2019/12/1

根津公子の都教委傍聴記(2019年11月28日)  Y暴走する都教委
 ◆ 教育に金を削るべきではない (『レイバーネット日本』)

 校長の任命、校長等任用審査についての議案はいずれも個人情報に当たるとして非公開議題。公開議題は次の2報告のみ。

 1.SNSを活用した教育相談(上半期)の実施状況について

 昨年度8月25日から9月7日まで、都立高校生を対象に試験的に実施したこと(プラス評価)を踏まえ、今年度は対象を都内国公私立学校の中学生・高校生に、相談期間を毎日(4月1日〜5月31日、8月20日〜9月15日、1月4日〜1月18日は、回線数を増強)に拡大した。
 その結果、上半期の相談件数は2120件(1日平均11.6件)、中学生が52%、平均相談時間は41分、一人当たりの相談回数は1回が70%・4回以上が8%、相談内容のトップは友人関係(いじめを除く)で533件だったとのこと。

続きを読む

2019/12/1

安倍を倒そう!(553)<『画家たちの戦争責任』(北村小夜著)(2)>  X日の丸・君が代関連ニュース
<転送歓迎>(重複ご容赦)・「都教委包囲首都圏ネットワーク」、・「新芽ML」、・「ひのきみ全国ネット」、・「戦争をさせない杉並1000人委員会」の渡部です。

 ▲ 【1,戦争画のゆくえ〜隠されたままの戦争責任】の冒頭、北村さんは次のように述べている。
 明治以来の日本の美術史の中で1941〜45年の間は空白とされてきた。
 が、実は空白どころではなく、絵画は、国家の手厚い庇護と統制のもとに置かれ、画家たちは国家公認のピラミッドの頂点をめざして抗争を繰り返しながら、おびただしい数の戦争画を画いた時期である。
 戦争画展が開かれ、それまで美術館などに行ったことのないような人々が大勢訪れ鑑賞した。
 そして具体例を二つほど紹介しているが、その一つに以下のようなものもあった。
 東京大空襲でひと月遅れの開幕となった1945年4月の陸軍美術展も、ふたを開けてみれば

2019/12/1

12月3日には天皇奉迎に子どもたちを駆り出さないで(八王子市民の会)  ]Vこども危機
2019年11月13日
 二小教職員の皆さま
◎ 12月3日、再び「天皇奉迎」に子どもたちを駆り出さないでください

 4月23日に天皇夫妻(当時)が昭和天皇の墓に退位の報告に来た際に、貴校が6年生を沿道に立たせ「日の丸」の小旗を振らせ、天皇を奉迎したことを私たちは問題と考え、土屋校長に面会し、私たちの考えを伝えてきました。皆様には問題点を書いたチラシを手渡しました。
 「天皇は日本国の象徴であり日本国民統合の象徴」と憲法1条は規定します。しかし、天皇に対して尊敬や敬愛の念を持てとは言いません。
 それは、主権が国民にあり、国民には憲法19条「思想及び良心の自由」、20条「信教の自由」が保障されているからです。
 天皇奉迎天皇を尊敬していることが前提の行為ですから、公立学校の教育がそれを行ってはならないことは明らかです。

続きを読む

2019/12/1

大嘗祭の式場に直線で900mの広場から「おわりにしよう天皇制」を叫んだ  ]平和
 ◆ 大嘗祭反対のナイトイベント (多面体F)
クリックすると元のサイズで表示します

 11月14日夕刻から15日早朝にかけて、皇居で大嘗祭が執り行われた。5月1日の剣璽等承継の儀、10月22日の即位礼正殿の儀に続く天皇「代替わり」の一連の儀式のひとつで、毎年秋の新嘗祭と同様の趣旨だが、大嘗祭は天皇即位後一度だけというものだ。
 即位・大嘗祭に反対する「おわてんネット」は5月1日、10月22日の行動と同様、この日も夕方18時30分東京駅丸の内駅前広場集合で、ナイトイベントを実行し反対の意志を明確にした。

 開始時刻5分くらい前に東京駅丸の内北口に行ってみた。駅前広場といっても南北200mほどあり、どこだかわからない。すると、ちゃんとプラカードを手に持ち案内してくれるスタッフが立っていて、西側の街灯が2列に並んでいる広場だと教えてくれた。

続きを読む

2019/12/1

徳仁天皇の「代替わり儀式」をめぐって  ]平和
 ◆ 象徴天皇とは何か
   〜人を序列づけするシステムに反対だ
(週刊新社会)
女性史研究家 鈴木裕子

 去る5月1日、徳仁皇太子が新しく天皇に即位した。明仁前天皇は上皇となり、近現代皇室における最初の生前退位をし、皇太子に皇位を継承させたものである。
 明仁天皇の狙いはひとえに皇位の安定的継承にあった
 この10月から11月にかけて、即位に伴うさまざまな式典、行事、加えて皇室神事・宮中祭祀が挙行された。政界・マスコミ挙げての天皇・天皇制賛美が、侵略戦争や植民地支配の歴史を歪めたうえで行われ、天皇・天皇制への敬愛や崇拝が声高になされた。
 わたくしたちは否が応でもそれに直面することになった。天皇・天皇制への寿ぎを半ば強制されたことに暗澹たる気持ちに囚われる。

 ◆ 皇室神事や宮中祭祀、古式な継承儀式を取り入れた「即位の礼」は国家行事なのか

続きを読む

2019/12/1

千葉・東日本を襲った大型台風の惨禍 軍事費増、防災予算減の罪  ]平和
  たんぽぽ舎です。【TMM:No3796】
 ◆ 防災予算を削った安倍政権の責任を問う
   自民党王国=千葉県の不幸 首都圏とは違う差別的な政府対応

浅野健一(元同志社大学大学院教授・千葉県民)

 私が1971年から住む千葉県は、台風など自然災害が比較的少ない県だと感じてきたが、9月9日に上陸した台風15号、その後の19号、集中豪雨で多数の死傷者が出た。
 台風による大規模停電は県内で約64万戸、断水は約8万9千戸に上った。県南部だけでなく、政令指定都市の千葉市など都市部でも停電が相次いだ。約2週間かかって解消した停電は、首都圏で約100万世帯、約300万人に及び、通信網がダウンした。

 被害が拡大する中、政府は9月11日の内閣改造に傾注し、関係閣僚会議も開かず、官僚任せで被害を拡大させた。

続きを読む


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ