2020/5/23

「君が代」不起立処分と闘うグループZAZAの増田俊道さんがDEMO-RESE TV 出演  X日の丸・君が代関連ニュース
 ★ DEMOーRESE Radio「大阪の学校教育の現状と大阪維新の今後の狙い」

 夜分遅くにすみません。ご無沙汰しております。静岡のYです。みなさまの日頃のご活躍に敬意を表します。
 勝手ながら、わたしの関係する「民主主義研究所(デモクラティック・リサーチ。略称「デモ・リサ」)のご案内をさせてください。「デモ・リサ」は一昨年の末に設立されたオンラインのミニコミで、代表(所長)は静岡の森正孝氏(映画「侵略」上映委員会)です。(略)
 今回は大阪の増田俊道さんにご登場いただき「コロナ禍の吉村大阪府の教育の現実」(21:55)ということでお話をいただきました。大阪の教育の問題につきまして、一般の人にも分かりやすいものになっていると思います。(略)

 ※ 以下は、所長・森正孝よりのご案内です。

続きを読む

2020/5/23

「桜を見る会を追及する法律家の会」659名が安部晋三ら3名を告発した声明文と告発状  ]平和
クリックすると元のサイズで表示します
告発状より

  《澤藤統一郎の憲法日記から》
 ◆ 官邸の守護神(黒川弘務検事長)失脚の日に、安倍晋三の刑事告発。


 ときに、思いがけないことが起こる。本日(5月21日)、東京高検の黒川弘務検事長が辞表を提出した。時の人の、突然の表舞台からの退場である。
 はからずも、この日に全国の弁護士・法学者659名が、「桜を見る会・前夜祭」問題について、東京地方検察庁に対して、安倍晋三らを刑事告発した。なんという絶妙のタイミング。

 公然と言われてきたとおり、黒川はアベの守護神だった。本来政権と緊張関係を保たねばならない検察のトップが、官邸とはズブズブの間柄。そのことが、こんなにも世論の叱責を受けたのだ。
 その背景には、アベ内閣の不祥事の数々が刑事訴追されて然るべきなのに、甘い検察によってことごとく見逃されてきたという、国民の批判の高まりがある。

続きを読む

2020/5/23

5/13 第80回東電本店合同抗議行動に寄せられた当事者からのメッセージ  ]Xフクシマ原発震災
  たんぽぽ舎です。【TMM:No3935】
 ▼ もう、これ以上海や空を汚さないで下さい
   東電は、福島第一原発事故によって発生した汚染水を最後まで保管・管理する義務がある

2020年5月13日 福島県 武藤類子

 東電本店前行動の皆さま
 コロナ禍の中を、たゆまぬ行動を続けて下さり、ありがとうございます。
 福島より、皆さまの健康と暮らしが守られることを心から願っています。

 今年4月6日と4月13日(5月11日にも予定)に経産省は、ALPS処理汚染水の処分に関して「関係者のご意見を伺う場」なるものを、行いました。
 緊急事態宣言の中、コロナ終息後まで延期して欲しいとの多くの声を無視し、強行されました。
 2月に経産省「ALPS小委員会」が、汚染水処分について海洋か水蒸気放出が現実的で、海洋放出がより確実に実施できるとする報告書をまとめました。
 それを受けた東電は、3月24日に「処理水の処分素案」を発表しました。

続きを読む

2020/5/23

1964年東京オリンピックの直前に習志野市で発生したコレラ騒動  ]平和
  《今 言論・表現の自由があぶない!》
 ◆ 64年大久保でのコレラ騒ぎと、
   19年スペイン風邪による西郷寅太郎(習志野収容所長)の死


 5月20付東京新聞に、こんな記事がありました

 ◆ 64年 五輪直前、コレラで混乱
   発生地・習志野市大久保地区


 ◆ 発端
 「おまえ、大久保に住んでいるのか。当分会社に来るな」。当時、整備士として羽田空港で働いていた三橋正文さん(79)は上司に告げられた。事情がのみ込めないまま帰宅した三橋さんは、新聞を開いて驚いた。「コレラで工員が死ぬ」。六四年八月二十六日の一面の記事。亡くなった男性が泊まっていた旅館が大久保地区にあった。

 国内で十八年ぶりだったコレラ発生に、大久保地区は一変した。各所にロープが張られて移動が規制され、商店街は封鎖された。

続きを読む

2020/5/23

9月入学制の導入に向けた都の対応・政策を聞いても現段階で具体性なし  Y暴走する都教委
  《The Interschool Journal :本紙記者の質問に答えた》
 ◆ 9月入学 小池都知事「子どもの意見も聞くべき」発言も未就学児問題にはゼロ回答
クリックすると元のサイズで表示します
東京都庁で会見する小池百合子都知事(2020年5月15日 「東京動画」)
※本紙記者との質疑は45分28秒頃 ↓ こちらから飛べます
https://youtu.be/gT1lVh0neCE?t=2729

   Reported by 平松けんじ

 9月入学制の導入に賛成している東京都の小池百合子知事は、15日の定例記者会見で本紙記者の質問に答え、9月入学が「日本の制度を変えていく1つの大きなきっかけになる」「大きな新しい日本のあたりまえを作っていくかもしれない」と述べ、持論を展開した。

 臨時休校が長期化する中、中高生たちからは「授業が遅れてる中で受験をするとなると、圧倒的に履修範囲を理解できないまま進む。受験が心配。」(東京都・私立高生)という声や、「夏休みや土日を利用というが詰め込めるものではない。」(埼玉県・県立高生)という声が上がっている。

続きを読む


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ