見ると、皇室行事の際、小学生に授業として沿道で日の丸を振らせたり、酷暑が予想されるのに競技観戦を事実上強制したり、と都合よく子どもたちを動員したい「大人の事情」が透けるものも。オリ・パラ教育の「子どもファースト」じゃない実態を考える。(片山夏子)

 ◆ 「両陛下が通る・・・」児童に日の丸持たせ出迎え
 「天皇皇后両陛下は、昭和天皇への退位のご報告の為、八王子の武蔵陵を訪問されました」「日の丸の小旗四千本はたちまち無くなり、沿道の小学校、幼稚園、保育園の子供たちは手作りの小旗で集まってくれました」
 これは、まだ自民党幹事長代行だった萩生田光一・現文部科学相の四月二十六日付プログだ。

続きを読む

2019/12/11

「10.20集会実行委員会」による都教委請願  X日の丸・君が代関連ニュース
 ◆ “君が代”訴訟の教職員、「処分取消履歴明記」を都教委に請願
   都教委処分は恣意的 生徒に“猥褻”は停職の大甘も
(マスコミ市民)
永野厚男(教育ジャーナリスト)

クリックすると元のサイズで表示します
請願署名を都教委の中西正樹課長に手渡す近藤徹氏

 小中高校・特別支援学校の卒業式等の“君が代”不起立等の教職員延べ483人を、懲戒処分にしてきた東京都教育委員会と裁判闘争をしている教職員ら市民17人(平日のため元教員中心)が10月29日、都庁内で請願行動を行った。
 はじめに被処分者の会・近藤徹事務局長が「学校に自由と人権を!10・20集会」(『週刊金曜日』10月25日号拙稿)等で集めた、処分発出の元凶である“10・23通達”の撤回等を求める300人近い署名を、都教委の中西正樹・教育情報課長に手渡した。

続きを読む

2019/12/11

「先島―南西諸島の軍事化に抗する共同声明」の賛同人募集  \増田の部屋
  =あなたも、ぜひ、賛同人に!=
 ◆ 琉球新報「『軍事化阻止を』 宮古・石垣への陸自配備 『本土』文化人が反対声明」
クリックすると元のサイズで表示します
石垣市有地約23ヘクタールを含む市平得大俣への陸上自衛隊配備予定地
=3月1日、石垣市(小型無人機で撮影:琉球新報)

 転送・転載、大々歓迎です!
 皆様 こんにちは。増田です。これはBCCでお伝えしています。重複・長文、ご容赦を!
 以下、琉球新報の先週の記事ですが紹介が遅れました。最近、老化のせいか(笑)反応行動が鈍くなり、その上、今、釜山の市民団体の方から出された「日本の『慰安婦』問題教育&竹島(独島)教育の現状リポートを!」という宿題(笑)との悪戦苦闘に時間を取られ…と言い訳が長過ぎ(笑)ですね…

 先日、お伝えしました「先島―南西諸島の軍事化に抗する共同声明」の賛同人募集についてです。未だ、賛同人になっておられない方には、ぜひ、加わっていただけないでしょうか?

続きを読む
タグ: 増田都子

2019/12/11

労組は骨抜きにされ、筋を通す労組は徹底的に弾圧されている  ]U格差社会
 ◆ 暗黒の職場 (東京新聞【本音のコラム】)
鎌田 慧(かまたさとし・ルポライター)

 新入社員が自殺、教育主任が自殺教唆の疑いで書類送検。
 三菱電機の話だが、同社はこれまでも何人かの自殺者を出している。それでもなお職場の状況は変わっていない。
 労働者のいのちを守るはずの労組は、いったいなにをしているのか。
 全雇用者のおよそ四割が非正規。恵まれている大企業社員もいつ非正規に転落するか、安閑とできない過酷な会社第一主義。
 労組は骨抜きにされ、筋を通す労組は徹底的に弾圧されている

 九日、労働法学会有志七十八名が「組合活動に対する信じがたい刑事弾圧を見過ごすことはできない」と声明を発表した。
 当欄でも紹介した、全日本建設運輸連帯労組の関西地区生コン支部への、警察の大弾圧は委員長が六回、副委員長が八回も連続逮捕のタライ回し。それぞれ勾留四百六十日間となっている。

続きを読む


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ