2019/12/13

都庁前通信 2019年12月12日号  ]Vこども危機
  《河原井さん根津さんらの「君が代」解雇をさせない会 都庁前通信》
 ● 市民の抗議を前に八王子市教委、即位報告では
   「天皇奉迎」に子どもたちを駆り出すことを断念!


 4月23日に天皇夫妻が昭和天皇の墓に退位の報告に来た際に、八王子の3つの小学校の子どもたちが沿道に立たされ「日の丸」の小旗を振らされたことは、以前に報告したところです。
 天皇(制)についてはいろいろな考えの人もいる中、公立義務教育学校が天皇敬愛の表現行為である「天皇奉迎」を子どもたちに強制することは、子どもたちの「思想・良心の自由」「表現の自由」及びその形成を侵害することであり、学校教育法が定める「公正な判断力」育成(義務教育の目標)を阻害することになります。

 八王子市民有志は市教委や各校長、八王子奉迎会実行委員会、町会自治会連合会に抗議し、12月3日には再び子どもたちを駆り出すことのないよう、交渉を繰り返してきました

続きを読む

2019/12/13

「桜を見る会」問題の国会答弁は、アクティブラーニングは日本社会では不要だという強いメッセージ  ]Vこども危機
  《尾形修一の紫陽花(あじさい)通信から》
 ◆ 教職の尊厳回復への道−教員労働問題B
クリックすると元のサイズで表示します

 3回も書くつもりじゃなかったんだけど、「教員の超過勤務をどう考えるか」問題の本質を書ききれない。最後のいくつかのポイントを提示して一端終わりにしたい。
 上の写真は文科省前で「英語民間テスト導入」に反対運動をした高校生や大学生などの若者たちである。

 なんで再びこの問題の写真を載せるのか。高校生ながら自分たちの声を届けようと動いた人もいた。そのことを、大人である教員が考えないといけないと思うからだ。
 自分たちの労働にあり方について、「どうせ何を言っても変わらない」「何も通じない」と何十年も続く「猫の目教育行政」に振り回されて、ほとんどの教員は何も言わなくなってしまった。いつまでもそれでいいのだろうか。

続きを読む

2019/12/13

教員免許更新制10年 効果を疑問視する声 多忙な教員にとっては大きな負担  ]Vこども危機
 ◆ 教員免許更新制10年 資質の向上、乏しい効果 (神戸新聞NEXT)

 かつては一度取得すれば終身有効だった教員免許に、10年に1度の「更新制」が導入されてから10年が過ぎた。
 目的は教員としての資質を高めることにあったが、導入以降も体罰やわいせつ行為などで懲戒処分を受ける教員数は高止まりし、大きな変化は見られない。神戸市立東須磨小学校の教員間暴行・暴言問題でも教員の質が問われる中、専門家からは効果を疑問視する声が出ている。(堀内達成)

 教員免許更新制は「教育再生」を掲げる第1次安倍政権の下で導入が決まり、2009年度に始まった。背景には教員の指導力不足や全国の高校で発覚した必修科目の未履修問題など、教育現場に対する批判の高まりがあった。

 ◆ 講習30時間以上
 文部科学省によると、17年度末までに全国で約74万人が更新を迎え、このうち失効したのは約千人。兵庫では3万2414人で、41人が失効した。

続きを読む

2019/12/13

「表現の自由」国連特別報告者が東京新聞・望月記者への圧力問題で日本政府に通知書  Z国際人権
 ◆ <東京新聞・望月記者への圧力>国連特別報告者が政府に通知書
   首相官邸との攻防とは 藤田早苗
(アジアプレス・ネットワーク)
クリックすると元のサイズで表示します
東京新聞の望月衣塑子記者と筆者。2018年12月東京にて(筆者提供)

 今年2月、東京新聞の特定記者の質問行為について、首相官邸が2018年12月28日に内閣記者会と東京新聞に申し入れ手紙を送っていたことが明らかになった。その手紙は、その記者の質問行為を「事実誤認」「度重なる問題行為」と断定し、「官房長官記者会見の意義が損なわれることを懸念」して「このような問題意識の共有をお願い申し上げる」と官邸報道室長名で送られた。

 それに対して、「これは明らかに政府から報道への圧力だ」と、新聞労連や研究者と弁護士のグループが強く抗議する声明を発表した。また3月にはその記者への質問制限が国民の知る権利を奪っているとして、官邸前でデモも行われ600人が参加した。

続きを読む

2019/12/13

戦争反対の闘いに障がい者が声を上げることの意義  ]平和
 ◆ 沖縄・辺野古、第3回障がい者辺野古のつどい

 木村です。
 昨日(12/8)まで3日間、沖縄・辺野古に、障がい者の方とともに9人で行ってきました。
 雨の中、1日目ゲート前座り込みに参加(一部別行動)、2日目は、埋め立て土砂を運び出す名護市安和の琉球セメント且V橋等へ行った後、今回のメインの、辺野古ゲート前テントでの第3回障がい者辺野古のつどいへの参加でした。

 つどいでは、全国からの障がい者が参加する中で、北上田毅さんが、「現在埋め立て状況は工事のやりやすいところでやっているのでかなり進んだように見えるが、実質1.1%程度。このままでは60年はかかる。この事態を作り出している大きな要因は、土砂搬出場所や基地ゲート前での抗議行動(阻止行動)であり、工事を1分1秒でも遅らせることは新基地建設を止める大きな力となる。さらに、予算の見通しも立てられず、設計変更申請しても沖縄県知事は認めないので、必ず闘いは勝てる。」と現状報告されました。

続きを読む


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ