2019/12/7

給特法を改訂して「変形労働時間制」を導入する法案に反対の理由  ]Vこども危機
 ◆ 公立学校への「変形労働時間制」導入法案に反対
   労働弁護団と教員らが大集会
(金曜アンテナ)
クリックすると元のサイズで表示します
変形労働時間制反対の署名数を発表する西村祐二教諭(撮影・永野厚男)

 公立小中高校等の教員に1年単位の変形労働時間制度を適用可とする「公立の義務教育諸学校等の教育職員の給与等に関する特別措置法」改定案が11月19日、衆院で与党と維新等の賛成で可決し22日に参院で審議入り。
 これを受け日本労働弁護団は24日、同制度反対の緊急集会を東京都内で開催した。

 現在、公立学校教員の勤務時間は7時間45分だが、休憩45分を挟む在校時間は8時間30分だ(超過勤務しても残業代は出ず、給料月額4%の教職調整額の支給だけ)。
 改定案は学期始めなど繁忙期の勤務時間を増やす分、夏季等の長期休業期間の勤務時間を減じ、年次有給休暇等をまとめて消化しやすくするのを“売り”にする。
 弁護士らは集会冒頭、改定案への反対理由を次のように説明した。

続きを読む

2019/12/7

「定額働かせ放題」を正当化させる自民党文部部会の「教師聖職論」  ]Vこども危機
 ◆ 「教師=聖職論」は誰のため? (Yahoo!ニュース - BEST TIMES)
   文/前屋 毅


 今年9月4日自民党の文部科学部会はこの日を「教師の日」に制定した。さらに法令用語は「教員」ではなく、「教師」への統一を検討するよう求める施策提案を決議している。そこには、教員を「特殊な存在」にしようとする意図が感じられる
 給特法の見直しがはじまろうとしている矢先での文部科学部会の提案…その狙いは何なのだろうか?

 ◆ 教員は労働者なのか、聖職者なのか?
 1960年代に日教組による超過勤務手当支払い請求の民事訴訟(超勤訴訟)が相次ぎ、しかも日教組優勢の判決が続くなかで文部省は、1967年8月に教員給与改善措置として約63億円の予算要求を行った。超過勤務手当、つまり残業代を支払う準備に入ったのだ。

続きを読む

2019/12/7

埼玉の小学校教員が、残業代の支払いを求める裁判を提訴。「超勤4項目」以外の残業は違法な労働  ]Vこども危機
  《『労働情報』連載 労働弁護士事件録33》
 ◆ 学校の先生には残業代が出ない?
若生直樹(Naoki Wako)日本労働弁護団会員(弁護士法人江原総合法律事務所)

 「学校の先生には残業代が出ない」。このことは、昨今、メディアなどを通じて耳にする機会も多いと思います。
 1971年に制定された「公立の義務教育諸学校等の教育職員の給与等に関する特別措置法」(給特法)は、公立学校の教員に対しては、時間外・休日手当は支給しないと定めています。
 給特法に基づき、公立学校の教員は、いくら時間外労働をしても、残業代は一切支給されていません。このような「働かせ放題」の制度は、教員の長時間労働に歯止めが利かない大きな要因となっています。
 昨今の調査では、非常に高い割合の教員が、いわゆる「過労死ライン」を超える時間外労働に従事している実態が明らかになりました。

続きを読む

2019/12/7

安倍を倒そう!(556)<『画家たちの戦争責任』(北村小夜著)(追)>  X日の丸・君が代関連ニュース
<転送歓迎>(重複ご容赦)・「都教委包囲首都圏ネットワーク」、・「新芽ML」、・「ひのきみ全国ネット」、・「戦争をさせない杉並1000人委員会」の渡部です。

 ▲ 安倍を倒そう!(555)にお二人から返信がありました。
 皆さんにも是非読んでもらいたいと思い、紹介します。

 一人目は、千葉の近さんです。
 「画家たちの戦争責任」、「戦争画」によるプロパガンダ、現在はさらにさまざまなメディアが駆使され、国民のマインドコントロールが進められています。

 戦争無責任は、戦争協力に邁進した芸術家たちだけでなく、身近な学校においても、改めて問い直す必要があると思っています。
 敗戦後、「民主主義教育」を標榜し、一見、教育の民主化がすすめられたようでも、結局は現在のような状況です。実は、敗戦後の民主主義教育は本性の無い、空っぽの民主主義教育だったのではないでしょうか?

2019/12/7

「天皇奉迎」子ども動員問題についての4日の八王子市議会の傍聴記  ]Vこども危機
  =八王子市議会一般質問傍聴報告=
 ◆ 「天皇奉迎」に子どもたちを動員したことについて


 根津公子です。
 3日に天皇夫妻が対象天皇・昭和天皇の墓に来た際に、市立小学校の子どもたちが駆り出されずに済み、ほっとしました。
 皆さんからも喜びや激励の言葉をいただきました。ありがとうございます。
 3日のメールでお知らせしたように、昨日は市議会一般質問で仲間の議員がこの件を取り上げてくれました。その報告を添付します。
 私の聞き間違えなどあるかもしれませんが、大きくは違っていないと思います。

 ◆ 12月4日(水)「天皇奉迎」に子どもたちを動員したことについて
   八王子市議会一般質問傍聴報告

 登壇した前田議員「道徳」の教科書に掲載されている「ただしいあいさつ」通りの挨拶をして、「軍隊みたいな」と一言批判を加えたところ(道徳については後半で質問にあげていた)、「軍隊をばかにするな!」などとか5〜6人からヤジが飛んだ。

続きを読む

2019/12/7

海外メディアも懸念する放射能汚染水の海洋投棄問題  ]Xフクシマ原発震災
 ▼ 放射能汚染水の海洋投棄、追いつめられる東京電力と日本 (『星の金貨 new』)
アーロン・クラーク、スティーブン・スタプチンスキー
/ ブルームバーグ・ニュース 2019年10月17日

クリックすると元のサイズで表示します
写真 : 2019年10月8日の福島第一原子力発電所地基地内の汚染水貯蔵タンク。

 日本の東京電力は巨大事故を引き起こした福島第一原発から、オリンピックの大規模なプール400杯分に相当する量約100万立方メートルの処理済み放射能汚染水を太平洋に投棄する計画を検討しています。

 この措置もまたチェルノブイリ以来最悪となった原発事故をの収束と放射能除去のため、約2,000億ドルの費用をかけて行われている作業に連なるものです。
 福島第一原発内で作り続けられている貯蔵タンク2022年半ばまでに容量が限界に達し、もうそれ以上タンクを設置する場所もほとんどなくなります

続きを読む


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ