2020/3/9

『福島は語る』(完全版/5時間20)上映のご案内  ]Xフクシマ原発震災
BCCで失礼します。土井敏邦です。拡散歓迎です。

 ☆ 『福島は語る』(完全版/5時間20)を予定通り上映!
クリックすると元のサイズで表示します

 新型コロナウイルスのために、映画の自主上映、演劇公演、講演会などが次々と中止または延期に追い込まれていますが、
 『福島は語る』(完全版/劇場版)の上映は以下の通りに実施します。

 ※ 3月10日(火)〜11日(水) 連日13:00〜
   「渋谷ユーロスペース」
 http://www.eurospace.co.jp/works/detail.php?w_id=000422
 ★アフタートーク
 【3/10(火)】
  榊原崇仁さん(「東京新聞」特別報道部記者)
  高橋長英さん(俳優/本作朗読・題字)
  土井敏邦 監督
 【3/11(水)】
  おしどりマコ・ケンさん(芸人・記者)
  村田弘さん(本作出演/「福島原発かながわ訴訟原告団」団長)
  土井敏邦 監督

続きを読む

2020/3/9

杉並「請願権」裁判控訴審のお知らせ  Y暴走する都教委
 ◆ 「請願権」裁判は10日(火)午後3時から東京高裁808号法廷ですが、無理されませんように
   皆さま     高嶋伸欣です


 間近になってしまいましたが、杉並区教委を被告とする「請願権」裁判の次回は▲ 10日(火)午後3時から東京高裁808号法廷での口頭弁論を予定しています。

 今回も杉並区教委は、極めて不誠実な反論文書(準備書面)を提出してきました。こちらはその逃げ腰の足元にある新たな矛盾点が、被告が証拠として提出した同教委の内規文書によって浮上していることを衝いた「原告(控訴人)準備書面」を提出しました。

 この新たな矛盾点の指摘に対して、裁判官たちがさらなる審理の必要性を認めるかどうか、それに地裁の審理で認められなかった証人調べを認めるかどうか、10日の法廷での議論の焦点になります。
 概して、控訴審は1・2回の審理で強引に「結審」を宣明されることが多いとのことですので、予断はできません。

続きを読む

2020/3/9

《Change.org》官邸記者クラブ主催の「茶番」ではない形での記者会見を求める署名活動  ]平和
  《Change.org》
 ◆ 十分な時間を確保したオープンな「首相記者会見」を求めます!
クリックすると元のサイズで表示します
発信者:日本マスコミ文化情報労組会議 宛先:内閣総理大臣 安倍晋三(内閣総理大臣)、1人の別の宛先

◎ 今 す ぐ 賛 同

 新型コロナウイルスの感染拡大防止策として、小学校、中学校、高等学校、特別支援学校の全国一斉臨時休校を打ち出した安倍晋三首相が2月29日、記者会見をしました。
 安倍首相は「国民の皆さんのご理解とご協力が欠かせません」と訴えましたが、質疑に入ってからも事前に用意した原稿を読み上げるばかり。「なぜ全国一律の対応が必要と判断したのか」「ひとり親や共働きの家庭はどうすればいいのか」などについて十分な説明はありませんでした。
 約35分間のうち約19分間を一方的な冒頭発言に費やし、まだ質問を求めている人がいるにもかかわらず、官邸側はわずか5問で一方的に「終了」を宣言

続きを読む

2020/3/9

安倍を倒そう!(586)<「君が代」斉唱を求める都教委の「事務連絡」>  X日の丸・君が代関連ニュース
<転送歓迎>(重複ご容赦)・「都教委包囲首都圏ネットワーク」、・「新芽ML」、・「ひのきみ全国ネット」、・「戦争をさせない杉並1000人委員会」の渡部です。

 コロナ対策が進む中で、▲ 各地の公共施設が閉鎖される事態になっている。
 私の住む杉並区でも、集会施設、図書館、体育館など、の区の施設がすべて3月31日まで臨時休業となった
 こうしたことが全国で進めば、人々は集まることもできなくなり、声も上げられなくなる。
 しかし、この間、国民には自粛を呼びかけながら、政治家のパーティは開かれ、安倍首相の会食は行われていた

 また、国会は毎日開かれており、人々が声を上げられないのを背景に、インフル特例法を「改正」し、「緊急事態宣言」まで出そうとしている。
 しかも、現在のような状況が進行すれば、コロナに感染する前に人々の仕事や生活は破壊され、病に倒れたり死んだりする人々が続出するのではないだろうか。
 そうなれば、「コロナ感染対策は本末転倒」ということになる。

続きを読む

2020/3/9

卒業式は誰のためにやるのか、「君が代」は誰のために歌うのか、校長・教員はどっちを向いているのか  X日の丸・君が代関連ニュース
  《澤藤統一郎の憲法日記より》
 ◆ 都教委よ。なによりも大事なものが「日の丸・君が代」だというのか


 いつもながらの安倍晋三「やってる感」演出の印象操作。この度のパフォーマンスは国民生活への影響多大な全国一律休校要請。そのテンヤワンヤの影響が、全国各校の卒業式にも及んでいる。しかし、この期に及んでなお、東京都内での「日の丸・君が代」強制へのこだわりぶりが恐ろしい。

 東京都教育委員会は、先月(2月)28日、「新型コロナウイルスに関する都内公立学校における今後の対応」を公表した。
 これによると、「1 都立学校の基本方針」を次のように言う。
「先般、都としては、今後、3週間程度を集中対策期間とし、更なる感染防止拡大に向け、時差通学の実施や春季休業期間の前倒しなどに取り組むこととしたところである。
 この度、国が方針を変更し、全国一斉の休校を行うこととしたため、都としても、これを踏まえ、原則として3月2日から春休みまでの間、休校とする。」


続きを読む

2020/3/9

教科書検定の領土問題で、尖閣諸島の扱いの変化に注目  ]平和
 ◆ <情報>本日『世界日報』が尖閣諸島問題で
   『沖縄タイムス』を非難したのは歪曲検定を誤魔化すための布石!?

   皆さま     高嶋伸欣です
クリックすると元のサイズで表示します
日本政府は目立たないように報道統制している2014年日中4項目合意

 本日の『世界日報』で増記代司記者が、尖閣諸島問題で「対中融和」を説くコメントを掲載したとして、『沖縄タイムス』を非難する長文の論説を掲載しています。
 論旨は一見、『タイムス』批判ですが、私にはそれだけでなく、「対中融和」に転向したのこそ習近平政権にすり寄ろうとしている安倍政権であり、そのことが2014年11月の「日中合意4項目」の第3項(添付資料参照)「双方は〜異なる見解を有していると認識し」と明記しされたことに示されているという事実を隠蔽しようとしているものでもあるように思えます。

 折しも、教科書検定結果が明らかにされる時期を迎え、中学社会科教科書の注目点の一つである領土問題の記述が話題になろうとしています。

続きを読む


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ