2020/4/9

オーバーシュート目前!「PCR検査制限論」は間違いだった。誰も責任を取らない。マスコミも同罪。  ]平和
 ◆ テロリスト・シンゾーの恐怖支配 (前田朗blog)

 新型コロナは世界中に「恐怖」をもたらしているが、日本は「恐怖」ではなく「恐怖支配」を進めている。
 両者は同じように見えて、性質が異なる。
 「恐怖」対策を行わないことによって継続させた「恐怖」を利用した「恐怖支配」が続いているからだ。

 欧州諸国のように、PCR検査を行って、どこに、どのような感染者がいるのかを明らかにすれば、「自分は感染している、感染していない」がわかる。感染している人は他人に感染させないように気を付けることができる。
 感染者のいる地域を徹底的に囲い込み、対処しなければならない。
 感染者のいる家、空間、都市は「汚染地域」であるから、人の出入りを制限しなければならない防疫の初歩知識があればだれにでもわかることだ。

 ところが、日本政府は初歩的対策を否定した。なんと、検査しない、検査させない、汚染地域を特定しないという方針を決めてしまった。

続きを読む

2020/4/9

いのちの優先順位が秘(ひそ)かに囁(ささや)かれている  ]平和
 ◆ 緊急事態宣言の朝 (東京新聞【本音のコラム】)
鎌田 慧(かまたさとし・ルポライター)

 今日、緊急事態宣言の朝を迎える。東京、大阪など七都府県に限定されたのがせめてもの救いか。
 「伝家の宝刀」などと意気がる自民党議員もいたが、戒厳令など強権拡大、私権制限の暗い歴史に無知な能天気。関東大震災での大量虐殺の横行や既に改憲草案に挿入されている緊急事態条項を思えば支持しがたい。

 「人類が新型コロナウイルスに打ち勝った証しとして…必ずや成功させたい」。相変わらずの空疎な大言壮語。現在只今(ただいま)の疫病対策よりも、オリンピック開会式での自分の晴れ姿を夢想しているような、ジコ中の首相
 今やるべきことは、

続きを読む

2020/4/9

働く皆さん、闘えば勝てることもある。労働裁判で2つの“超”勝利  ]U格差社会
 ◆ 過去の累々たる敗北の積み重ねの上に
   〜労働者の2つの勝利!
 Fw:丹羽良子です


皆様 こんにちは。増田です。これはBCCでお知らせしています。重複・超長文、ご容赦を!
 以下、許可を受けましたので、友人の丹羽良子さんからのメールを転送します。

 彼女は日本郵便の非正規労働者としてまじめに働いてきたのに、契約時には無かった『65歳定年制』を当局が非正規にも適用する、として2011年に「雇い止め」解雇されたため、仲間たちと『解雇撤回』裁判闘争をしてきました。
http://www.usay-npo.org/sonota/65teinehantaisasaerukaibira1.pdf
 でも、現在の権力忖度裁判所は彼女らを敗訴させました。

 彼女の所属組合はそれ以上の取り組みはしなかったため、彼女は今、別の闘う組合に二重加盟し、現在も当局に団体交渉を求めて闘っています。
 日本郵便は今でも常時、人手不足で困っているのに…よく募集のチラシが郵便受けに入ってますよね…働く意思も能力も経験もあるベテランをどうして雇用しないのでしょうか…

続きを読む

2020/4/9

「表現の自由」を求める人々の声が、「あいちトリエンナーレ」の文化庁補助金の再交付を後押し  ]平和
 ◆ トリエンナーレ補助金 一転交付の怪 (東京新聞)
   志田陽子(しだ・ようこ:武蔵野美術大学教授・憲法)


 三月二十三日、不交付とされていた「あいちトリエンナーレ2019」への文化庁補助金が、一転、一部交付されると発表された。
 事業が採択された後の不交付決定も異例中の異例だったが、いったん出た決定を変更する決定が行われたということは、さらに前代未聞の出来事である。

 今回の決定に先だつ三月十九日、愛知県側から文化庁に「意見書」が提出された。その内容は、「安全や円滑な運営を脅かすような事態が想定されたにもかかわらず、県として文化庁に申告しなかったのは遺憾」として、補助金交付の金額を減額した上で交付を再申請する、というものだった。
 警備などにかかった費用約千二百万円を愛知県の支出とすることにして、文化庁の補助金からは減額するという案だった。
 文化庁はこれを受けて、申し出のとおりの一部交付を決定したわけである。

続きを読む

2020/4/9

「インクルーシブ教育」の世田谷区立桜丘中学の西郷孝彦校長も卒業  ]Vこども危機
 ◆ 校則廃止の世田谷区立中学
   全入学者の半数近くが「越境」
(女性セブン)


 東京で観測史上最も早く桜が開花して5日、桜並木の坂道をのぼった先にある東京・世田谷区立桜丘中学校では、新型コロナウイルスの影響で規模は縮小されながら、無事、卒業式が行われた。
 この日卒業を迎えたのは3年生184人。そしてもう1人、2010年より校長を務め、教員生活を終える西郷孝彦さん(65才)だ。
 西郷さんが校長として在籍した10年の間に、どの学校にもあたり前にあるものが、この学校では少しずつなくなっていった。

 まず、授業の始めと終わりを告げるチャイムが鳴らない。授業中に昼寝をしていても叱られないし、教員が強い口調で話すこともない。
 校則はなく、登校時間も服装も髪形も自由で、タブレットやスマートフォンを使用してもかまわない。
 教室に入りづらい生徒は、授業中に廊下に出て自学してもいい。
 これらは闇雲に廃止されたわけではない。

続きを読む


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ