2020/5/27

宇都宮けんじさんが都知事選出馬を表明  
 [UtsukenNews] 宇都宮けんじ・希望のまち東京をつくる会【号外】|vol.177|2020年5月26日
 新型コロナ蔓延の渦中の中、メールマガジンの配信が滞ってしまい申し訳ありませんでした。すでにご存じの方もいらっしゃると思いますが、2020都知事選公示日まで1ヶ月を切った今、宇都宮けんじが都知事選出馬を表明いたしました。
 明日、2020年5月27日午前11時から東京都庁記者クラブで出馬の記者会見も行います。
 ご支援、応援をどうぞよろしくお願いいたします。

クリックすると元のサイズで表示します

──────────────────
☆ 2020年東京都知事選に出馬いたします ☆
──────────────────

 この間、「2020都民政策会議」からは、新型コロナ感染症が拡大するという困難な状況下で都民の切実な声を聞いてまとめ上げた『政策も候補者も都民が決める! 2020都民政策会議提言集』を送っていただきました。

続きを読む

2020/5/27

子どもより都教委官僚が主人公の児童・生徒等表彰式  Y暴走する都教委
 ◆ 「子どもの善行表彰」のはずが、都教委幹部が主人公?
   〜“君が代”含む官僚に“威厳”持たせる式の改善を、都民ら要望 (マスコミ市民)
永野厚男(教育ジャーナリスト)

クリックすると元のサイズで表示します
2020年2月8日の児童・生徒等表彰〜都教委HPから

 東京都教育委員会が幼稚園児にまで“君が代”の起立・斉唱を強制した上、幹部職員の入退場を出迎え見送らせる、“子どもより都教委官僚が主人公の児童・生徒等表彰式”を毎年開催している事実が、情報開示請求した都民への5月16日までの取材で明らかになった。

 都教委は1984年度から、「心豊かな児童・生徒等を育成することをねらいとして、善行や優れた活動を行った公立学校(園)に在学する幼児、児童及び生徒を表彰し、広くこれを顕彰」するとの目的で、次の5つの表彰基準で校長に(都立高校・特別支援学校等は直(ちよく)で、小中は区市町村教育委員会教育長を通し)表彰候補者を推薦させている。

続きを読む

2020/5/27

Twitter社は、多くの誹謗中傷から被害者を守ることができていない。  ]平和
 ◆ 木村花さんの死が問いかける、
   ネット上の誹謗中傷の罪とプラットフォームの責任
(Yahoo!ニュース - 個人)
伊藤和子 | 弁護士、国際人権NGOヒューマンライツ・ナウ事務局長

 ◆ SNSの言葉の暴力は命を奪う。
 木村花さんがなくなった。ご冥福を心からお祈りしたい。
 木村さんによれば、誹謗中傷は1日100件ペースで最近まで続いていたという。
 SNS、特にTwitter上の言葉の暴力は凶器のように心に突き刺さる、そのことを改めて社会に問いかける結果となってしまった。
 彼女が「突っ張って見えるけど繊細だ」という報道があった。人は表面的に強く見えても誰しも人間である以上繊細な部分があり、第三者からの度を越した誹謗中傷には耐えられないものだ。性格の問題に解消できないし、20代の女性にSNSの言葉の暴力に耐性を求めるのは酷である。
 そして、著名人だからと言って例外ではない。

続きを読む

2020/5/27

瓢箪通信「朝日に送った意見/9月入学」  ]Vこども危機
  『朝日5/25号』の記事
 ◆ 「9月入学、どう思う」を読んでの意見
   T.T.0574(ひょうたん島研究会)


 教育欄担当者さんへ。
 今日5/25(月)早朝、本日の『朝日』社会面の記事「9月入学、私は思う/保護者『未就学児で調整するのはやめて』」を読みました。記事の最後に「『9月入学』についてご意見をお寄せください」とあるので、意見を送ります。
 なおぼく、長いこと高校教員をやっていたので、「高校」をイメージしての意見です。

 @全然本質的な話じゃないけど、記事中の「高校で学ぶべき過程を」の「過程」、「(教育)課程」じゃない?
 A次は本質的な話。
 ぼく、「9月入学」という「問い」あるいは「論」の立て方、「間違い」−−がキツければ、「よろしくない」と思っています。理由は、話が混乱しやすく誤解を生じやすいから−−です。

 以下、この雑文では、「恒久的9月入学・始業」(恒久的9月)、「今年9月入学(始業)」、「今年度(高校)生活(授業・部活動・進路・・・)」(今年度生活)という言葉を使います。

続きを読む

2020/5/27

アジア侵略に日本中を煽動した福沢諭吉の『脱亜論』を擁護するNHK番組の歴史の歪曲  ]Vこども危機
 ◆ <情報>NHK「歴史秘話ヒストリア」の『福沢諭吉センセイのすすめ』
   (21日放送)の再放送(予告では本日15時5分から)が消えました

   皆さま     高嶋伸欣です


 先にご案内しましたNHKTVの番組『福沢諭吉センセイのすすめ』の再放送は、本日の各新聞のTV欄から消えてコロナ関連番組になっています。

 NHKのHPでも「再放送の予定はありません」とのことですので、21日の放送を見ていない方は、
 @<NHK+(プラス)>を利用できるのでしたら、1週間以内の番組なので本日中は視聴可能です
    *どなたかアップして頂けるとありがたいです
 A是非視聴して、必要なら感想・意見を述べたいという方は、なるべく個人メールで高嶋にご連絡下さい。
  *いずれにしてもお騒がせしてすみませんでした。

 @@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 以下はこの件についての高嶋の私見です。

続きを読む

2020/5/27

はえ叩きで叩き潰したい「責任者」  ]平和
 ◆ 「責任」の責任 (東京新聞【本音のコラム】)
鎌田 慧(かまたさとし・ルポライター)

 六ケ所村(青森県)の木村きそさんは、県知事がテレビに出てくるとハエ叩(たた)きで画面を叩いていた。
 半世紀前、失敗に終わった「むつ小川原巨大開発」。反対運動のひとこまである。土地を奪われ犠牲になった農民は多い。
 いま、首相がテレビにでるとチャンネルを切り替える、というひとたちがいる。こちらの方が平和的、というべきか。

 演技的なちいさなマスクをかけ、目に力のない、窮屈そうな表情をみるだけめいで、気が滅入る。
 嘘(うそ)つき呼ばわりされてきたが、理解力がたりなかったからのようで、近づいてくる人間には小学校の土地を安くわけてやったり、「腹心の友」には大学を創らせたり。

続きを読む


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ