2020/3/15

「思いでぼろぼろ」の替え歌「民主主義ボロボロ」  ]平和
 ◆ 瓢箪通信「久しぶりの替え歌/安倍の会見をTVで見て」
   ひょうたん島研究会・TT(高木@千葉高教組)です。


 すべての友人の皆さんへ。
 例によってしょうもない内容なので、忙しい人はスルーしてください。
 また、かなりムカツイテいるので、表現がキタナクなったら、ゴメンナサイ。
 今日3/14の午後、本郷文化フォーラムに行って、HOWS講座『日韓条約の問題点』に、客として参加しました。
 終了後はまっすぐ自宅最寄り駅の東船橋に帰って、行きつけの赤提灯に入りました。
 TVでお相撲を観た後、記者会見が始まりました。主役は安倍晋三です。
 以下、記憶で書くので、正確さについては自信がありません。
 例によって、話半分で読んでください。

 会見のたぶん冒頭、「野党の皆さん、協力してくれてありがとう」みたいなことを言ったと思います。
 安倍にも、法案に賛成した野党の多くの議員にも、ムカツイテいます。

続きを読む

2020/3/15

条件附採用音楽教員免職処分取消請求ふじのまい裁判第8回報告  Y暴走する都教委
 ☆ 次回第9回口頭弁論期日 4月16日(木)13:10〜 東京地裁527号法廷

 ◆ 第8回口頭弁論期日の記事のご報告

 (!転載・転記・転送 歓迎!)
 支援者の皆様、
 先日は裁判の傍聴をありがとうございました。
 たくさんの方に傍聴いただき感謝いたします。
 今回の裁判でも、裁判長がずっと求めている内容について、被告は出してきませんでした。さらに、こちらがあらたに提訴した、文書提出命令に対し、被告が出してきた証拠の真偽は不明です。
 渦中の「指導記録」が、私がF越校長から不採用を通告された2月5日夜以前に存在していたのか、非常に疑わしいです。
 そして、今回の期日で、被告は10名の同僚のメモ(写し)を証拠で出してきました。
 第4回の期日を傍聴された方は、覚えているでしょうか?
 被告代理人は、「指導記録(乙第4号証)は、他に元となる資料があり、それを取りまとめて作成したものではない」と主張していたにもかかわらず、

続きを読む

2020/3/15

「ひのきみ全国ネット首都圏」緊急事態法と君が代強制に反対する声明  X日の丸・君が代関連ニュース
  =ひのきみ全国ネット首都圏=
 ◎ 新型コロナウイルス対策のための特措法改定に反対すると共に
   教育現場への不当な支配に反対する緊急声明


 (1)新型コロナウイルスの感染拡大は世界的規模となり、パンデミックの状況となっておりより深刻さを増している。
 安倍政権は現行の「新型インフルエンザ等対策特別措置法」(以下「特措法」)を改定して、新型コロナウイルス感染症を対象に追加する趣旨で法改定を急いでいる。3月13日にも国会で成立させる方向で準備が進められている。
 現行法は「新型インフルエンザ等」の名称となっており、「等」の解釈によって適用範囲が広がることが可能である。しかし、安倍政権はあえて現行法の改定に拘泥しており、政治的謀略が意図されている。
 現行法は既に、人権を侵害する要素を含んでいるが、この法は民主党政権時に成立したもので、これを土台に改定する場合、立憲民主党などの野党は反対しにくい性格であることにつけ込み、より人権侵害の要素の強い法案を成立させようとしている。

続きを読む

2020/3/15

在日の生活実存を、民族融和の展望まで高めていく意志的な生き方が「在日を生きる」こと  ]平和
 ◆ 金時鐘・佐高信『「在日」を生きる ある詩人の闘争史』
   〜民族融和の展望まで高める
(週刊新社会)
女性史研究家 鈴木裕子

クリックすると元のサイズで表示します

 ◆  南北融和を説き、休戦協定を平和協定に、日本は北朝鮮との対話を説く
 本書は、評論家の佐高信氏が聞き手になり、在日詩人の金時鐘氏がこれに応答するという形の対談集
 1945年にせっかく解放に接しても、米ソの冷戦体制が南北を分断、積年の課題として南北朝鮮は「一つの国」「そのための和合が必要」と金時鐘氏は考え続けてきた。
 金時鐘氏は、いま核保有を誇示している北朝鮮とどう向き合うかが同じ民族なら深く考えねばならない焦眉の課題としてあり、好き嫌いを別にして絶対、対話の道を見つけ出さなくてはならないと語る。

続きを読む

2020/3/15

6年越し原発避難者北海道訴訟 3.10札幌地裁判決レポート  ]Xフクシマ原発震災
 ▼ 良薬と猛毒がブレンドされた判決
   〜原発避難者北海道訴訟 3.10札幌地裁レポート
(レイバーネット日本)


 新型コロナウィルス報道にすっかり覆い隠されているが、東日本大震災被災者にとっては忘れ得ぬ9回目の3.11がまためぐってきた。

 何もかも異例ずくめの冬だった。
 北海道なのに、本州に近い道南地域では雪不足でほとんど営業できないままのスキー場があった。この冬、積雪最深は道北・音威子府村で158cm(3/8現在)。200cmを超える積雪は今季まだ一度もない。このまま道内で1カ所も200cmを超える積雪がないまま終われば22年ぶりの記録になるという。
 私の住む札幌でもようやく2月中旬になってから雪が平年並みに降ったものの、風が吹けば顔に痛みを感じるような北海道らしい酷寒はこの冬、ついに一度もなかった。
 そんな中、3月10日、原発避難者北海道訴訟の判決の日が来た。

続きを読む


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ